« 沖縄の旅(4) | トップページ | カフェマロニエ @天下茶屋 »

2017年9月 6日 (水)

沖縄の旅(5)

Img_0100_800x533


沖縄本島3泊4日も最終日です。ホント遊んでると時の経つのは早いですね。

この日は沖縄の歴史を巡ることにしました。若いパパの提案です。良いことだと思います。



首里城、王国時代の琉球の代表的な史跡ですね。最近はあまりお目にかからない二千円札の「守礼門」で全員の写真を撮ってもらいました。記念になりました。

復元された王宮の中は当時の様子がよくわかる展示になってました。中国や韓流ドラマでよく似た光景を覚えていますが、歴史的には大陸からの影響が濃厚だったんでしょうね。



もう一つは「ひめゆりの塔」です。太平洋戦争の悲惨さの証しですね。日本軍指導者が民間人の命を粗末に扱った様子が如実にわかりました。戦争は実におぞましいものです。

だからと言って沖縄のそこかしこにある米軍基地に出て行けとは言いません。ミサイルを撃って来る国が近くに存在し、また日本の領土の島を脅やかす国もある状況下、おかげで守られてると思っています。



カリフォルニアから家族6人で赴任中の米軍通信部隊の若い隊員とレストランで隣りになりお話ししましたが、よく日本に何年も来てくれてるなあと思いました。ある意味、感謝ですね。

そんなこんなで沖縄の旅、これにて終了です。お付き合いいただきましてありがとうございました。

|

« 沖縄の旅(4) | トップページ | カフェマロニエ @天下茶屋 »

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄の旅(4) | トップページ | カフェマロニエ @天下茶屋 »