« やろく@住吉大社前 | トップページ | アモーレナオミ@喜連瓜破 »

2010年2月19日 (金)

ご近所の古き懐かしいものたち No.13

019_edited1 久しぶりのご近所文化遺産シリーズです。

有名な「石窯パンのゴッホ」の近くのこの辺りは、戦前に新しい住宅地として開発された場所で、当時「松原」といわれていましたので「松原荘」と名付けられたと聞いてますが、かなり贅沢で重厚なつくり方をしたのでしょう、石造の部分にその名残が濃厚な建築遺産やと思います。

特に手前の六角柱の石柱。

上のほうに穴があって、チェーンを連ねる車止めのような性格で、写真の右のほうにもいくつか残っていますし、加えて住宅自体は階段で5段上がった高台に建てられていて、いつ見てもここは何か特別な存在のように思えます。

|

« やろく@住吉大社前 | トップページ | アモーレナオミ@喜連瓜破 »

東住吉・住吉・あべの界隈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139342/47577885

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所の古き懐かしいものたち No.13:

« やろく@住吉大社前 | トップページ | アモーレナオミ@喜連瓜破 »