« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

ジャムと珈琲、あるいはその他@苦楽園

003_800x533

正しくは、「bin ジャムと珈琲、あるいはその他」 というお店の名前です。

カフェ好きの人に教えてもらい前から行きたいと思っていました。理由のひとつに、塩野七生さんの小説「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」に似た「ジャムと珈琲、あるいはその他」というサブネーム。

ちょうど同じ苦楽園口のギャラリーで知り合いの個展があってちょうどいい機会、少し歩いたけど、大正解でした。001_800x533

こうゆうテイストのお店、最近増えてきてるんですね。若い子が自分の感性で店作りして、お店のすみずみまで世界を作る、それぞれの感覚が微妙に違っていて、似てるけどまた個性が違います。

binさんはとことん徹していました。料理もコーヒーもホームページもそしてご本人も!

なにか演劇の舞台が実際にお店として存在しているような、とことん不思議な感覚ですね!015_800x533

「bin」の由来は聞いていませんが、英語でも日本語でも「ビン」、、、保存容器のことみたいです。そういえばジャムと珈琲のビンが・・・

| | コメント (0)

2014年6月21日 (土)

梅ツアー 梅仕事◎

013_800x531

めめさんの友人からのお誘いで和歌山に梅ツアーに行ってきました。

今が南高梅のシーズン真っ盛りということで、みなべ町に!ランチは白浜の「とれとれ市場」で寿司ざんまいしました。

みなべ町の梅振興館で教えてもらった梅干しの「渡口農園」さん直売所へ!これが大正解で感動の大きな梅に出会うことができました。

ちょうど選別作業されているところで、こんなふうにやるんだ~、と感心。2L、3L、4Lと機械で自動的に分別されていくんですね。

社長さんに写真いいですか?とお聞きしますと、女性の方からしっかりVサインちょうだいしました~★明るい職場ですね^^1

ツアーのお仲間さん、梅をそれぞれ袋に詰めてもらっています。もちろん一番大きなサイズをお願いしました。直売ですからリーズナブルなお値段でしたよ^^007_800x531

持ち帰ってめめさんは梅ジュース、私は梅干しを仕込むことにしました。

梅干し作り、いろいろ聞きますとけっこう難しいらしいです。検索しましたら特に塩の加減が従来の塩分18%くらいから減塩の8%のものまでさまざま。

それに加えて甘味料の砂糖やハチミツもレシピよっては載っています。それぞれの自家製梅干しがあるんですね!

比較検討の結果、こんな手順で進めることにしました。梅の量は1.24kgです。

1、梅を丁寧に洗いペーパーで拭く。

2、ヘタを竹串の先で取り除く。このときに梅を傷つけないよう注意します!

3、ジップロック(大)に焼酎(なんでもいい、25度~35度)大さじ約2を入れ梅を全部入れて転がし、なじませる、、、やさしくね!

4、粗塩(10%)124gを入れ梅を転がしなじませる。今回は砂糖を62g(5%)も加えました。

5、袋の空気をできるだけ抜きジッパーを閉じます。二重袋にします。008_800x533

6、雑誌を1~2冊乗せます。毎日袋を表裏返し3週間ほど経ったら次の段階に進みます(・・・今後研究)。

ということでスタートしました。カビないよう毎日ひっくり返し、それこそ手塩にかけていい梅干しになるよう育てていきたいと思います。

そうそう、めめさんの梅ジュースはビンの中で氷砂糖とともに熟成し初めているようですよ。002_800x531

どちらもうまくいくといいけど、なぁ^^

| | コメント (2)

2014年6月15日 (日)

しそジュース んまーい♪

003_800x533

梅雨入りしたものの大阪では傘のお世話になるのはどちらかといえば日傘のほうです。

暑いので冷たいものが欲しくなりますが、ネット上で「しそジュース」の写真を見つけレシピをチェックすると案外シンプルな作り方に気をよくしてスーパーに行くとちょうど300gくらいで袋に入ってるのを見つけ砂糖と酢も確保してさっそくとりかかりました。

もちろん赤紫蘇を使います。葉っぱで300gだとこんなにボリュームあるんですね。1

太い茎はカットして1200mlの湯を沸かしそこに赤紫蘇の葉を入れますとすぐに緑色になってきて赤色はお湯に溶け込むんですね。赤紫蘇が実は赤色をまとった青紫蘇だった笑^^2

ざるに上げて絞り赤い紫蘇の汁に砂糖400gくらい溶かします。灰汁を取ったら弱火で20分。3

最後に酢を1.5カップ加えて完成。冷やして3~4倍に薄めていただくとえも言われない美味しさ★

毎日飲むのが楽しみになる爽やかドリンクでーす!

追記;赤紫蘇の効能・・・食欲増進、整腸作用、疲労回復など暑い夏にうってつけみたいですね、ワーイ^^ということで菜園のカタスミで赤紫蘇を育てることにしました。自家製しそジュースは来年のお楽しみです!

| | コメント (6)

2014年6月10日 (火)

小さな菜園、初めての収穫★

Photo

小さな菜園でピーマンと唐辛子ができました!

初心者なので作りやすいのを選んで育てました。土佐ピーマンと伏見甘長唐辛子という種類です。

色と姿はいいけど柔らかさや味のほうが心配でしたが、めめさんにじゃこの炒め物にしてもらったら、それがとても美味しい~★Photo_2

昭和町のギャラリー「暮らし用品」さんでもとめた井上美樹さんのガラス器で冷酒をいただきながら・・・

| | コメント (2)

2014年6月 5日 (木)

ブルックリンパーラー大阪

005_800x533

素敵なお店を見つけました★

あのジャズのブルーノートが展開するカフェ「ブルックリンパーラー」が大阪・心斎橋に登場です。

広ーい店内、いろいろなテーブルと椅子達。その日その日、コーナーで違った気分を味わえるのがいいな!001_800x533


本の書棚も充実してます。なかなか買えない高価本をゆっくり読みながらドリンクするのもいいな。

入口の階段を下りるのはちょっと勇気がいるかも。アメリカの信号機がお出迎え!これが面白いね★042_800x533

くるりんフォトらくがきの血が騒ぎました。

もうひとつ、ブルックリンの頭文字「B」を描いてみました。033_800x533

ロープ結びみたいな「B」ですが、いかがでしょうか?

「ブルックリンパーラー大阪」は御堂筋八幡筋にありますのでなんばからも近いですね★

| | コメント (0)

2014年6月 1日 (日)

カフェ「森森舎」@播磨町

3

一年前くらいに陶芸教室併設でオープンしたカフェ「森森舎 しんしんしゃ」さんです。前から聞いていたけどちょっと行きそびれていて、ちょうど帝塚山音楽祭の帰りに伺いました。

なかなか雰囲気のいいお店で、すぐにマイお気に入りに^^なにかひきつけるテイストがあるんですね!2


カレーランチは本格的です。ネパール人の方が作ってらっしゃるのね、どうりで美味いはずです。

コーヒーもスペシャリティコーヒーでした。オーナーの森脇さんは陶芸先生歴の長い方で、ここの器はもちろん先生の作品。すてきなカップ、たっぷりのコーヒーにしびれました★4


ガラスで仕切られたお隣の陶芸教室は体験主体の一回単位で週に2回開講だそうです。月謝制でないのが新しいしやり方ですね。また一度おじゃましたいな。

店内の壁面タイルもオーナーさんの作品だそうです。必見ですね。

表では音楽祭イベントで「ドラムサークル」開演中!お客さんが一体になった演奏でとても楽しそう!アフリカンリズムに心が躍りました♪2_2_2

この後ろのコンテナの中に陶芸窯とコーヒー焙煎器があるそうです。こんど拝見したいものです。

追伸;5月20日の毎日放送「ごぶごぶ」で紹介されたとのこと。Youtubeを見ますと、帝塚山のスイーツ「ポアール」の1000円アイスクリーム、「フォルマ」のチーズケーキ、「福寿堂秀信」の氷わらび、そして「森森舎」さんの、とうふショコラケーキとチキンカレーでした。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »