« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月27日 (月)

陶芸新作です^^

Photo

最近作った陶芸作品でもこの真っ黒な丼鉢はなかなかインパクトがあると思います。これまでは白系のものが多かったので初めてトライしてみました。黒マット釉がちょっとあやしく光るのもいいもんですね。

次は小さな作品でミルクピッチャー。Yちゃんから前から聞いていて作った3個です。Photo_2

おチビちゃんの好みもあるので、ハートのを選ぶかと思ったら案外ふつうの白をチョイスしたようですね。

久しぶりにロクロを回して大皿をひきました。Photo_3

直径30cmもあると腰のあたりが薄くなると遠心力でヘシャげてしまうので、先生にお手伝いいただいていいカーブのものができました。

| | コメント (2)

2013年5月21日 (火)

5月の花たち

015_800x531

長居植物園のバラとシャクヤクが見頃ですよ、ってご近所さんにお聞きしたのでちょっと拝見してきました。

バラ園はもう全てのバラがカラフルに満開、いい香りもほんのり漂い、多くの方がカメラを構えたりお散歩したりと素敵なひとときを過ごしています。

私も去年は熱心に撮ったものですが、今回はちょっと視点を変えてツルバラの一枚に焦点をあてました。青い空、白い格子、そこに赤や黄色のバラ、、、好きな構図です^^

バラ園の奥がしゃくやく園でした。こんなにシャクヤクをいっぱい見たのは、昔の長谷寺以来久しぶりです。016_800x531

立てばシャクヤク、と美人の形容で最初に来る花ですから、その華やかさに驚くばかりです。

ひとつ、変わり種が見つかりました。花弁に厚みのある迫力あるシャクヤクです。018_800x531

もう一枚、これは住吉大社の末社である「浅澤社」のカキツバタです。004_800x531

少し早い時期でまだ花が少なかったですが、古来有名な紫の花もいいものですね^^

| | コメント (2)

2013年5月15日 (水)

大阪レトロ建築巡り(6)大丸心斎橋店

036_800x531

大丸心斎橋店は有名すぎるのですが、大阪のレトロ建築としては大事な存在です♪

かのヴォーリズ建築のよきデザイン性が随所に見られますので、店内を歩いていてもなぜか落ち着く気がしますね。案外御堂筋の向こうから眺めることも少ないので、全貌を見ておいてください。

近づき見上げますとそのアールデコの美しいファサードに感嘆してしまいます。035_800x531

最近は昼間でも「フォト落書き」できるようになりましたので、ちょいとカメラを回してみました。034_800x531

西側の玄関天井あたり、なんともいえずほんわかデザインになりました。

ほかにも見所はいっぱいありますので、また行かれたときにゆっくりご覧くださいね^^

| | コメント (0)

2013年5月10日 (金)

珈琲専門店「チ・ケ」@西田辺

Photo

久しぶりに「チ・ケ」さんへ!

昨年アップした記事「嬉し懐かし珈琲とアルゼンチンタンゴの店 チ・ケ」の時に、看板の写真はアップしてなかったんですが、それは実際に行かれたときの「お楽しみ」に残しておいたのね^^

それからかなり経ちましたし、Yさんからいただいた子供のときの思い出話、いつも気になっていたし、久しぶりにちょっと覗いてみました。

Yさんの小学生時分、この原始人っぽい看板がすごくインパクトがあって、描いた町の絵の中に書き込んだくらいだったそうです。

店主さん、この話、よーく覚えていただいていて、とても喜んでおられました♪小学生にはとても印象的な原始人っぽい面白看板だったんでしょうね。

名前の「チ・ケ」は、当時人気のタンゴの名曲の名前で、お父さんがお好きだった曲!今回聞かせてもらいましたけど、とても賑やかな楽しい曲でした。

そしてチ・ケは「chi・qe」、これはフランス語で「シック」「粋がった」「粋好み」っていう意味。当時の流行語で、これならわかりやすいですね☆

それが原始人っぽい絵になったのは「なんとなく」だそうですが、これもひとつの「粋好み」に思えるのは私だけでしょうか笑?!

今回は「チ・ケブレンド」をいただきました。Photo_2

イギリスの陶器でいただく珈琲は、とても素敵でしたよ^^

| | コメント (2)

2013年5月 5日 (日)

ギャラリー「So-Ra」 @あべの

Django_sora_015_800x534

阿倍野の王子商店街から少し入ったところのギャラリー「So-Ra」さんに行ってきました。

ちょうど西野詩織さんの陶芸展のご案内をいただいて、楽しみにしていました。

大正12年築の古い建物を改装してこの春にオープンし、「作品のある日常」を提供されているのは、私もSONY NEX7で作ってもらったカメラストラップの「Trois(トロワ)」さんです。

西野さんの作品は、楽しい面白いそして不思議なかわいさ、何かもう「超えてしまった」かのような感性にあふれています。ブローチやペンダントのほかにも大きなオブジェ、花瓶などもあります。Django_sora_006_800x534

いかがでしょう、ギャラリー空間のイメージにぴったりあって、小さいけど何か存在感のあるような気にさせるユニークさ。Django_sora_018_800x534

そういえば文の里の「萌木星」さんで見上げたところにぶら下がっていた花瓶、あれがそうだったんですね。

私も陶芸をするのでなんとなくわかる感性なんですが、「作品になる」にはある一線を超えないとならない、それが分かるので、すごいな~って思います。

「So-Ra」さんの外観です。もう90年ですが、手入れをされてとてもいい状態でギャラリーにされましたね。05056

また企画展があれば来てみたいな^^

週末のみ営業、詳しくは「トロワ」さんブログを見てね。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »