« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月29日 (木)

淀川クルーズ

025 28日、ちょっと小旅行してきました。先日の「木津川クルーズ」の続編で、枚方から天満の八軒屋浜まで、2時間の船旅。

見どころは、広い淀川の真ん中を「三十石船気分」で下っていけるのと、「毛馬のこうもん」です!

029 「閘門」のゲートが開いて、中に入り、閉まったら大川と同じ水位まで調整します。1m50cmくらいの差があるそうです。パナマ運河の超ミニ版。

順序が逆ですが、出発地点の枚方の船着場。とても広い芝生の先に、アクアライナーが停泊していました。80人ほどの人数やったと思います。晴れて気持ちの良い日で良かったです。001

鳥飼大橋です。モノレール、近畿道、中央環状線の上下6本の橋がかかっています。007

城東貨物線の長い鉄橋です。橋らしい橋ですね。淀川の幅は700mですから、そりゃ長いはずです。川を行くと、自然に満ち満ちた広い大阪を体感できますね。016

これは水道の橋で、柴島浄水場から市内に配水しています。淀川からは周辺の町や会社が取水していて、全部で22ヶ所あるそうです。019

毛馬のこうもんのところに「大堰(おおぜき)」があって、これにより淀川をダムとして水を貯めて取水しやすくしているとか。

大堰から下流を「新淀川」といい、塩水が混じる汽水域で、これは取水する飲み水には適しません。毛馬のこうもん辺りの「秘密」が今回でよくわかりました。

毛馬は海からかなり上流ですが、昔から海の魚の「スズキ」が釣れるので有名。一方、淡水魚のコイ釣りも盛んですが、大堰が川を区切っていて真水と塩水がはっきり分けられているので、そういうことか~、とナットクです。

毛馬こうもんの全景。右が船の通路、真ん中は洗い堰という階段状の水路、左の幅の広い部分は大川の水が溢れないように組み上げるポンプ群です。031

堤防と水ばかりでは?いえいえ船中では、三十石船の唄を聞かせていただいたり、先人の洪水との闘いの歴史や、最近のウオーターレタス被害、府営住宅の不思議な○や□のマークの謎?など、飽きることがありませんでした。

偶然でしょうか、木津川を案内してくれた船頭さんにまたお会いできたのも良かったです。

またいいコースがあったら乗船したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

釜揚げうどん 「一心」@長居

001 八尾で有名な釜揚げうどんの「一忠」のお弟子さんが地下鉄長居駅前で開いた「一心」は、うどん店として以前から気になる存在でした。

「釜揚げうどん」だけ、のシンプルさが、グッときます!

要領がわからないので、はじめてでーす、と言って、太い麺の釜揚げを注文しました。

おつゆは、大きな徳利を置いたまま、こうゆうふうに傾けるんですよ、って、入れ方を教えてもらいました。

常連さんの様子を見ていますと、大きなしょうがをガリガリとおろしています。それがもうたっぷりと、これでもかー、っていうくらいなので、驚きましたね。

沢山のきざみネギも入れて・・・それと薬味がスゴイ!こんぶとか、かつおぶしとか、あれこれいろいろあるんです。

面白いですねー。

「テッテイして高品質なひとつ」を追求すれば、そこに奥深い魅力がうまれるもんですね^^

うどんは、つるつるっとのど越し柔らかな、いい麺でした。また一軒、やみつきになりそうなお店ができました。

「釜揚げうどん 一心」 大阪府大阪市住吉区長居東3-4-21 エメラルド長居 1F  06-6697-1141  火曜日定休 我孫子筋沿いで、地下鉄長居駅前の長居小学校を南にすぐのところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

ぷくぷくの丹波黒豆と万願寺ししとう^^

004 先日友人のM君が「お土産~」といってわざわざ車で持ってきていただきました。

一番の獲物は、新鮮な日本海の鯛と30cmクラスのアジでしたが、調理したり食べるほうに余りにも熱心になってしまい、撮影し忘れ(トホホ・・・)

アジの刺身、わたくしが3枚おろししまして、メッチャうま!残りのアジは塩焼きで、これまたすごい美味!鯛は味噌漬けに。

M君たちは日本海からの帰り、なんともゴージャスなことに丹波篠山の「奥栄」というマツタケ料理のお店に立ち寄ったとか。お店で販売していたのがこの黒豆大豆でーす。

003 もうひとつ、「万願寺ししとう」。13cmくらいの丹波特産品で、焼いて食べましたが、辛味より甘さがあってすっごく美味しい。

いやいや、最高ですね!M君、ありがとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

ご近所の古き懐かしいものたち No.12

011  シリーズ12回目は前から気になっていたお宅の、ステキな建物です。

ここまで完璧な木造には敬服します。山小屋風のようにも見えます。維持されていることが素晴らしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

おいしそうなカップでーす^^

007 最近の陶芸はこれです。トロリとしたシュガーテイストな白いカップ。ちょっぴり地肌がのぞき、味のある粉引です。

当分コレで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

はり重ですき焼きパーティー

013 誕生日を二人一緒にお祝いしました。9月と10月なので、その中間くらいの日にちで・・・

御堂筋と道頓堀の角にあるので、前は何度も通ってるんですけどね、それにカレーショップは知ってるし、レストランにも入ったことありますが、お座敷は初めてです。昔はとても敷居が高い気がしましたけど、今はなんとか手に届く感じになりました。

ここのすき焼き、「割りした」を使います。関東式です。あっさりして、適度な甘さで、これも美味しいですね。それに味が最後まで安定してるのがいいところでしょうか。

いやはや、たっぷり食べて、満腹でーす^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

マイ・ココログ・ブック No.2

017 このブログの大きな楽しみ、それは「本」にすることです。

ココログ・ブックスに申し込んで3週間くらいで自宅に到着。開けて見るのがなんかウレシイ。印刷も良い仕上がりになってます。

がんばって書いたからか、ちょっと太目の330ページ。一冊目は260ページでした。

あれー、2年前、そんなことやってたの?とか、そういえば食べに行ったね、あの店!とか、陶芸の作品、なつかしいなー、など、忘れていたことを思い出したり・・・本にすると新しい発見があるもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

陶板スタンド・・・はがき・写真もOK

006 昨年に作ったピースの陶板ですが、けっこう長い間、飾るのに良い方法はないかと、探ってきました。

そこで、このほど先生に相談してみますと、一発回答でした。それがこれです。小さくて、重さもあるので、十分用が足せます。

細いスリットのほうは、写真とかはがき用です。このはがきは、孫のSちゃんから来たのんです。007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

解体現場の芸術

034 ボランティア活動でクリーンキャンペーンをしています。先日、たばこの吸い殻や空き缶などを拾いながら、西区のうつぼ公園近くまで来た時、素晴らしい現場を発見しました。

拡大していただくとわかるのですが、足場の解体を、作業員の方がタテに一列に並んで、上のパイプを順に下ろしていってます。

とても美しい流れるような仕事ぶりで、細いビルの形状とあいまって、芸術的やなー、と思わず声がもれるような、ステキな解体でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

陶塾の黒ネコちゃん

038 陶芸教室の子猫ちゃん、久しぶりに大きくなって登場!

元気のかたまりで、教室を飛び回っています。そんな中、寝起きで見せてくれたポーズです。

ヨガで言う「猫のポーズ」ですね^^

シャッターチャンスを逃さず、パチリ!

もう一枚、キリッとした、しっかりしたお顔立ちです。040

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

住吉大社の実りの秋です

002 住吉大社の御神田です。神社に田んぼがあるので最初は驚きました。豊作ですね!

毎年10月17日に「宝の市」という行事があるそうです。「宝之市」とは、文字通り、神の御恵みによって得られた「お宝」を指します。つまり稲作りに励んだ結果できたお米をはじめとするさまざまな生産物を神にお供えし、その残りを庶民で分け合うというお祭りを、具現化したものだそうです。

先立つ6月14日に「お田植え神事」が行われます。昔むかし、神功皇后が田んぼを設け、御田を作らせたのが始まりだといわれています。母なる大地に植付される苗には、強力な穀霊が宿るものとして考えられていました。田植えに際して音楽を奏で、歌をうたい踊りや舞を演じるのは、田や植付する苗に宿る穀物の力を増やすためです。穀物が豊かに育ち、稲穂が十分に実る秋を迎えるための儀式として、今でもおごそかに行なわれているとのことです。

御神田はいつも見ているのに、行事はどんなんでしょうか、一度来てみたいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

ぐい呑み 野武士風

008 荒っぽく、野武士風のぐい呑みです。

釉薬は唐津黒といいます。ちょっとした工夫で黒がけっこう際立った感じになりました。

009 裏を見てください。高台に気合いが入っていまーす^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »