« 皐月のカレンダー | トップページ | 和歌山の旅(1) »

2010年5月 2日 (日)

手作りブックカバー

Bookcover_0021 うちには生地が山ほどあります。めめさんが洋裁に使うのに何年も昔からストックしてきたもので、ハギレもいっぱいあります。

ちょっとしたいきさつから、「文庫本のカバーを作ったら」って言ってみたら、ごらんのような感じのが出来てきました。

なかなかチェック柄がかわいらしいでしょ!

ところで、右の中身は「使命と魂のリミット」。東野圭吾の本はほとんど読みました。

大阪出身やからか、面白さの感覚や論理の肌合いが合うミステリー作家です。

「しのぶセンセ」なんか、大阪弁満載で笑います^^

本文に犯人を明かしていない「○が△を殺した」の2作がいちばん魅力的かも。

ま、どの作品もが、ググッと引き込まれてしまう面白さがあります。

左の中身は、「海辺のカフカ」。ちょっと顔をのぞかせている「ノルウェイの森」とともに村上春樹作品は、「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」「ねじまき鳥クロニクル」「1Q84」など、長編はほとんど読みました。

もしくは、ある意味、読んでいるところ、かも。。。

とてもユニークな登場人物、表現力の素晴らしさ、ミステリアスで内省的なエンターテイメント、つい読み返してしまうメタファーの連続^^

小説は楽しいですね^^

めめさん、これからお友達プレゼント用にブックカバーをセッセと作るみたいですよ^^

|

« 皐月のカレンダー | トップページ | 和歌山の旅(1) »

洋裁・リフォーム」カテゴリの記事

コメント

素敵なブックカバーですね~
かわいいです♪

本を読むのも、更に楽しくなりそう♪

東野圭吾…本棚に何冊もあって、読んでないのもあるので、
おだまきさんがおススメのものから読んでみようかなぁ~

今、読み始めたばかりのものが終わってからになりそうですが(>_<)

投稿: canae | 2010年5月 7日 (金) 12時33分

>canaeさん
ありがとうございますです。

これを手作りする人はあまりいないと思いますが、できあがってみるとなかなか面白いもんです^^

東野圭吾、けっこうお持ちのようで・・・さすがお目が高~い!?

犯人がわかったら教えてくださいね。

投稿: おだまき | 2010年5月 7日 (金) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139342/48245692

この記事へのトラックバック一覧です: 手作りブックカバー:

« 皐月のカレンダー | トップページ | 和歌山の旅(1) »