« チンチン電車 フォト落書き@住吉大社前 | トップページ | できたよ 春の新作陶芸! »

2013年3月24日 (日)

大阪レトロ建築巡り(3) 大阪証券取引所ビル

018_800x531

かなり大型のステンドグラスです。円形のホールに沿って縦長の大きな窓が何本も・・・!

これは北浜の中心に堂々たる姿を見せる「大阪証券取引所ビル」のホールを内側から見上げた姿です。

楕円形のカーブも美しいですね。

見上げてもう一枚!016_800x531

昔むかし、このホールで株取引を行っていた。「場立ち」といって実際に独特の符丁で売買していた時代、金融取引の中心として「北浜」は一世風靡していました。

日本証券取引所となった今は、「日経225先物」という指標の取引などが、このホールの大画面モニターでその歴史を物語るのみですね。

下のほうのステンドグラスに近寄ってみました。透明な部分の模様が透かし模様がほんのりと浮かび上がっています。021_800x531

外に出て下から見上げた取引所ホールです。力強い四角の柱、内側と同様にとても美しいカーブのファサードです。012_800x531_2

1935年の建築。少し離れた場所から現在のビルを撮りました。066_800x531

この円形のホールを残して建替えられたことに感謝します。世界初の米取引市場から始まった大阪の歴史の象徴みたいな存在ですもんね^^

そうそう、一見、中には入れないように思えるのですけど、今回思い切って重いドアを押してみましたら、あっけないくらい誰でも入れて、大きなソファでくつろぐことができる癒し空間でもありました。

奥に上島珈琲店が見えますし、有名なイタリアン「ポンテベッキオ」もありますが、今回はこれにて終了といたします^^

|

« チンチン電車 フォト落書き@住吉大社前 | トップページ | できたよ 春の新作陶芸! »

大阪市内」カテゴリの記事

おだま記」カテゴリの記事

コメント

外観しか知らず…
ポンテヴェッキオしか知らず…

中は、こんな風になっていたのですね~

投稿: canae | 2013年3月25日 (月) 12時30分

canaeさん
私も今回初めて中を知りました♪

レトロ建築巡りではできるだけ中に入ってみることにしていますが、ゆうたりしたソファ空間なのでびっくりです。

ポンテベッキオには当初行ってからご無沙汰しています^^

投稿: おだまき | 2013年3月25日 (月) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チンチン電車 フォト落書き@住吉大社前 | トップページ | できたよ 春の新作陶芸! »