« 登り窯で焼く! | トップページ | 一輪挿し 京なす »

2012年6月20日 (水)

ぐい呑み 灰被り

074_640x426_3
出来てきました、登り窯・穴窯の作品達。

少しづつ紹介してゆきますね。まずはぐい呑みです。

窯の開口部の下のほうに入れていただき、手前の二つは薪の灰を被って焼けた素晴らしい仕上がりです。

被りすぎたくらいかも知れません。

赤い土の焼けた色の部分は、隣合わせの器と接していた箇所で、灰はかかっていないところですね。055_640x425

こうゆう味わいって登り窯の松の薪でないとなかなか出ないでしょうね。なんど眺めてもうれしくなってきますね。

マクロで撮ってさらにいい感じが分かるように思います!

内側にも灰が入ったので灰の神様の仕業の痕跡が底部に残っています。
075_640x425

手元のお酒で一献傾けました。

福島県二本松市のお酒で、東北応援で購入したもの。思いが交錯し味わい深い宵になりましたね。003_640x426_2

あと小さな花器ですが、何回かに分けてアップしまーす^^

|

« 登り窯で焼く! | トップページ | 一輪挿し 京なす »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

おだまきさん>
 すごくいい感じですね~
 いい塩梅の灰被りで。
 見ているほうがウットリです。
 飲むお酒もまた格別ですよね(^^)
 
わたしならついつい
毎日になって
 飲みすぎてしまいそうです(苦笑) 

投稿: popochi | 2012年6月21日 (木) 12時51分

popochiさん
ありがとうございます。

私もうっとりして3日ほど飲みましたが、ちょっと封印して眺めるだけにしています。

ほかのもまたアップしてゆきまーす^^

投稿: おだまき | 2012年6月21日 (木) 20時13分

いい焼きあがりになりましたね~

窯から出てきた時は、わくわくされたでしょうね~♪

そして、使い込むことによって、
また、味わい深くなりますよね~♪

投稿: canae | 2012年6月22日 (金) 12時58分

canaeさん
ほんとワクワクドキドキでしたね。

もちろん眺めたり、なで触りまくりました^^

念願の登り窯でしたから、嬉しさもひとしおです^^

ありがとう!

投稿: おだまき | 2012年6月23日 (土) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登り窯で焼く! | トップページ | 一輪挿し 京なす »