« ぶらり千早赤阪村(2) | トップページ | カレー作りました »

2011年9月 2日 (金)

ぶらり千早赤阪村(3)

R00143741
美しい日本家屋に出会いました。茅葺き屋根のエッジの効いたシャープなラインにホレボレ^^

ここは「山本家住宅」という元・庄屋さんの家で、重要文化財になっています。説明を読んでますと、末尾に河内長野市の文字。いつのまにか入っていたようですね。峠ひとつ越えましたからね・・・R0014378

こうゆう建築物の専門知識は持ち合わせていませんが、木や竹や茅、藁などを組み合わせて、緻密な造りになっているのが伺えます。くくりつける手作業の技。江戸時代の人はすごい仕事をやっていたんですね。R0014381

全体像はこんな感じの美しい建物です。こうゆう価値あるものを残しておくことって大事ですね!R0014371

街道筋からはこんな急坂を上らないと辿りつけないんです。母屋の屋根がちらっと見えてます。ちょっとしたお城ですね。R0014384

3回にわたり、千早赤阪村~河内長野界隈のぶらり散歩、いかがでしたか。

自然を満喫し、おいしい食事もいただき、珍しい建物を見学。大阪市内よりも5度低い気温の中、さわやかで楽しい時間を過ごせました。M君、ありがとう!

|

« ぶらり千早赤阪村(2) | トップページ | カレー作りました »

堺以南」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

コメント

happy01odamakiさん、お久しぶりです。

懐かしき千早赤阪。。
中高の時に毎年冬に行われた耐寒訓練で
金剛山に登らされました。
周りは景色もわからないほど雪で白一色!
アイゼン着けてエッサホイサと登り、
下りはお尻で滑って降りたりして。。。。
真冬以外に来たことがなかったのですが
こんなにもいい景色の所だったのですね^^

投稿: yuko | 2011年9月12日 (月) 22時06分

yukoさん
こんばんわ。おひさしぶりでーす。

思い出しますね、耐寒訓練で金剛山、大阪の中高の定番ですね。寒い中を必死で登って、滑って降りた、同じ記憶ですわ~^^

春夏秋、それぞれ素敵な自然の味わいがある山ですよ。

大阪市内から近いのでホッとしますね。

そうそう、雪の金剛山の記事がでてきましたので、よかったら見てやってください^^→ http://odamaki1031.cocolog-nifty.com/osaka_no_katasumi_kara/2008/12/post-bd7e.html

投稿: おだまき | 2011年9月13日 (火) 18時51分

ご家族で行かれた金剛山登山のお話、楽しく読ませていただきました。

臨場感にあふれていて、
「やっぱりこうなってしもたか、せやけど行かんとあかん」
のくだりではドキドキものでした^^
「お弁当はそれぞれが持つ」のはポイントでしたね^^
それにしても、皆さんが無事に合流できて良かった、良かった ヽ(´▽`)/

投稿: yuko | 2011年9月13日 (火) 23時02分

yukoさん
読んでいただいてありがとうございます。

なんか珍道中でオハズカシイような内容でしたが、近郊の山でも場合によっては遭難もあり得る、ヒヤっと登山でしたね。

でも今は印象的な思い出で、家族の話によくでてきます~^^

投稿: おだまき | 2011年9月14日 (水) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぶらり千早赤阪村(2) | トップページ | カレー作りました »