« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月22日 (土)

雨の長居植物園にて

20136_045_800x534

空梅雨かと思っていたら梅雨前線と台風4号のおかげでたっぷり降って梅雨らしくなりましたね。

そぼふる雨の中、公園も植物園もほとんど人はいなかったけど、ちょっと用事のあとで立ち寄ってみました。

こうゆう時こそ面白い!咲き始めのハス、もうお終いのアジサイなど、季節の花が雨で濡れていい感じになるんですね。

そんな中、今回のベストショットは上の写真、雨のショットです。前から撮りたくて狙っていたけど、かなりの雨量でないと写らないのです。

ちょうど大雨になったので、傘を左手で支え、右手で操作してシャッタースピードをいろいろ変え、ようやく撮れた1枚です^^

宿題をひとつ終えた感覚笑♪そうそう、よーく見ないと雨がわからないかもしれません。写真をワンクリックして大きい写真でご覧いただければ幸いです。

さてアジサイの花はもうチラホラでしたが、しっとり感が好きです。20136_012_800x534

雨宿りの東屋でツタと雨の雫をパチリ^^20136_022_800x534

アジサイ園の森の中のベンチ☆20136_026_800x534

ハスのほうはどうでしょう!雨のおかげでハスの葉が雨水を溜め、ときどき滝のようにザーってなるのが面白かったな^^20136_003_800x534

もう一枚、少し待っているとあちらこちらでザー、ザーっと♫20136_036_800x534

花はまだ少しだけ・・・20136_004_800x534

最後に、キョウチクトウが満開ですごい迫力でした。20136_039_800x534

雨の長居植物園、足元と服は濡れても心は軽い、昼下がりでした^^

| | コメント (0)

2013年6月17日 (月)

100万人のキャンドルナイト@茶屋町 後編

091_800x531

ちょっと更新が遅くなりました。キャンドルナイトの後編です。

茶屋町周辺には狭い路地がけっこうありますがその中の花屋さんの中で面白いのに出会えました。

ガラスケースの中の花の中にぽつんと置かれたキャンドル☆ほのかな灯りが大人の時間を醸し出してくれます♪

薔薇やラナンキュラスやユリなど(?)いろんな花がボーッと浮かび上がる幽玄空間ですね^^撮るのに狭いお店がラッシュアワーみたいになりましたが、なんとかスマホでパチリ^^

ほかにも路地奥に発見!ダイアモンドのような形の大型キャンドル作品です。083_800x531

よーく見るとこれが動いているんですね!眼に見える速度で回転しています。

少し何秒か時間をかけて撮ってみました。これはSONY NEX5Rです。085_800x531

面白いですよね^^

最後に茶屋町らしい夜フォトを紹介しまーす。特等席のMacです^^041_800x531

この一週間後の西梅田キャンドルナイトは行けなかったけど、きっと素敵だったことでしょう!また12月を楽しみにしています^^

| | コメント (2)

2013年6月11日 (火)

100万人のキャンドルナイト@茶屋町 前編

Photo

早いもので夏のキャンドルナイトが6月5日に開催されました。梅田駅から茶屋町に向かうともう大勢の人人人・・・

いきなり素敵なデザインに出会います☆

みんなスマホで写メタイム^^

もう少し進むとこれまた夏らしい風車とキャンドルのコラボ♪人気のスポットですね。Photo_2

ここで普通の撮り方とはお別れして「フォト落書き」にトライ!

まずはハート。。。014_800x531

ちょっと暗がりのカラフルキャンドルもいいかな^^073_800x531

LOVEって文字はなんど描いてもうまくいかないけど、なんとかできた一枚です。067_800x531

つづきはまたね^^

(そうそう、6月12日水曜日、西梅田会場でも開催されますよ^^)

| | コメント (2)

2013年6月 5日 (水)

御堂筋「ロッジ」 by洋食Katsui

Photo

長堀橋の「洋食Katsui」さんに行ったときに聞いた姉妹店の話を思い出してランチにいってみました。

御堂筋のスワロフスキーのちょうどお向かいのビルの地下1階にある「ロッジ」さんです。

焼肉丼、いかがでしょうか?

ボリュームもたっぷり、味も言うことなし、スティックサラダの食感も好き!

「ロッジ」という名のとおり雰囲気は山小屋のイメージですね。Photo_2

元・山好きとしてはこうゆうおしゃれな山小屋レストランは大歓迎です。Photo_3

テーブル席のほかに広い座敷(掘りごたつ式)で多人数もOKみたい。

また行きたくなる魅力的なお店ですね。

| | コメント (4)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »