« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

徳島の旅(3)・・・民宿ゆきや荘

061 1日目の宿泊は、椿泊の民宿「ゆきや荘」です。海の幸をいただくならここ!と聞いてやってきました。

うみがめのカレッタと海水浴場を、ちょっと行ったり来たりしたあと、少し戻るかたちになりましたが、阿南市の南側から突き出した半島の先にある椿泊という漁港に向かいました。

ゆきや荘の案内では、2km手前の駐在所のあたりに着いたら電話下さい、車で迎えに行きます、とのことでしたので、一体どうゆうことになるのか、そうとう狭い道なんやろなー、軽自動車でピストン運転するのかな?くらいしか考えていませんでした。

065 やってきたのは、ミニバンです。こちら一応7人ですから、おかげさまで1度に乗車できました。そしてこのあとのドライブがすっごく面白かった。

椿泊の狭ーーーい道を、ゆきや荘の方、スイスイ軽快に飛ばしてゆきます、カギ形に曲がるところや、両側の家が迫ってきている間を、スレスレで走り抜けます。ヒャー、とかエエーッ、ここを行くのー、とか、そんじょそこらのアトラクションよりスリリングです。一番狭い難所は、さすがにゆっくりと抜けました。

072 あとで調べると、これは、椿泊が阿波水軍の本拠地だったことから、町全体を城郭都市の造りにしたようなんですね。これだと攻め込まれても容易に落ちないと思います。

このときにひらめいたこと・・・椿泊はベネツイアに似ている。。。町に入る車は手前で止めておいて、街中には別の専用車で入るのが、ベネツイアが車を手前で止め、あとは専用のボートでホテルまで行くっていう感じにそっくりでした。。。勝手な思い込みでしょうか・・・

064 「ゆきや荘」は目の前がすぐ海、きれいな港に面しています。潮風が気持ちいい!

053 ここのメインはもちろん海鮮料理です。どっかーんと、カワハギ、ホウボウ、イサキなどの刺身、カニ、タコ、タチウオの塩焼き、グチの煮たの、一人分だけイセエビとアワビを注文。テーブルがこれらの料理で満載です。

このメンバーでは食べきれません。でもがんばりましたよ、お腹いっぱいです。ここには美味しい料理を食べに大阪からクルーザーで来たっていう話も聞いたことがあり、魚料理を食べるなら「ゆきや荘」ですね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

徳島の旅(2)・・・田井ノ浜海水浴場

024 うみがめの「カレッタ」のある日和佐から、海沿いの新しい道ができていて、10分少々で海水浴場に着けます。

JR田井ノ浜駅のそばの駐車場に車を止めて、そこから浜へ・・・

011 それが、とっても楽しいことに、駅そばの狭い柵の間から、レールをまたいで、そのまんま浜辺に降りて行くのですよ^^

こんなシチュエーション、大阪ではアリエナイので、、、みんな、これは面白いって、わーわー言いながらです。めったに列車は来ないけど、左右を確認して、大丈夫やでー、って。

014 もうすでに電車が大好きなおチビちゃんは、お母ちゃんの手をにぎりしめ、しっかり線路を渡って歩いていきました。

020 ここの駅は、夏休みの1時期だけ臨時停車しますが、1日に上下あわせて8本です。朝から来ていた小学生達が帰るみたいです。レトロな列車で、いい感じですねぇー^^

037 みんな帰ったあとの浜は、数家族だけのプライベートビーチになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

徳島の旅(1)・・・うえるかめ

039 徳島市内から徳島県東海岸を太平洋に向かって南下すること2時間余り、海部郡美波町の日和佐うみがめ博物館「カレッタ」にやってきました。

「うえるかめ」は、9月28日から始まるNHKの朝の連続ドラマのタイトル「ウエルかめ」から。

ドラマは、美波町出身のヒロインが人々との出会いを通じて成長していくという内容で、この町が舞台になるそうで、いたるところに「美波町が連続ドラマの舞台になります!」って書いてあります!ちょっぴりサキドリして嬉しい。

008 大浜海岸はうみがめの産卵地として有名で、日本の渚百選のひとつ。500mの白浜が続きます。年に平均20頭くらいが上陸して産卵を確認できるそうです。海水浴はできませんが、波も砂もすっごくきれいです。

044 午後4時から、子ガメとふれあい会があって、今年生まれたちっちゃいカワイらしいのをさわることができます。

単三電池くらいの重さ、甲羅も少し柔らかいと思うのは気のせいでしょうか。去年の少し大きいうみがめにもふれあえます。

おチビちゃん、珍しい体験ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

陶塾のやんちゃな子猫

014_2 陶塾のやんちゃな子猫ちゃんです。

元気やし、なにでも興味しんしん、好奇心旺盛で、「ゴンタやー」って先生。

かわいい、って思うわけが、よーーーく分かりますね!

立ちあがってジャーーーンプゥ!

二足歩行中にも見えます^^

最近の名前は「アメゴン」だそうです。ゴンタのアメリ。。。

生まれて2カ月目、大きくなったもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

藍ちゃん 優勝!よかったー!

003 朝、新聞を取りに行って、一面に「宮里藍 初V!」の文字、おおーっ、やったね藍ちゃん、がんばったなー、良かったなーって、とても嬉しい!

1打差で迎えた最終日、どうなるかと思っていたけど、結局プレーオフやったんやね。

テレビでニュース映像で見たら、2打目をバンカーに入れ、そこから1mに寄せてバーディで振り切った。すごい精神力!紙一重の差でもぎとったっていう感じやね。

とても冷静に自己コントロールできていたのが言葉やショットなどから伝わってきてました。

4年前に華々しく登場して、当時、藍ちゃんモデルのドライバーを特別に借りて試したことがあったけど、とても歯が立たない硬さのシャフトでびっくりしたことがあったっけ。渡米のあとは低迷が続いて、ようやく最近盛り返してきたところで、今回の優勝です。ほんと良かった^^

最近ぼくもスイング改造がうまくいきそうだし、藍ちゃんを見習って、もっと上のレベルを目指すぞー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

初めて母校へ 大阪府立生野高校

001 「ごくろうさまでーす!」 「こんにちわー!」

うれしいなー、通用門を入ってすぐ、部活動中の男子学生から声を掛けてもらって・・・友人のM君 「がんばってやー」って、お返しの一声。つい僕も「こんにちわー」。

高校の1年のクラスが結構仲良かったので、先日N君、I君と飲み会して、先生も高齢やし、秋にでも久しぶりに集まろか、ということになりました。

その後名簿整理の過程で、急きょ近くに住んで比較的時間のあると思われる私たち二人で、同窓会館に情報収集に行くことになり、母校に、「初めて」(なにかヘン?)やってきたのです。そう、卒業して数年後にはここ松原市に移転したので、来る機会はなかったのでありました。

002 当時は生野区のにぎやかな商店街のそばで、とても味わいのある学生生活を送ったことを鮮明に記憶していますが、、今は住宅と田畑に囲まれ、のどかで明るく開放的な、スポーツと勉強を両立する学園風景に生まれ変わっていて、うわーっ生野ってこんな感じやったんかー、って別の学校にきたような新鮮な気持ちになりました・・・でも一応「母校」なのです。

おかげさまで、どこのおっさんともわからない僕たちに「ごくろうさまでーす!」っていう、それはそれでちょっぴり素敵な体験ができたのでした。

同窓会館からの帰りも、部活の男子、女子、あちこちから声掛けられて、こんなことって、なかなかあるもんでないから、生野高校の卒業生でよかったって、ほのぼのした気分になりました。

そうそう、サッカー選手・宮本恒靖さんは知っていたけど、シンクロコーチの井村雅代さんのサイン色紙を発見!卒業生やったんやー(^^)

最初の写真は、質実剛健の碑。2枚目は、そばに発見した校章「白梅」の木、同期寄贈の文字がありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

ゴルフボールもなか@茨木

004 ゴルフのお土産にいただきました。家に帰って開けてみてびっくり!ゴルフにぴったりです。全くの「もなか」で、味はつぶあん、美味、これ言うことなし、「茨木旬菓庵 蔦屋」さんの特製みたいです。

カード会社のオープンコンペに参加しました。なかなか行けないゴルフ場だし、34組で熱気ムンムン、みんな気合い十分です。

開場が大正12年(1923年)ですから、もう85年前、日本でも古い歴史あるゴルフ場です。初のクラブチャンピオン選手権が1925年。宮本留吉プロ、戦後は宮本省三、杉原輝雄プロらがゴルフ界を席巻、活躍しました。20090722080444

平成18年には日本女子オープン選手権、昨年は谷原秀人が優勝したパナソニックオープンなど、プロトーナメントが開催される素晴らしいコースです。

同組には岡山市からはるばる170Kmをやってきた人もいたり、さすがみんな飛ばし屋で上手です。私は自分なりに楽しんでラウンドしてきましたよ^^

11時6分頃に、雲の切れ間から、部分日食が見えたとキャディさんからあとで聞いて、食事中やったので、残念・・・一応カメラ持参してたのですが。。。

そんなこんなで、「もなか」とともに名門の良さを味わってきた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

オーパ! 鯛とシマアジが釣れたよ!

003 8年ぶりくらいで釣りに出かけました。小学校からの友人K君から、釣りに行けへんかー、とのお誘いあり、近所のS君、もう一人若いM君の都合4人でさっそくゴー!

午前4時起き、4時50分出発して、大阪府・岬町谷川漁港に6時過ぎ到着。もう駐車場はほぼ一杯。6時半に船が出て、数分で「海上釣り堀」へ。谷川漁港の湾内なので、波の影響を受けず安心な釣り場です。

K君が用意してくれたハリスに、これまたいろいろ買っておいてくれたエサから、甘エビを付けてチャポンと投げ入れると、瞬く間にググッと引きがくる、しばし格闘、久しぶりの釣り感覚が嬉しい!まずは真鯛をゲット。

20090720104811 1匹釣れると安心します。友人もぼちぼち釣れ始めています。

ばらしたりして逃がすこともあったけど、少しして、すごい引きが来たー!鯛とは全然違う!K君にドラッグを緩めてもらったりしながら、ようやくタモに収まったのは高級魚「シマアジ」の大きいのんです^^

あともう一匹、シマアジを追加。その後はパッタリ動きなく、他の人の釣果を見るだけやけど、3匹釣れたらもう十分で、釣りに来ていること自体が楽しい感覚でした。

ときどき雨が強く降ったり、遠くでカミナリがゴロゴロ鳴ったり、でも途中から曇り程度の快適な釣り日和で、友人達は10匹くらいは釣れたかな・・・

これまで、船釣り、磯釣り、波止釣り、ルアー釣りなど、いろいろやってきましたが、ちゃんと「お土産」を家に持って帰れる今回の釣りはとっても良かったと思います。

多すぎるからとS君からタイ2匹ちょうだいして、さっそく捌いて、お刺身とアラ煮にしていただきました。新鮮で身が締まっていて美味かったでーす^^

「海上釣り堀オーパ」 大阪府泉南郡岬町谷川  072-499-1111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

今井のきつねうどん

006 道頓堀の今井のうどんは、家で食べても、やはり格別の味がします。

器は塗りの萩模様。いかにも料亭気分で、さらに美味くなりました。

でも実は、この器は「杯洗」というシロモノで、古い木の箱には大正11年と書いてありました。

祖父の時代は、家で宴会するのが普通やったのか、お膳やらなにやら、戦災と疎開を乗り越えて、大事に残されてあったのを最近整理していて、ン十年ぶりかで、それもどんぶりとして使ってみたものです。

4個組で、ほかに水仙、キキョウ、菊の模様がありました。自宅で料亭、です^^009

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

陶芸・小皿

007 新しいイメージで作った小皿です。

直径11cm、厚さ7mm。手ロクロで渦巻き状の波波を作って、オパールっぽい釉薬を流し掛けし、酸化焼成。

釉薬が溶けて、光沢のある白に青みや黄色っぽい色が混じりあい、あでやかな感じなりました。土っぽさも残って、いい味になってます。

家族も絶賛してくれまして、大満足でーす。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

新作の急須です

003 夏らしく、真っ白の急須。

半磁土で形作り、透明釉で仕上げました。

とろんとした味わいの、カワイらしい一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

ラーメン 古潭 @あべちか

006 月に1~2回行く、マイランチ処の一つです。

いつもだいたい10人くらいは並んでいますが、まあ、ラーメンはファストフードですので、そんなに待たなくても大丈夫・・・

創業当時の看板、といっても「表札」みたいなもんですが、席のPOPに写真が載ってあり、これは今どこにあるでしょう?と、書かれてありました。

食べ終えて探しながら店をでると、ようやく見つけ、パチリ、です。

これ、店長さんのアイデアみたいで、出て来られて、「これがそうですねん」と・・・お話。

古潭チェーンの1号店が。このあべちか店で、昭和43年(1968年)だそうです。当時は、8坪くらいで、隣の角店が閉じられた平成10年に今の広さになったとか。

40年の歴史あって、今なお人気のある良いお店やと思います。ぼくのイチオシは、味噌ぎょうざラーメンです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

帝塚山 イタリアン「アンティコ」 抜群です!

002 万代池近くに住むめめ友さんからの口コミで行ってきましたが、さっすがNさん、グルメだけあって、抜群のお店と味で感心しました。

パスタランチ 1260円。まずオードブルで、おしゃれな長皿で女性の好みそうなのがでてきました。一口づつですが、それぞれがいい味で、まずはお腹の気分が良くなります。

006 本日のパスタは3種からチョイスです。ベーコンと有機野菜のトマトソーススパゲッティ、そしてパルメザンチーズとじゃがいものバターソース 黒こしょう風味 生パスタ を選びました。

003 ランチタイムは、ほぼ全員30代帝塚山マダムで一杯。なんというエネルギーとパワーでしょうか。にぎやかで圧倒されそう・・・予約してないとダメと聞いていたので、電話しておいて良かった、来てはやむなく帰る方も何人かいました。

味についてはもちろん言うことなし。ボリュームも十分で、満足マンゾクでーす(^^)

009 昨年の11月にオープンしたそうですが、ネット情報では西梅田から移転してきたとも書いてありました。

南港通りの帝塚山から玉出に向かう坂道カーブの途中にあって、自転車で行ったのは正解でした。

クッチーナ・イタリアン 「アンティコ」 住吉区帝塚山西1-1-24 パレメゾン帝塚山1F  06-6675-4446 水曜日休み 駐車場なし

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

ありがとう 新歌舞伎座!

22_003 なんばの新歌舞伎座が、50年の歴史に幕を閉じました。1958年の開場で、僕の記憶では、主に演歌歌手の座長公演で有名やったと思います。

ときどき何かの縁でチケットをいただき、それなら、と足を運んだことがあります。

天童よしみ、美川憲一、田川寿美、氷川きよしなどなど・・・それはそれは、歌はもちろん演技も芸達者で、すっごく楽しませてくれたし、熱狂的なファンのコールやペンライトも明るくにぎやかで、とても愉快な時間を過ごせたもんでした。

来年には、上六の近鉄劇場の跡にできるビルにて再開するとのことですが、この独特の建物と思い出を、自分なりに記録に残しておくことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

手作り味噌 うまくできました!

004 今年の1月21日に仕込んだ味噌、今年はうまくできましたよ~(^^)

大豆1Kg、米麹1Kg、塩500gを、つぶし混ぜ合わせ、ときどき天地返ししたりして、完成です。昨年は天地返しの手を抜いたおかげでアウトでした。

うまくできると、ホントうれしいですね。指ですくって味わってみると、美味いうまい!(でも、ちょっと塩辛い。味噌汁には少なめで溶いたらバッチリでした。))

これで1年、食事をさらに楽しめそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »