2016年6月29日 (水)

京都に行ってきました。

20160628213256_p190_1280x1280_1024x

久しぶりに京都に行ってきました。車でしたのでちょっと北のほうへ…

前から行きたかった正伝寺さん、静かで比叡山を借景にした石庭は小宇宙でした。

ぐるっと回って大原にも…大原といえば「猫のシッポ、カエルの手」のベニシアさんが気になりますね。あの素敵な佇まいとハーブなどの植物と共に住まわれている雰囲気はどんな感じかなぁと思いますね。20160628213254_p189_1280x960

山の裾に棚田が広がるその近くがそうだと聞きました。長年にわたり憧れのナチュラルライフを発信してこられたことに感謝です。

三千院には高校時代以来初めて訪問しました。アジサイが美しく苔の中のお地蔵さん、かわいかったですね。20160628213252_p188_1280x960_1024x7

京都中心部に帰って岡崎公園のポール・スミス展に。ファッションデザイナーである氏のコレクションを中心に写真や作品の数々を楽しみました。写真は数万個のボタンの作品で、圧巻でしたね。20160628213330_p194_1024x1280_819x1

ランチはロームシアター(京都会館)の京都モダンテラスでカレーをいただきました。この日はちょうど6月22日で、夏至の日にカレーを食べようという面白いイベントに参加です。20160628213301_p193_1280x1280

「夏至カレー」と言いますのでよかったら来年、皆さんもご参加くださいませ〜♫ 

| | コメント (2)

2015年9月15日 (火)

ガラスの茶室


京都東山の山の上にある青蓮院門跡 将軍塚に置かれた「ガラスの茶室」を拝見しに行ってきました!

吉岡徳仁さんのアート作品で、透明なガラスが自然との一体感を表現、青空に溶け込むさまが美しい!006_800x533


ここに行くには循環バス(土日)、タクシー、歩きの3種類の方法がありますが、平日なのでタクシーにしました。

東山ドライブウェイを上りながら、運転手さんが子供の頃は、知恩院の鐘つき堂から登ったもんです、と貴重な情報をお聞きして帰りは山道を歩くことにしました。

20150916112342_p99_800x784

この標識を見つけて一安心。現在地と記された「大日堂口」から北西の方向に青いルートを下ると知恩院にたどり着けます。

高台寺の国有林は管理が行き届いていて山道も歩きやすく、傾斜もゆるやかです。

面白い根っこの大木もあるしシダなどの草類も豊富でした。


何人かのハイカーとすれ違い、「こんにちは」と挨拶も久しぶりで懐かしいです。

ゆっくり歩き30分くらいで知恩院の鐘つき堂に到着。大きなゲート柵に夕方4時から朝6時まで通行不可となっています。夕方の下山は要注意ですね。

左手は円山公園に通じるというので、隠れ家みたいな料亭や旅館に驚きながら賑やかな八坂神社、祇園町に戻ってきました。

タクシーの運転手さんのお話が京都の新たな発見につながりました!借景と思っていた東山の素晴らしさ、ガラスの茶室を拝見した後は、歩いて体感して、京都の身近な自然を味わってもらえたら嬉しいですね。

| | コメント (0)

2013年12月13日 (金)

京都南座 吉例顔見世興行に行ってきました^^

___4

顔見世興行に行ってきました。歌舞伎は、私は10月松竹座の愛之助以来2回目、めめさんは昔に南座に来て以来2回目らしいです。

午後の部、すごいですねぇ、4時には入口付近にギッシリの人、午前の部から出てくるお客さんと入れ違いになるので、狭い玄関が身動きとりにくいったら・・・

「まねき看板」、外からは何度も見たけど、中に入るのはやはり興奮しますね。

出し物は、「元禄忠臣蔵」から始まって、市川猿之助、市川中車の襲名披露の「口上」、これが聞きたかった一番かもしれません。

「黒塚」というこわーい話、最後に「児雷也」。これは蝦蟇蛙に化けたりするので楽しい見世物ですね。___5

上の写真は襲名披露の祝幕、福山雅治さんのデザインで、歴代猿之助の隈取りを4代、重ねたもの。迫力あります。

4時過ぎに始まって9時過ぎまで、幕間のお弁当も美味しかったし、結構大変でしたが、やっぱり南座の顔見世、よかったです。

そうそう、少し早く着いたので、四条河原町下ルの甘味処「弥次喜多」さんで、「あわしるこ」をいただきました。___1

冬季限定の温かい和風スイーツ、ちょっと珍しく美味しいおしるこでした。

| | コメント (2)

2013年9月30日 (月)

ラ・ファミーユ・モリナガ☆

045_800x531

京都のフレンチレストランを紹介します。ちょうどめめさんの用事を兼ねて前日から泊ったので誕生日のディナーをはりこんでみました^^

上の写真は、「フォアグラとパンタードのブレッセ」といいます。

京都グルメは百花繚乱、どこにしようかなといろいろチェック、めめさんがたまたま医院の待合室で見た雑誌に掲載のお店「ラ・ファミーユ・モリナガ」さんにしたんです。

5月にオープンなので新鮮だし、パリ、東京で修業、神戸、名古屋で任されたという森永さんの料理の腕はやはり素晴らしかった☆

シャンパンなぞを注文したりしてコース料理をスタート。042_800x531

この写真の竹トンボみたいなの、実はバターナイフと聞いて、ああ、京都らしいな~、このしつらえ、ちょっと童心に帰れてうれしいひととき。

秋らしいきのこ料理「リドヴォーのポワレと茸のフリカッセ 秋トリフの香り」といいます。047_800x531

もうひとつ、「カイワリの黒オリーブ焼きと秋茄子のタブナード ドライトマトのジュ」050_800x531

ほかにも何皿もありましたが、いずれも「美味しい」の一言でございます^^

最後に外観。路地奥の町屋を改装したもので、表の蛸薬師通りからはなかなか見つけにくいのがまた面白い趣向でした。057_800x531

たまに行く京都ですが、やっぱり素敵なお店がありますね☆

| | コメント (2)

2012年11月22日 (木)

高台寺ライトアップです^^

077_1024x684
京都の紅葉は何度も見てきたけど、ライトアップは初めてです。ネット上の紅葉フォトを見ていて急に思い立ち日曜日におでかけしました。

すごかったな~、もちろん紅葉は素晴らしかったですが、人の波が半端じゃないのに大変驚きました♪

これは池の周りの見どころショットです。水面に映る様が心をとらえます♡

最近ハマっている写真の撮り方・・・「フォト落書き」の方法で撮りましたら、こうなります^^065_1024x684
なんとなく紅葉の雰囲気がわかりますでしょうか?

もう一枚、遊んでみました。070_1024x684

竹林のライトアップもきれいでしたね。

ある程度予測はしますが偶然の割合が多いので、出来上がりにいつも驚いてしまいまいます。

かぐや姫が生まれる瞬間、ハートのところから光芒がさしています☆109_1024x684

なかなかアート作品っぽくなりましたね!

かわいらしいのも描いてみました♡113_1024x684

カメラを動かして空中でマークを描くのは何度やってもピタッとこないもんです。

竹林全体がハートに包まれています。108_1024x684
試行錯誤してるのが楽しいのかも!

ほかにもおもしろいのがいっぱい撮れましたが、高台寺からはこのへんでお別れします^^

| | コメント (2)

2012年9月14日 (金)

ぶらり京都 錦市場 絶品の落花生やわ^^

005_480x640
地元の駒川商店街や黒門市場をはじめ、旅に出ても商店街・市場巡りが好きです。京都では錦市場ははずせませんね^^

特に買いものするでなくぶらぶら見てまわってますと、「落花生はいかが~!」の声に魅かれてしまいました。

最近ときどき小腹が空いたら近所のスーパーで買った落花生を食べるようになっていて、落花生に目がなくなっているところにひと声聞こえたもんですから吸い寄せられてしまいました。

試食しますと、この「錦むらさき」さんの落花生はぜんぜん違ってました。

上の写真のように薄皮がほんのりピンク色、プックリして味にコクがある抜群の品質なんです!067_640x427
一番大きな袋を即購入。冷蔵庫で保存して必要量だけ出して食べれば2~3ヶ月は持つとのこと。それと薄皮にはポリフェノールが含まれているので、栄養価もグー!

ここのは遠州産、つまり静岡県の落花生。もうほかのは食べられな~い^♪^

そういえば思い出しました。昔神奈川県の秦野あたりに「落花生堀り」に行ったことがあります。

落花生は土の中に実が出来、いっぱい鈴なりのを引っこ抜くんですが、土を洗って皮つきのまま熱湯で茹で、中の豆を食すると、なんともいえない美味しさ、こんな食べ方もあるんやね、と驚きながらみんなでいただいたことがありました。

関西では落花生掘りはできないのかしら、と思って調べますと何ヶ所かあるみたいです。また行きたいな。

 「錦むらさき」 075-211-1821  今のが無くなったら電話かファックスで注文しよう落花生! 

| | コメント (4)

2012年9月10日 (月)

ぶらり京都 「匠奥村」@祇園

1
先日京都に行くにあたってランチはどこにしようか、とめめさんと相談。お互いの友人知人から聞いた候補のお店をあれこれリストアップして、結局めめさんイチオシの「匠奥村」さんに決定☆

ここはめめさんが今年の春に料理教室の先生に案内してもらい、すごく感動したっていうお店。

料理はもちろん器がすごく凝ってるので陶芸してる私を連れてきたかったようです^^

その話を裏切ることなく、あまりの素晴らしさに目も心も、もちろんお腹も満たされ、幸せ気分になりました。

前菜をアップで!虫籠のしつらえ、京都では珍しくないかも、ですが^^012_640x480_2

最後のごはん、ここの名物カレーを選べます。このカレーが抜群なんです!通販もしてるそうですよ!028_640x480

デザートもインパクトありあり☆ でも入るもんですね、お腹のどこにかしら ね^?^032_640x480

カウンターで板前さんとおしゃべりも楽しく、正直いってここまでとことんおもてなしいただいたら言うことなし、です。

そうそう、「おくむら」さん、何軒かあるみたいですが、ここは祇園花見小路でも、ディープな南側の素晴らしいロケーション。完全予約制なのでご注意を!

| | コメント (2)

2012年9月 6日 (木)

ぶらり京都 イノダコーヒー本店

039_640x427
由紀さおり・安田祥子のお二人のコンサートが京都であるというので、先日めめさんと二人で行ってきました。

安田シスターズは、長い間童謡や唱歌を歌い継いでこられていて、ときどきテレビなどで聴いたことはありますが、やっぱり素晴らしかったですね^^

何十年ぶりに聞いた、という曲もあったり、みんなで合唱する場面も用意されていて、あっという間にラストでした♪

今回で25周年、とりあえずファイナルツアーだということでした。

写真は翌朝、「イノダコーヒー」でゆっくりした時のフォトです。

イノダの本店は広いので、これまでも家族で京都に来たらよく立ち寄っていましたが、今回は涼しかったので中庭でいただきました。030_640x427
ガーデン席は、まさに避暑地のリゾート気分^^

かなり前に火災にあったので、ほとんどは美しく建替えられたわけですが、今は倉庫のこの建物だけが以前のものと聞きました。見えにくいけど、上のほうの「COFFEE」の文字がいいな^^

059_640x427

上を見上げると、ライトブルーの京都の秋空!癒されるひとときになりました^^062_640x427

イノダの中庭、素敵です!たまにこうやってゆったりできるっていいもんですね^^

| | コメント (2)

2012年4月12日 (木)

醍醐寺の桜に感激^!^

152

皆さんもそれぞれの桜でお花見をされてもう満腹かもしれませんね。

私は、今年のお花見は「醍醐寺にぜひ!」と思っていまして、今日、気持ち良く晴れたので電車を乗り継いで行ってきました!

やっぱり有名だし、先日テレビでも特集が放送されたこともあってエライ人ひとヒトの波です。

三宝院、伽藍、霊宝館の三ヶ所を巡りますと、それぞれに素晴らしい桜が見られます。いっぱいシャッターを押しましたが、自分なりに面白いとか感激したのをアップしました。

上のは、伽藍の金堂の五色幕が風に揺れる様子と枝垂れ桜のコントラストが良かった今日一番のフォトです。

次は三宝院の憲深林苑の桜です。上から見れますのでその大きさ広がりに惚れ惚れしますね。012日傘がいいでしょ^^樹の大きさが実感できますね。

これは霊宝館の庭の強烈な桜の群れ、圧倒されます!美しさの極致のように思います。この絢爛豪華さは私のようなしろうと写真では表わし切れません。枝垂れ桜と染井吉野がクロスした「花の王国」ですね^^037

ほかのどこでも味わえるものではないと思います。これぞ世界花遺産です。

ファインダーを通して桜と触れあいましょう。027

もちろんリアルに目で見て愛でもしますよね^^

枝垂れ桜の巨木を見上げる。なんと背が高いの^^019

昨年は「御室の桜」でした。可愛らしくて良かったな~。来年は吉野山にしようかな^^

| | コメント (2)

2011年4月18日 (月)

御室の桜

038_2  京都市内のソメイヨシノが散った頃に満開を迎える仁和寺「御室の桜」です。

谷崎潤一郎の小説「細雪」の中で名桜のひとつと語られていて、そのことがずーっと頭のカタスミにありまして、実際に見たのは今春が初めてです。

里桜の「有明」という品種が大半で、やや大ぶり、ぷっくりしてて愛らしいですね。真っ白い花弁が好きです。 050_2

樹高が低いので、花の海を泳いでいるような、不思議な感覚になるんです^^京都の春の終わりを告げる桜ですね^^

| | コメント (2)