« 氷河特急事故のこと | トップページ | 再びクライネシャイディック »

2010年7月26日 (月)

ユングフラウヨッホへ!

142 標高2061mのクライネシャイディックから、3454mのユングフラウヨッホまで、約50分かけて登山列車で上ります。

アイガー北壁にトンネルをくり抜いた鉄道で、開通してすでに98年、もうすぐ100年という歴史があるんですよ!

途中のアイガーバント駅の展望台から窓ガラス越しに見えた北壁の一部ですね、恐ろしい急角度です!041

足元を見下ろすと、緑の草原や道、遠くには家々がちっちゃく見えますね。足がすくみますが、すばらしい景色!040

そうこうしているうちに3454mのユングフラウヨッホに到着です。ユングフラウの頂上が美しい!

広がるアレッチ氷河。このあたり全体は世界遺産に登録されているそうです。051

ユングフラウうをバックに記念写真。ほぼ零度に近いので完全武装、それにすごくまぶしいため持参した古典的なサングラスをかけました^^146

氷河を掘って作った「氷の宮殿」を見たり、ちょっとはしゃいだおかげで、頭クラクラ、足元がふらついてきました。高山病の気配。。。チョコレートやアメちゃんで栄養補給・・・なんとかしのぎました^^

ユングフラウヨッホを堪能しましたので、再び登山列車に乗ってクライネシャイディックに戻りまーす。

|

« 氷河特急事故のこと | トップページ | 再びクライネシャイディック »

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139342/48982805

この記事へのトラックバック一覧です: ユングフラウヨッホへ!:

« 氷河特急事故のこと | トップページ | 再びクライネシャイディック »