« 燻製作り ②豆腐 | トップページ | 月見の酒 »

2011年9月11日 (日)

長居公園 1964年/2011年 Part1

Dsc06391

今の長居スタジアムから南東方向を撮影しました。ちょうどセレッソ大阪の試合があったので観戦がてら良いポイントを探してパチリ。一面の緑です。手前は長居プールの一部。

1964年の長居陸上競技場の上からほぼ同じ南東方向の様子です。Img_0005_2

向こうに鷹合町の鉄筋住宅群と高い給水塔が見えます。その手前に大池があり、さらに近くには添え木をした公園樹木の育成が始まっています。

その中あたりに木造の小屋や建物が散在していますね。

これは1959年に廃止になった「大阪競馬場」の厩舎など、関係の施設です。馬場トラックは写真の右あたりに広大な面積を占めていました。(地図のオレンジ色が今の長居スタジアム。その下に競馬場。なお地図は1956年発行を使用。)S27_001_3

祖父に連れられてスタンドから観覧したり、南側のだだっぴろい広場でお弁当食べながら見たり、競馬見物が小学校時代の記憶^^

厩舎周りには、そこかしこにU字型の「蹄鉄」が落ちていたりしたし、住宅地の道を、お馬さんがカッポカッポお散歩してるのは幼い眼に焼き付いています。デッカイうんちをして歩くので、うんちを拾う車があとからついてきていたということもありました(笑)

友達と厩舎に馬を見に行って、後ろ足で蹴られそうになったりしたので、その後はあまり近づかないようになりましたね。

鶴ヶ丘駅の近くは、馬券が散乱していたり、車も結構いっぱい集まって来て周りからいろいろ意見が出てきたのか1959年に廃止となったようです。

陸上競技場を建てた場所は主に「大阪中央競輪場」があったところで、1周500m、観客25000人というから立派な施設でした。結構人気があって、競馬より売上は良かったそうですが、1962年に最終レースが行われ廃止となりました。

お隣の中層住宅の屋上から、シャーッと走り抜ける自転車集団を一度だけ見たことを覚えています。

臨南寺に近い南側のところに「オートレース場」もあったらしいですが、その騒音のすざましさから半年も経たないうちに取りやめになったそうです。

上の白黒写真のやや左に「ポプラ」の木が数本、見えませんか。当時、自然生えの樹木として、とても美しいものでしたので、66判のリコーフレックスで後年に撮影しました。

025

私の想い出の木、思い出の写真ですが、残念ながら今はありません。

今昔の写真を見ながら、長居公園創世記のことを記してみました。

|

« 燻製作り ②豆腐 | トップページ | 月見の酒 »

東住吉・住吉・あべの界隈」カテゴリの記事

コメント

懐かしいですね~長居公園!
臨南寺はうっそうとした大木があって
ドングリなんかを拾って遊んだ記憶があります。
長居競技場で世界的な試合が行われるなんて
あの頃は考えてもみなかったです^^
この前、東京に戻る時、飛行機の窓から
競技場が白いドロップのように光ってみえました。

投稿: yuko | 2011年9月12日 (月) 22時27分

yukoさん
臨南寺、そうですね、うっそうとしていて、怖いくらいでした。今ドングリは公園のほうで見つけることができます^^

スタジアムがあるおかげで、世界につながってる感覚がうれしいですね。

空から見えた「白いドロップ」、素敵な表現です。私も上空から見てみたいな^^いいことを聞きました。

見ていただいてありがとう^^

投稿: おだまき | 2011年9月13日 (火) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 燻製作り ②豆腐 | トップページ | 月見の酒 »