« 住吉ポタリング(1) 「爽月」そして「無学」 | トップページ | 住吉ポタリング(3) あべの北畠の迷谷へ »

2011年8月 8日 (月)

住吉ポタリング(2) 「ハット屋パン」から「帝塚山古墳」まで

Photo


住吉大社近くでの用事を終え、熊野街道を北へ。屋根に2羽の「鳩瓦」のある作家・藤沢桓夫(たけお)旧宅を過ぎて「ハット屋パン」さんは開いてるかな~、おおー、ラッキー&ハッピー、開店してました。

日陰の床几の前に自転車を止めて、溶ける前に撮影しようとカメラの準備をしておいて、百円を手に差し出すと、おばちゃん、ちゃーんと用意してくれてて、「ハイッ」って・・・ニッコリ~^^

うれしいね、美味しいね、上にシャッポをかぶせたタイプ、最近珍しい。家族連れ3人もニコニコ顔で住吉さんのほうにそぞろ歩き。私、食べ終わりちょっと走ってから、そうそう聞いておこうと店に戻り、奥に引っ込んでたおばちゃんに「おばちゃーん」て声掛けたら、愛想良く「はいはい~」・・・

「すんませーん、ちょっと聞きますけど、ハット屋パンって?」「前はパン屋やってたけど、今はソフトクリームだけ。」「ハットは帽子?」「ハットは、お父さんがシルクハットのイメージでつけた名前よ」とおばちゃん。ありがと!謎が解けたよ~^^

熊野街道をさらに北へ。「蟻の熊野詣で」といわれた時代、この街道は人の波やったんかなー、と想いを巡らせていると、「住吉名所 十三佛」の文字。ここ宝泉寺は平安時代、「往生要集」の名僧・恵心が開祖。後年、宝泉上人が再興して、自ら近在で掘り出された巨石を十三体の石仏に刻んだとのことです。R0014142

結構ほこりをかぶってるけど、なかなか美しい石仏です。この世の安泰と後の世の極楽往生を願っております。

少し気になる道があるので、一本西側で、歴史のある街並みに沿ってを北上しました。蔵のある日本家屋が嬉しいですね。電信柱の存在感が強すぎるけど・・・R0014147

うねうね曲がりながら続くのは古い街道の証し。路面にレンガ色の四角い模様が点々と続いていて、「大阪くらしの今昔館」で住吉界隈の蔵の再生事業のVTRを見たけど、こうゆう感じのが「まちなみづくり」なんでしょうね。いい感じでポタできます^^

おおー、洋館建ての素敵な邸宅。玄関には「文化財」指定の表示がかかっています。煙突があります。そう、暖炉がある応接間、重厚な家具にかこまれて、クラシックを聴きながらブランデーを傾ける・・・かってにイメージがふくらみますね^^R0014150

ブログアップの直後、Dさんから「この洋館はヴォーリズ建築です」とのコメントをいただき、さっそく検索してみましたら、なななななんと、間違いなくヴォーリズ!

大正11年(1922年)の「旧プレスビテリアン宣教師館」。大阪府下では大丸心斎橋店や基督教会などで11ヶ所あって、2件はすでに解体され、4件は「国登録有形文化財」だそうです。

西宮の関西学院(実はマイ母校)など、自然と目に触れる機会が多かったんですが、こんな身近な住吉区にもあったんですねぇ。嬉しいなぁ~^^大発見です!浜寺にもあるって。今度見てこよう^^

そして、なんとなく見覚えのある景色になってきました。右に南海高野線帝塚山駅の踏切、その先に帝塚山学院の玄関。線路沿いあったケーキ屋さんの「菊一堂」によく来たなぁ。かなり前になくなったけど。今は「ポアール」のひとり勝ちやね^^和風なら「福寿堂秀信」^^

さて、これまで通り過ぎていた「帝塚山古墳」をちょっと見学してみました。R0014152

柵手前にもある説明板を読みますと、なかなか大きな古墳みたいで、民家に囲まれていて全貌は見えませんが、ヤフー地図の航空写真で確かめますと、その巨大さが把握できます。

ちょっとWiki検索してお勉強してみました。『現在は、帝塚山古墳は一つだけだが、明治時代までは、俗に「大帝塚」と「小帝塚」と呼ばれる大小二つの古墳があり、この地に館を持っていた古代豪族の大伴氏の大伴金村とその子の墓とされていた。大帝塚の方は、現在の大阪市立住吉中学校の敷地となり、小帝塚の方が帝塚山古墳として現存している。前方後円墳。』

明治天皇もこの上から陸軍大演習をご覧になったそうで、てっぺんにその碑が建てられています。

本日はここまで~^^(あと1回つづく)

|

« 住吉ポタリング(1) 「爽月」そして「無学」 | トップページ | 住吉ポタリング(3) あべの北畠の迷谷へ »

東住吉・住吉・あべの界隈」カテゴリの記事

コメント

この洋館はヴォーリズ建築ですね

投稿: @De_N_cHu | 2011年8月 8日 (月) 20時01分

@De_N_cHuさん
こんばんわ。はじめまして。ブログみていただいてありがとうございます。

コメントいただいて調べましたら、まさにそのとおりでした。びっくりです。

感謝感激!阪神間のヴォーリス建築は見るともなしに目に入っていましたが、この地にあるとは!

奥が深いですね~。追記することにしました。またいろいろ教えて下さい^^

投稿: おだまき | 2011年8月 8日 (月) 20時21分

いよっ 仕事が早い!!(笑)

投稿: @De_N_cHu | 2011年8月 8日 (月) 21時31分

@De_N_cHuさん
えへへ、ヴォーリズと聞いてすごく嬉しかったもんで~(笑)

投稿: おだまき | 2011年8月 8日 (月) 22時00分

かわいらしいソフトクリームですね~
懐かしい味を想像してしまいますぅ

ヴォーリスの建築…近江八幡で、たくさん見てきましたよ~

ポタ…充実ですね~♪
楽しそう♪

投稿: canae | 2011年8月 9日 (火) 13時06分

canaeさん
近くなんですが、いろいろ新しい発見があるので、面白いですね。

近江八幡はヴォーリズ建築の宝庫ですね。ゆっくり見ていないのでぜひ一度伺いたいものです。

投稿: おだまき | 2011年8月 9日 (火) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 住吉ポタリング(1) 「爽月」そして「無学」 | トップページ | 住吉ポタリング(3) あべの北畠の迷谷へ »