« 箕面の滝に遠足 | トップページ | 串本の旅(1) »

2010年8月13日 (金)

極薄作りの器

008 白土で作った極薄作りの陶器。

直径14cm、高さ7.7cmになりました。

6月23日に手びねりで作った当時は15cmと9cm。

予想では乾いて、さらに焼き縮んで13cm、7.5cmくらいになるかと思いましたが、案外少なかった。

わりと乾いた状態で作っているからかも知れません。。。

本焼きでも形の歪みはほんの少しだけでした。

釉薬のかすみ透明、先生が言われるように、さっと掛けたところは輝きがあり、二重に掛け過ぎたところは、マットになってしまいます。

ピカーッとガラス質になるのが、ぼくには嬉しいな^^

次はいいのが出来ますように!!!

|

« 箕面の滝に遠足 | トップページ | 串本の旅(1) »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

わぁ!
あの作品が完成したのですね♪

素敵ですね~

実物を見れなくて、残念ですぅ

陶芸へ行きたくなりました♪

投稿: canae | 2010年8月17日 (火) 12時43分

>canaeさん
できるにはできましたが、天使の指、神の手は遠いところにあります。

うまくいったりいかなかったり、それが陶芸の面白さでもありますね。

最近は作ってないんですか~、またいいのを見せて下さいね^^

投稿: おだまき | 2010年8月17日 (火) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139342/49130294

この記事へのトラックバック一覧です: 極薄作りの器:

« 箕面の滝に遠足 | トップページ | 串本の旅(1) »