2019年2月14日 (木)

「ファイブ展」に参加しました。



お誘いがあり「第60回 ファイブ展」に参加しました。皆さんの力作に混じってダリアの花の2枚を投入。タイトルは「生」「死」。ちょっとキツかったかなぁ。



多くの方が参加している写真連盟の大阪の5団体が集まって始めたので「ファイブ展」と言うらしい。60回目の歴史ある写真展、場所も歴史ある心斎橋の「ピルゼンギャラリー」、ボードにカナヅチで釘打ちして額を飾る作業をしたり…いい経験をさせていただきました。



2枚目の火祭りフォトは誘っていただいたIさんの作品です。

良かったらのぞいて下さいませ〜😉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月31日 (木)

象印食堂@なんばスカイオ



メメさんが次女とランチに行くので参加させてもらいました。場所はなんばスカイオに去年オープンした「象印食堂」。マホービンの象印が炊飯器を総動員して美味しいご飯を提供しています。



オープン当初からずっと並んでてそれも女性ばかりなので行けないかと思っていましたが、くっついて行きました。さすがに黒一点という状況でしたね。

おかずも厳選していてお代わり自由のご飯もとても美味しくて大満足でした。

そうそう、11時オープンですが10時半から並んで第一陣に入れたくらいなので、並ぶのがイヤな人には合わないかなぁ…そんなお店のお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

魚の郷 こにし @谷町4丁目



前から気になっていた谷町4丁目の「魚の郷 こにし」さんへ。「銀平」ご出身ということでメニューや器、雰囲気、よく似ててなかなか良いです。ランチにしては少し高めですが、魚もご飯も美味しいので、近くのサラリーマンやOLさんで賑わってましたね。

この場所には昔陶芸教室があり、私も長く通ったので店内に入ると懐かしく当時のことを思い出します。



玄関の花入れ、店主さんにお聞きするとなんと辻村史郎さん作でした。梅田グランフロント南館8階の銀平にも辻村さん作品がありますが、この場所がこんな風に陶芸でつながっていることがとても嬉しい一日になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

明日をめくるカレンダー展



私の今年最後の写真の出展です。心斎橋の近くのギャラリー壱燈舎(いっとうしゃ)さんで「明日をめくるカレンダー展」が日曜日まで開催されています。

日めくりカレンダーを1日早く、明日という未来を見て希望につなげるという意味を込めた写真展です。1日には2日の日めくりをめくるというので、なかなか面白いと参加させていただきました。



私のは、日付け数字の入った写真を集めて31枚を日めくりカレンダー形式にしています。

皆さん、かなりの懲りようで、アイデアのバリエーションは無限にあるなあと感心しています。

良かったらご覧になって下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

「平成最後の師走展」



そろそろ平成30年も押し迫ってきました。心斎橋のギャラリーアビィさんで開催中の「平成最後の師走展」に参加しています。一枚だけですが、春の海を撮ったもので、「旅に出ようカメラと一緒に来年も」というタイトルにしました。



太平洋と雲と光と小さな船と…好きなシチュエーションです。

皆さん今年最後のということでなかなかの力作が揃いました。もしお近くに行かれたらお立ち寄り下さい。12月16日まで開催です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

壱燈舎での展示風景



大阪フィルムフォトウォーク、始まりました。2日目の今日、南船場の3ギャラリーを巡ってきました。

皆さんの作品の素晴らしさに加えて、フィルムやカメラへのそれぞれの想いが語られていて、実に見応えのある写真展です。

わたしのはこの夏にソラリスのカラー暗室教室で焼いた2枚にしました。初めての手焼きカラー作品でお気に入りです。

味わいと艶のあるフィルム写真を目指して手焼きしてゆきたいと改めて思ったところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

大阪フィルムフォトウォーク



大阪市内の写真ギャラリー5店が9月25日から開催のフィルム写真の祭典に参加します。

6月に申し込んで8月に抽選で会場が決まりました。私は長堀橋に近い「壱燈舎」さんです。2枚展示の予定です。



みんなで75人、すごいですね。知ってる人も何人かいます。さてどうなるでしょう。楽しみです!



もし良かったらのぞいて下さい。お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

超芸術トマソンの話



西天満界隈の絵画ギャラリーに行く途中、裁判所の横のビル壁に残る屋根の影がイヤにアートっぽいのでパチリ。

なんとなく引かれて後ろを振り向くと、今度は実に美しくペイントされた屋根の絵が描かれてました。



この両者には何か物語というかつながりがありそう。

で、最初の家の影みたいなのは何て言うのかな、と思い巡らせていたら、思い出しました。「超芸術トマソン」です。wikiによれば…

『超芸術トマソンとは、赤瀬川原平らの発見による芸術上の概念。不動産に付属し、まるで展示するかのように美しく保存されている無用の長物。存在がまるで芸術のようでありながら、その役にたたなさ・非実用において芸術よりももっと芸術らしい物を「超芸術」と呼び、その中でも不動産に属するものをトマソンと呼ぶ。』



有名なのが壁に残された「四谷の純粋階段」ホントは階段の上に扉があったけど扉は使わなくなって階段だけが残ったというもの。

この屋根の影もそのひとつみたいです。

不動産物件がどんどん建て替えられて昔に比べたら減ってはいますが、時折見かけることがあるので、楽しみながら歩きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

三角公園のうさぎとねことぼくの像



先日大阪ミナミ、西心斎橋辺りの通称「アメ村」の真ん中にある三角公園のそばを通りかかった時、人が少なかったので中に入ってみたら、、、なななんと〈うさぎとぼく〉の像があるのを発見。

まさに昭和町のカフェの名前を地でゆく感じでビックリしました。



それと対になっていたのが「ねことぼく」の像。最近のうさぼくさんが保護猫活動されているのを予測したようで驚きました。

後日うさぼく店主さんにこのことを話すと、ねこの方は知らなかったそうで、さすがにうさぎはご存じでした。



三角公園にある2つの像、誰が建てたかわかりませんが、なかなか素敵だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

久しぶりに海遊館へ



久しぶりに海遊館に行ってきました。秋の写真展示に向けて、新しいショットが撮れたらと向かいました。夏休みでちびっ子がいっぱいでしたけどね…

そんな中で新しいエリアの「海月銀河」が素晴らしいかったですね。クラゲちゃん達がユラユラ揺れる姿は見飽きません。人気があるので、押し出されるように出てきました。



わかりにくいですが、コレはゴマアザラシです。あまりに泳ぎが早いのでなかなか撮れませんでした。



表情やお手手の様子がかわいいですね。

水族館、また楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧