« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

IKEAでランチ

021 お孫ちゃんと遊びがてら、大正区鶴浜のIKEAに初めて行ってきました。

あまり詳しくチェックしてなかったので、どのへんかなー、とナビに住所を入れると、案外近いではあーりませんか。

北加賀屋を過ぎて、ループ橋の千本松大橋を渡り、まっすぐ走るともうすぐ到着!なーんだこんなに近かったの?って・・・

平日だしスムースに駐車場に止めることができましたが、広いなー、2200台のスペースやてぇ。

順路が決まっていて、2階から「→」に沿って見て歩きまーす。

聞いてはいたけど、面白い発想ですね。イメージやコンセプトで統一された小さな部屋が沢山あって、まるで「これはどうですか、あなたのお部屋に」っぽく提案してくれているがエエ感じで、なんとなくワクワクしてしまいます。

余りに広く、いろいろあるので迷路みたいで、同じところを回るはめに・・・そこいらのソファなどで休憩は自由の気楽さが嬉しいです。

残念ながら今回は特に買いたいものもなく、「見ただけ」になったところで、ちょうどランチタイムになりましたので、これまた広いスペースのカフェレストランに入って行くと、なんか外国に来たみたい。スゥエーデン式のセルフとやらで、好きなメニューを注文し、IKEA特製のミートボールなどを味わえます。

三段式セルフカートが珍しく、パチリました。飲み物は、空の紙コップで料金を払い、あとはフリードリンクなんで、これもいいですね。

我が家の結論。これからの暑い夏、涼みがてら来るのもいいぞ、っていうことになっとります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

陶塾の子猫ちゃん

008 陶芸教室「陶塾」にやってきたかわいい子猫ちゃんです。

010 2週間前に見たときは、あまりの小ささにみんなビックリしたもんですが、もう無事離乳したそうで、体も2倍くらいに大きくなってきました。先生、愛情をこめて上手に育ててはります、ニャー。

名前? ですが、それが・・・

014 U先生が最初、「アメリ」ちゃんです、というので、それはいいですねー、前飼ってはったのが「アニエス」やし、こんどはアメリ、いいですねー、っていうことでしたが、実はもう一つ、Y先生命名のとても面白い名前が →→→ 「雲竹斎(うんちくさい)」といいます。表札まですでに作られていましたニャン。おもしろいですねぇー。

どうやら、まだオスかメスかがはっきりわからないのがその理由みたいです・・・

019 さて、名前はいったいどうなるのでしょうか?

そうそう、この「うんちくさい・アメリ」ちゃん、広島のOさんからの紹介でやってきたそうですよ。

それにしてもかわいいですねぇー、この頃が一番かわいいんですって!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

ご近所の古き懐かしいものたち No.11

002  久しぶりにアップします、ご近所歴史遺産シリーズ。

去年3月のNo.5の不思議な門柱が、最近ついに・・・残念、でもやむをえない。

ていうことで、ちょっと休憩してましたが、再開し、あらためて見てみますと、身近なところにさらに素敵な発見がありました。

イタリア旅行でも、レンガが古代ローマで使われていた歴史を目の当たりにしました。紀元前のメソポタミア文明の時代、チグリス・ユーフラテスの頃からあるそうで、それがヨーロッパに渡ったんですって。

明治時代に日本に入り、初のレンガ工場は明治3年に堺にできたんですよ。今や洋風レトロの代表みたいなものですね。

風雪で角が丸くなり、ザラザラした感じが、よけいに歴史遺産っぽさを醸し出していて素晴らしいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

楽しい!マジカル・スターライト・パレード@USJ

007 ユニバーサル・スタジオのナイトパレード「マジカル・スターライト・パレード」は評判どおり、とても素晴らしく、楽しかったぁ!

午後7時45分からパレード開始ということで、余裕を持って到着しスタジオ内をぶらぶらしてると、もうそこかしこの歩道上に席を確保している様子を発見。

有料席のことを聞くと、もう売り切れらしいので、まだ1時間あったけど、メイン通りの場所に僕らも座って待つことにしました。

あと30分、あと15分とアナウンスがあり、お客さんもどんどん増えてきて、いやがおうでも期待感が高まってきます。道の両側は人で一杯です。

まわりの建物などのライトが消され、もうほとんど真っ暗になり、音楽が鳴り始めてスタートしました。

013 おなじみのキャラクターがぞくぞくと現れてきます。もうみんなワーワー、キャーキャーです。僕らもやっぱり興奮してしまいますね^^

023 親しみのあるカラフルなのが、目の前で舞い、通り過ぎていきます。

029 単にフロートだけでなく、人間がライト付きの衣装で踊る姿も面白いもんです。

041 けっこう動きが激しいので、うまく撮れたかな。全部で60枚くらい撮影しました。

060 昔TDLでも見たことがあるけど、USJも同じくらいかそれ以上に楽しいナイトパレードでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

懐かしいマッチ 「青辰」 そして「播半」 

001 家であれこれ整理していたら、マッチがでてきました。懐かしい!って思う方もいらっしゃるでしょう。

「青辰」は、神戸・元町商店街の路地を入ったところにあって、カウンターだけの小さなお店でした。

とても大きな巻き寿司が名物で、穴子としいたけなどの具沢山。とにかくびっくりするほど大きかったことを覚えています。

めめさんのお父さんがグルメで、神戸のいろんなお店によく連れていってもらいました。

阪神淡路大震災で被災されて、今や幻の巻き寿司になりました。もう一度食べたいって思うのは私だけではないでしょう。

002 もうひとつは、西宮・甲陽園にあった料亭「播半(はりはん)」のです。これもお父さんに連れていってもらいました。何かお祝い事のときだったと思います。

一生に一度、来れたら嬉しい、って思う有名店だったので、特に印象深いです。検索すると、谷崎潤一郎作の「細雪」にも登場していたそうで、甲山の中腹の広大な敷地を庭に、和風料亭の建物が何棟も建てられていました。

マッチの裏側。播半の庭の松の木のイメージでしょうか。

そうそう、播半は2005年に閉店したのですが、料理長さんが西宮・六湛寺町2丁目で「立峰」というお店をやっておられるそうで、あの素晴らしいお味を、リーズナブルなお値段でいただけるとのことですよ。

当時、記念にと、たばこ好きだったので、珍しい原始模様の灰皿を買いました。スッキリしていて、飽きのこない灰皿で、今も好きですね。020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

久しぶりに 釜たけうどん @難波

001 難波に行くし、ランチをどこにしようか、、、と「讃岐うどん」をキーワードに頭を回転させてみる → 千日前の「釜たけうどん」に決定。

以前は勤め先が近所だったので、ときどきのぞいてましたが、いつも大勢並んでいたなー。

大阪の讃岐うどんは、ここから始まった、みたいな老舗やし、店主も有名人なので、ここの味を求めてひっきりなしのお客さんです。

注文は「梅ぶっかけの温」。ちょうどいい麺の出来具合に、ぶっかけの出汁も梅干しにぴったりの美味さで久しぶりの感激です。

そうそう、いつも行ってる鶴ヶ丘の「釜ひろ」さん、ここで修業されたのでした。讃岐から、釜たけ→釜ひろへと、味がつながっています。。。

讃岐手打ち 釜たけうどん  大阪市中央区難波千日前4-20  06-6645-1330  ちょうど吉本グランド花月の裏手の通りを南に少し行ったところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

松すしのランチ@鶴ヶ丘

35_002 地元で愛されているお寿司屋さん。昔からこの界隈では、寿司といえば「松すし」やった。だいぶ前に移転して今はJR鶴ヶ丘駅前にある。「まつずし」と発音。

以前家族みんなでお座敷で食べたのをブログにアップしたことがあったけど、「うしお汁」というのがすごく美味しかったなー。

先日はランチで、鯛めし+鯛づくし 750円。

鶴ヶ丘駅前は、讃岐うどんの「釜ひろ」、洋食の「こがねや」、そして和食は「松すし」。そのときどきで自分の食べたいのが美味しくいただけます。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

モレスキンとペリカン

004 最近、万年筆で日記を書いています。

写真は、イタリア旅行の時に毎日ちょこちょこっと書いたモレスキン手帳です。万年筆はペリカン。インクが文字を書いてくれるので、アバウトな書き方でもそれなりに文章になるのがいいですね。

「モレスキン」はフランス生まれ。ゴッホ、ピカソ、ヘミングウェイなどの芸術家達に愛されてきた伝説的ノートブックです。

本屋さんで実際に手に取ってみると、そんな歴史が伝わってくる気がします。

「ペリカン」はドイツの万年筆です。

いつだったか、めめさんとお母さんが、手紙を書いたりするのにちょうどいいと買ったのを思い出し、とてもデザインが良かったので、去年ぼくもカンレキ記念に購入しました。 色はもちろんボルドー赤です。
これで「書く」ことにしました。
デジタルの時代になって、長い間パソコンとケータイで入力することに慣れ、書くことを忘れました。
昔は、中学に入学するころ万年筆をプレゼントしてもらったりして、嬉しそうに使ったもんです。
だんだん、ボールペン、シャープペンシル、水性ペンなどに移行して・・・メモにはもちろんそういうのが便利に間違いなし。
でも、やっぱり、また万年筆で書いてみたいと思うようになりました。
手間ですが、手帳のゴムバンドをはずし、万年筆のキャップを取って、サラサラサラと書く。書くことを楽しんでいます。
時間があるので、できることかも知れませんが・・・
そうそう、今回の旅行で実験をしました。飛行機に乗ると、気圧の関係で万年筆からインクは漏れるというけど、どうでしょうか。
出発前にはインクを満タンにしておき、ビニール袋に入れて機内に持ち込みました。
向こうに着いて開けましたが、全く漏れ無し。1週間使用したあと、持ち帰って再度チェックしましたが、これも全く漏れていませんでした。
機内の気圧程度なら大丈夫なのでしょうね。275_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

ろばた焼 賢心 @天満橋

021 目の前で希望の魚を焼いてくれる店があるというので、さっそく行ってきました。天満橋駅から北大江公園に沿って南へ、角っこの味わいビル2階のろばた焼 「賢心」です。

コの字型のカウンター。中央の大きな魚焼き器を囲むようにして座り、正面に積まれた魚の中から好みのを注文します。

店主は、それぞれの魚の焼け具合をしかと見ながら、もっとも美味しい出来上がりのタイミングで客に提供してくれます。魚を焼くプロの料理人の技から生まれた傑作を食べる、って感じですかね!

さんま、ほっけ、かれい、さば等、注文されたら次々と焼いてゆきますから、ダイナミックに煙りがモウモウ、そこはきちんと大換気扇がきれいに吸い込んでくれますが、いい雰囲気です!それに焼きあがりを待つ時間のワクワクする感覚、なんか久しぶりのように思います。そうそう、さばの「尻尾」とか「お腹」という注文アリみたいです。これもおもしろいなー^^

024 焼けた時に店主の合図でご飯が盛られてでてきます。ご飯はお代りOK。近所のサラリーマンがどんどんやってきて、席が空くとすぐに埋まる盛況。ホントいいお店があるもんですねー。

昨日、晩御飯を一緒に食べたときに友人M君から聞いた耳より情報でした。M君、会社が天満橋だったから、よーく知ってます。ありがとう、ごちそうさまでした(^^)

「ろばた賢心」 大阪市中央区釣鐘町1-2-3  06-6947-6222  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

新作陶芸 長居公園にて

021 陶芸作品の湯呑みが出来たので、写真撮影に近くの長居公園に出かけてみました。

森の中の広場に、小さな丘があって、そこの大きな石の上に置いて  パチリ。

作品は、形は正統派ですが、釉薬の流し掛けにアクション陶芸の気持ちを込めています。

この感じ、いいですねぇ(^^)

024

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

ポニョとゴルフる!

20090601113125 6月になりました。今日はいいお天気でした。

最近、ドライバーのヘッドカバーを変えたんです。前の鉄人28号が大きすぎて、バッグがパンパンになってきたので、小ぶりのを探して、ついに見つけたのが「ポニョ」です。お腹のところにヘッドが入ってます。

でも、これは市販品ではありませんよ。ポニョの指人形を、めめさんの洋裁で加工して作った特注品でーす。

こんなことして遊んでまーす(^^)かわいらしいてしょ!当分ポニョでナイスショット!できたらいいのにね。

20090601113307

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »