« 食楽「板垣」@芦屋・茶屋之町 | トップページ | 山マグネット@スイス »

2010年8月28日 (土)

どちらかと言えば「高原バッジ」

002 最近何度目かの登山ブームだそうで、ぼくも先々月久しぶりに「二上山」にハイキングに行ったりしましたが、その後たまたま雑誌「山と渓谷」を見ていたら、「山バッジ展」の記事に遭遇。

昔流行ってたのを想い出し、どこかにあったなぁ、とちょっと探してみましたら、けっこう黒ずんでましたが、8個でてきました。

大学時代から社会人になって、北アルプスを中心に、ピークを踏んだ山は沢山あったのですが、いま手元にあるバッジは、「山」でなく「高原」のバッジでしたね。

「上高地」と「美ヶ原」のバッジは、1961年8月9日・10日と裏に彫ってあって、中学生の頃です。父親が信州好きでしたから、夜行列車の「ちくま」号に揺られて行ったのですね。

「穂高」のバッジは1965年7月31日ですから高校生でした。クラスの友達3人で行ったやつですね。

乗鞍、霧ヶ峰、志賀高原はもう少し早く、小学生の頃のバス旅行と記憶しています。

戸狩と妙高高原はスキーでした。戸狩は中学の友人と、妙高は高校の冬の行事で、合宿っぽかったな。

流行りで買ったのでしょうが、ひとつひとつに思い出が詰まっていて、友の顔、先生の姿が浮かんできます。

下の写真は、めめさんのご両親が昔ドイツに行ったときの、ドイツ最高峰の山バッジ。立体的で魅力的ですてきなバッジです。下のシートは手近なものを使いました。007

|

« 食楽「板垣」@芦屋・茶屋之町 | トップページ | 山マグネット@スイス »

おだま記」カテゴリの記事

コメント

私も 妙高へ 高校の行事で行った記憶が有ります。あの時って 引率の先生いたのかなってくらい ええ加減だったような記憶が有ります。下山時は トボトボと独りだけで歩いていたような・・・・。

投稿: chiko_chan | 2010年8月28日 (土) 20時46分

確か高校一緒でしたよね?私は20期だったから・・・・・。
妙高へ行ったのは 夏だったような記憶が・・・。
 

投稿: chiko_chan | 2010年8月29日 (日) 07時14分

>chiko_chanさん
そうでした、生野高校19期生です。

妙高は関燕スキー場で冬です。大勢がゼッケンを付けて並んで順番にボーゲン、、、ちょっと出来るF君なんか、クリスチャニアでかっこよかったな~。。。

夏は霧ヶ峰で、学校とは違うニコニコ顔の某先生の顔を思い浮かべます。

生徒の数が多すぎて先生の印象が薄いのかもしれませんね^^

投稿: おだまき | 2010年8月29日 (日) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139342/49267219

この記事へのトラックバック一覧です: どちらかと言えば「高原バッジ」:

« 食楽「板垣」@芦屋・茶屋之町 | トップページ | 山マグネット@スイス »