2015年12月31日 (木)

神戸動物王国、楽しんできました!



早いもので平成27年 2015年も大晦日となりました。

毎日何かしらやりながら生活して24時間がアッと言う間に過ぎ、1ヶ月そして1年365日も過ぎていくものですね。

車を運転しながらラジオから、1年が早いですが、年齢分の1のスピードで過ぎていくって言います、とのリスナーさんの投稿を聞いて、なるほどと思いましたね。

20歳の頃は20分の1、50になればその2.5倍速かぁ。カメラのシャッタースピードみたいで面白いです。



そう言う意味でこのブログもすぐに日が経ってしまいますが、年末はおチビちゃんとワチャワチャやってきて最終日になりました。

画像は神戸動物王国に行った時のものです。花鳥園の財産を引き継ぎいろんな動物にも触れ合える楽しい動物園に生まれ変わってました!オススメでーす。



陸ガメさんにエサをやっていたらカピバラちゃんが割り込んできておチビちゃんがビックリしているところも面白かったです。

今年も1年、お世話になりましてありがとうございました。また来年もどうぞよろしくお願いいたします♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月30日 (月)

ジャムと珈琲、あるいはその他@苦楽園

003_800x533

正しくは、「bin ジャムと珈琲、あるいはその他」 というお店の名前です。

カフェ好きの人に教えてもらい前から行きたいと思っていました。理由のひとつに、塩野七生さんの小説「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」に似た「ジャムと珈琲、あるいはその他」というサブネーム。

ちょうど同じ苦楽園口のギャラリーで知り合いの個展があってちょうどいい機会、少し歩いたけど、大正解でした。001_800x533

こうゆうテイストのお店、最近増えてきてるんですね。若い子が自分の感性で店作りして、お店のすみずみまで世界を作る、それぞれの感覚が微妙に違っていて、似てるけどまた個性が違います。

binさんはとことん徹していました。料理もコーヒーもホームページもそしてご本人も!

なにか演劇の舞台が実際にお店として存在しているような、とことん不思議な感覚ですね!015_800x533

「bin」の由来は聞いていませんが、英語でも日本語でも「ビン」、、、保存容器のことみたいです。そういえばジャムと珈琲のビンが・・・

| | コメント (0)

2014年5月19日 (月)

コーヒー・ミーツ・ベーグル@神戸

005_800x533 「コーヒー・ミーツ・ベーグル」という名前のお店です。コーヒーがベーグルと出会う、面白いですね。知人に教えてもらっていつか、と思ってましたが、ちょうど神戸まつりに娘一家と行くことになり、帰りに立ち寄りました。

1 外から見るだけでなんかワクワクするガラス張りのオープンなお店、大型と小型のロースターがデンと座っていて、ベーグルとコーヒー豆のショーケースが並び、真ん中に小さなテーブルと椅子。

4 入れ替わりやって来るお客さんは、ベーグルを購入してはポットのコーヒーを紙コップに入れてテイクアウト、これがすでに定着したスタイルみたいです。

私は初めてなので、豆を購入するのに試飲をお願いしました。

試飲がまた楽しい。普通ならオーナーさんが紙コップに少量を淹れてくれて客はそれを確かめるって感じですよね。

1_2 ここは指定した豆を普通に挽いてくれ、16gをハリオの円すいドリッパーで「自分で」抽出するんですよ^^

これは初めての体験★自宅以外でドリップすることってないですもんね。さしずめ自分で焼くたこ焼きの感じでしょうか笑!

それもあくまで試飲。焙煎豆コーナーには、詳しい説明が表示されているので、読むだけでも自分の好みの豆を探すことができます。もちろんオーナーさんとお話しながらより深く探るのがいいでしょうね^^3

ベーグルはNYで美味しかった記憶があるので、久しぶりに買いました。焙煎豆もブレンドとマンデリンを100gづつお持ち帰り。

家でミラーレスで気合を入れて撮影しました。最近は普通の写真はすべてスマホなので、たまに一眼で撮るのもいいもんです。

007_800x533 肌質感が出てたらいいのですが・・・

ベーグルで朝食、なかなかアメリカンテイストでよかったな★

そうそう、神戸まつりでは「ディズニーパレード」が先頭でした。これを見たさに早くきて待ってましたからね。3_2

おチビちゃん達、ミッキーに手を振って喜んでました^^

| | コメント (2)

2013年11月 8日 (金)

600マイルブレンド/茜屋珈琲店@神戸

Photo
先日、神戸・三宮に行ったとき、おいしいコーヒーを飲める店をスマホでチェックすると、おー、「茜屋珈琲店!」が・・・懐かしい名前です。

トントンと狭い階段を上がると、心斎橋のお店の雰囲気そのままにカウンターがあり、高級磁器のカップがぶら下がり、クラシックレコードが流れていました。Photo_3

ご店主さんと、しばらくお話タイム。

=心斎橋そごうのお店はときどき行ってました。ほかの倍以上の高い値段でビックリでしたが、おいしいドリップコーヒーを飲める店が昔は珍しかった。<ふなこし珈琲店>って名前にすぐに変わりましたね。

「おかきの茜屋さんから、まぎらわしいと言われ、オーナーの船越さんの名前にしたんですよ。」

=それは知らなかったです。お店はもう無くなったけど、ここは同じ雰囲気で嬉しいです。よく似た看板のお店がありますね、もえぎ珈琲店とか、書体か似ています。Photo_2

「茜屋スタイルといって、ときどき見かけますね。」

=お店は軽井沢にもありました。旅行で見つけて驚いたことがあります。

「船越さん、病気がちになって軽井沢に移られました。店に通っていた私に継いでくれと話があって経営させてもらうようになりました。」

「最近は県外や観光客の方が多いですね。横浜や東京からここまで、バイクでやって来る、そんな人も月に何人かいますよ。昔、漫画の中でコーヒー一杯を飲むためにだけやってくるエピソードが描かれたみたいで、600マイルブレンドとかいうんです。」

初めて聞いた600マイルブレンドの話!知人が名古屋から京都・瓢亭の朝がゆを食べに車を飛ばした、とか、そんなことが粋だという時代だったんでしょうか。

これがキッカケで、話は次に続くことになります。

| | コメント (2)

2013年3月 8日 (金)

異人館スタバで「ほうじ茶ラテ」^^


003_800x531

最近スターバックスの「ほうじ茶ラテ」にゾッコンです^^

それも魔法の言葉みたいなので注文するのを知ったもんで、味をしめて連発しています♪

「ほうじ茶ラテのトールサイズを、オールソイミルクで、チョコレートソースを追加してください」

日本のほうじ茶に豆乳、そしてチョコレートがなぜか合うんですね^^

この呪文みたいなオーダー、最初はメモして注文してました、、、今は覚えましたけど☆

あるお店では「通ですね!」なんて言われて、、、「通の方に教えてもらいまして・・・」とお答えしたりして^^

ところで異人館、といえば神戸は北野町です。

スターバックスのお店がここにあるのを昨年に知りましたが、なかなか行けなくて先日ようやく訪問しました。006_800x531

よくぞスタバのお店になってくれたもんです。コーンまで緑。さすがにポストは赤でしたが、、、なんとか席を確保して、くだんの「ほうじ茶ラテ」をいただきました。

店内の様子もなかなかいい感じですね。005_800x531

最近は「フォト落書き」が昼間でもできるのを覚えたので、クルンと回してみました。004_800x531_2
照明ライトとの距離やカメラとの角度、動かす技術などで、うまく描けたり、できなかったり、試行錯誤の日々・・・申し訳ありません、あしからずご了承くださいね(^^;

| | コメント (2)

2012年12月10日 (月)

横尾忠則現代美術館^^

019_1024x680
11月初めにオープンした横尾忠則現代美術館に9日に行ってきました。

昔、寺山修司の天井桟敷、唐十郎の状況劇場のポスターなどで蠱惑的な美的感覚にどきっとした頃があったが、実はその後はあまりどうかなと思っていた・・・

でも最近、ときどきテレビ番組などで拝見する横尾さんに「少し面白いかも」、と気になっていたところに美術館開館はグッドニュースでした^^

建物は村野藤吾設計の県立美術館西館をリニューアルだというのもイイですね^^023_1024x680

さて記念展は「反反復復反復」というタイトルで、横尾さんの繰り返されるモチーフ作品に焦点をあてたもの。「二度ある美は、三度ある。」がサブタイトル。

絵の世界にそんなに造詣が深いわけでないので美術批評などはできませんが、見ていてなんとなく体に浸み込んでくるものがあるし、面白いな、どうゆう意味なんやろ、と思わせてくれる。なんだこれシロウトっぽいな、という中に、すごいリアルな表現があったり、こうゆう少しポップでありながら心の奥底を見せる、そんなところが好みにあってるように思います。024_1024x680

あまりにHでドキツイ部分に拒否反応がゼロではないけど、そんなことも含めて、横尾さんが語りかけてくる「生と死」、あなたはどう思う?っていう、それを自問して、別に答えが今わからなくてもいいけど、頭のどこかに残しておきたくなるような、不思議な絵の数々ですね!025_1024x680

めったに買わない展覧会カタログ(図録)を買いましたよ!細かいところもゆっくりみてみたいのでね^^

横尾さんの絵がどんどん変化している、そんな変化が面白いし、今の横尾さんが描く「現在」に立ち会えるのってワクワクするんですね。026_1024x680

ちょうどラッキーなことに「歳末大公開制作」をオープンスタジオでやってるのに遭遇!なんと目の前でご本人が絵筆を持って大作を描いているリアルな現場です。016_1024x680

こんな素敵なことがあるんでしょうか!なんと表現すればいいのか、もう感激としかいいようがありません。

23日、24日にも制作されるそうですよ!うーん、最初から見たいな~^^030_1024x680
椅子の上にパレット。

絵の具がテーブルに!029_1024x680

なんか絵を描くのもいいなぁ~、ほんといいよ~♪今回はそう思ったなぁ!035_1024x680

過去の大画家の絵画ももちろん良いけど、同時代作家が描く体感できる「今」感が好きになりました^^

| | コメント (0)

2012年3月18日 (日)

広東料理「民生」@神戸

006

NHK大河ドラマのおかげで人気の「平清盛展」を神戸市立博物館で観覧してちょうど昼時になったので、一番近い南京町の広東料理の「民生」さんへ。昔からなぜか「民生」が好きなんですね。(シュウマイは「老祥記」ですが、その日も行列すごかった・・・)

ほかにもランチ候補として、神戸牛の「菊水」、洋食「伊藤グリル」、台湾料理「丸玉食堂」を上げていたけど、博物館を巡るのも結構疲れて、一番近いお店にしようということになり、M君とドアを開けると、なんと広い店内がほぼ満席の熱気でテンションアップ↑↑↑

壁に飾られたフカヒレがインパクトありますね!なんか外国旅行したみたいな錯覚にとらわれました。中国というより欧米の中華料理店に入ったような異国感いっぱいです^^面白いな~^^002

注文ですが、名物の「いかの天ぷら」はボリュームあり過ぎでスルーし、「水餃子8個」と五目焼きめし、五目ラーメンにして取り分けました。

水餃子は最初15個と言ったら、お店の方が「ひとつが大きいので8個でいいですよ」とご親切なアドバイス。やはりそれでちょうど良かったですね。

なんとなく興奮気味にこれらをいただいて、最後にデザート。HPでお得なクーポンをプリントアウトしてきたので、こんなかわいいスイーツをいただけました。ちゃっかりちゃっかり(笑)008

神戸市役所の展望ロビーから市内主要部、海、山を見学したり、元町「ダンケ」のバターブレンド珈琲をいただいたりして、ちょっとした神戸の旅になりました^^

| | コメント (2)

2011年12月19日 (月)

大人のクリスマスパーティ@芦屋

034

先日、ムード満点のOさんのお宅にお邪魔して、本格的なクリスマスパーティを目いっぱい楽しませていただいてきました^^

リビングの可愛らしいサンタさん。リースも素晴らしい。置いてある黒塗りのタンスはおばあさまのお嫁入り道具。歴史ある和箪笥でした。食器が納められて、洋風の部屋になぜか合う、さすがセンスのある使い方でーす。

シャンペンで乾杯のあと、さっそく前菜からスゴイ凝ったお料理。冷製トマトのコンソメゼリー添え・・・美味しくて、もう高級レストランですね^^007

続いてドカーンと鶏の丸焼き。レストランでしか見たことないような、気合いの入ったパーティメニューですね。もう感激の嵐!眺めているだけでもすでに食欲満タンで~す。ご主人さまに取り分けしてもらってありがたくいただきましたが、うま~い美味い!010

これはご一緒したSさんの名作。鯖を明石まで買いにいかれ、料理研究家の奥様の酢飯でめっちゃ美味しい鯖寿司に仕上げられました。このツヤ、肉厚な身、芸術作品といっても過言ではありません、頬っぺたが落ちそうになりました^^013

ワインにはチーズが合いますね。青カビ、白カビ、わさびチーズ、、、そしてオレンジ色のチーズ。うすーいパンに乗せて、絶妙の味のを堪能しましたでーす^^015

まだまだあるぞ!タコスの登場!。ご主人自ら生地に乗せていただきました。これはまた野菜たっぷりでヘルシー、あっさり味でめっちゃ美味!パーティにうってつけのすてきなメニューです。024

うちからは自家製ベーコンのミネストローネや、パリーネの明太子フランスを持参しました。それとは別にベーコン・ブロックをプレゼントさせていただきました^^

デザートのスイーツ。左がOさんの奥様手作りでプロ顔負けのフルーツケーキでした。右は持参したうちの近所の「サフラン」のミニタルトです。039

気がついたらもう夜更け、部屋はもちろん、トイレも、内玄関もクリスマスで満ち満ちています。外玄関までの間もいろいろなイルミネーションがにぎやか。ご主人が作られた細身のトナカイさんにお見送りしていただきました^^053

お料理もワインも、どれもが感激の大人のクリスマスパーティでした。Oさんご夫妻、ありがとうございました。Sさんも素敵なお料理など、いろいろお世話になりました^^

| | コメント (4)

2011年7月30日 (土)

神戸にしむら珈琲 御影店

Photo


夏はカレーがいいな^^

神戸は御影の山手幹線沿いにある「にしむら珈琲 御影店」のカレーは格別の深い味わいがあります。

先日おチビちゃん達がやってきて、セミ取りやらプール遊び、花火、それに3ヶ月のKちゃんのダッコなどで大忙しの日々を過ごし、みんなを送りがてら車で移動中、ここでランチタイムになりました。

最近はちょっとごぶさたでしたが、めめさんのご両親が特に愛用のお店なので以前はホントによく来たものです。

定評ある宮水コーヒーはもちろん美味いし、このカレーライスのほかスパゲッティやサンドイッチ類もあります。よく2階のステーキハウスでお腹いっぱい堪能したのもいい思い出です。

最後にオリジナルのケーキをデザートにいただいて店をあとにしました。

| | コメント (0)

2011年7月11日 (月)

サマーナイト炭火焼パーティ^^

017


昨晩はいただいてまいりました。美味しい料理、おいしいお酒、、、シャンパンで乾杯のあと、灘五郷の浜福鶴銘醸の無濾過生原酒 仕込参號。

さっぱりしてまるくって飲みやすいのでどんどんすすんでしまいました。参號のあとは五號。それからふつうの醸造酒。

めめさんの学生時分からのお友達Sさんのおうちに呼んでいただき、Oさん夫婦と総勢6人でサマーナイト炭火焼パーティです^^

Sさんの奥様は料理の研究家。Oさん、めめさんも2~3ヶ月に一回ほど教えてもらっております。なので、料亭気分を満喫!

まずは大根とカラスミ、プチトマトのパルメジャーノがけ。そして湯葉すり流し。010

「湯葉すり流し」は誠に手の込んだメニュー。具にじゃがいも、玉ねぎ、温泉たまご、じゅんさい、醤油あんなど。作り方は複雑の極み。冷やしてあり、複雑かつ深い味わいにうっとりしました。

「とうがんの甘酢あんかけ」です。カミソリで皮をむくので下ごしらえが大変。甘酢が暑い夏にうれしい逸品です。ガラスの器はバカラ。美味しさ倍増^^018

これは「賀茂ナスの田楽みそ」です。丸っこい賀茂ナスを揚げて蒸して煮てあるそうです。ナスは梅田の伊勢丹で買われました。京都・近又さんで習われた料理。教える以上は熱心に勉強もされてるんです。スゴイなぁ~。020

大皿のお造り盛合わせでーす。大阪の黒門市場まで行ってこられました。その熱意に脱帽します。Oさん、わさびをすりおろし中の様子も写っております。ありがとうごいざいました。ワインのコルクに鮫皮のおろし器。オシャレー、そして本格的!016

ご主人による炭火焼。テーブルに分厚い板を置き、その上に四角い七輪で、室内でいただきました。なぜか写真が鮮明でないのが残念。穴子はわざわざ泉佐野漁港のとれとれ青空市場まで車を飛ばして仕入れていただきました。感謝感激です^^023

焼いていただいた品の数々です。なにもかも美味しくて美味しくて^^025_2いろんな話に花が咲き、美味しい料理とお酒で時間の経つのも忘れ長居してしまいました。Sさんご夫妻には、ほんとにありがとうございました。Oさん、懐かしかったで~す。ではでは。。。。。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧