« 筒井康隆さんと「十三間道路の終点」 | トップページ | 筒井康隆さん 連載「漂流」 »

2010年4月18日 (日)

筒井康隆さんと「田辺キネマ」

017 うれしいですねぇ!「田辺キネマ」!

子供の頃、映画はまずココでした。筒井さんの時代は「ターキー」と呼んでたそうですが、僕らは「タンキ」やったように記憶してます。田辺中学を「タンチュー」て呼んでましたし・・・

僕らの昭和30年代は映画全盛期、あちこちに映画館ができた時代でした。多いときで東住吉区内に9館あったそうです。

南田辺商店街のそばにあったバンビ劇場、かわいい名前でした、覚えてます?田辺大映、針中野東映など・・・!阪和線南田辺駅の西側(阿倍野区)にも南田辺東宝がありました。

ちょっと歩けば映画の大きな看板があったんです。

多かったのは時代劇、いわゆるチャンバラ映画ですね。映画のおしまいあたりで正義の味方が馬に乗って悪者をやっつけに駆けつけたりする場面では、必ずお客さん全員で「拍手」して喜んだもんです。

あと森繁久弥の社長シリーズも観ました。父に連れられて・・・ちょっと大人っぽい映画でしたが、客席のみんな良く笑ってましたね。

「地球防衛軍」というタイトルの映画、地球征服を企む宇宙人から地球を守るという内容で特殊撮影のインパクトがすごかった。すごく興奮した記憶があります。

こんな中、現在も残っているのはこの「田辺キネマ」だけ。建て替えられて二階になりました。田辺国際劇場も併設です。2_027

それと、二本立て、立派にやってますよ!

何年か前に観に行きましたが、客席もレトロな雰囲気で、なんともいえずいい感じでしたね^^(つづく)2_030_2

|

« 筒井康隆さんと「十三間道路の終点」 | トップページ | 筒井康隆さん 連載「漂流」 »

東住吉・住吉・あべの界隈」カテゴリの記事

コメント

「つづく」は「行き止まり」で終わりかと思ってましたが。。。
まだ「つづく」なんですね。
楽しみです。

あの道路があそこで「行き止まり」だったとは
まったく知りませんでした。

今は阪神高速の側道が交番で「行き止まり」なのにビックリはしました。

実家は文の里なので
地下鉄御堂筋線の昭和町辺りに穴があって
地下鉄が通ると風が吹き出すんです。
それが面白くてよく行ったものです。

映画館は王子町に在ったの覚えています。

そこは王子商店街のつづきだたらしいです。

かの有名なビリヤードやさんのとこです。

はやし製菓本舗というお煎餅屋さんは今でも
1枚1枚手焼きしています。

大阪言葉の手焼き煎餅はお使い物に良く使います。

大阪の名所を模ったチッチャイお煎餅もお勧めしときます。

阪堺線松虫駅が近いかと。。。


「つづき」がどうなるのか。。。

ノスタルジックcarouselpony


投稿: ココ | 2010年4月19日 (月) 11時32分

>ココさん
昭和町の地下鉄が天井がなくて、電車が上から見えたことを覚えています。

王子神社の近くに親戚がいて、面白いから見に行こうと連れていってもらいました。

穴から噴き出す風のことは知らなかったな~。


王子商店街もいろいろ楽しいですね。何年か前に探索してムシパンを買ったりしました。

煎餅屋さんも美味しそう!

このシリーズ、つづくと言ってももう1回だけですが、たまにブラっと「昔の大阪」を歩くのもいいもんですね!

投稿: おだまき | 2010年4月19日 (月) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139342/48098869

この記事へのトラックバック一覧です: 筒井康隆さんと「田辺キネマ」:

« 筒井康隆さんと「十三間道路の終点」 | トップページ | 筒井康隆さん 連載「漂流」 »