« 田辺大根成長中@おだまきファーム | トップページ | BLTサンド@カフェ・フロインドリーブ »

2008年12月16日 (火)

信楽を満喫

059 陶芸のメッカ、信楽で一日遊ばせていただきました。

教室のIさんが、親しくされている陶芸家・澤克典さんから「窯を焚いているから見に来たら」っていうまたとないお話をいただいたということで、陶塾の先生お二人と4人で朝から行ってきたんです。

この春に三田の田中先生宅に伺ったお仲間で、克典さんにはギャラリー・リランで皆お会いしたことあり、というご縁でお誘いいただきました。

020 こんな機会はなかなかありません。それにお父さんが高名な作家・澤清嗣さんですから、いったいどんなことになるのやら、と大いに期待し興奮気味で新名神高速道路を飛ばして行きました。

道路があまりに広くて快適なので、ついアクセルを踏んでしまい、自己最速スピードの時速000kmを瞬間マーク、というオマケ付き・・・あー、イケナイイケナイ、クワバラクワバラ!

022 そうこうして澤さんの広大な敷地の工房に到着、登り窯から煙がガンガンのぼっています。克典さんは昨日寝ずの火の番でしたので就寝中で、父君先生と応援の方3人、お客さんご夫婦がワイワイいいながら窯焚き中です。

057 山積みの赤松の薪をどんどんくべて1200数十度をキープし続けるすごい作業です。5日間くらい焚き続けるので作家さんてとっても大変なんですね。

作品を取り出している先生。とても気さくな面白い方でした。

お客さんのご夫婦がおもしろいことをされていて、ここで土いじりした作品を登り窯で焼かせてもらったはるんですが、釉薬が白いのは5分くらい、黒の場合は30分くらい焼いて出すと、もう出来上がり、の「楽焼」なんです。

048 へーっ、こんな焼き方遊び方もあるんですね、結構長い時間、何個も何個も見せていただいて、楽しませてもらいました。

取り出したばかりの真っ赤っかの器が、チンチンチンって音を奏でながら、眼の前で冷えていく様子を見ていると、陶芸は炎の芸術やなー、って実感しますね。

065 作品を見ながら品評会しているところ。某有名作家並みの出来や、とかあれこれ好きに言って楽しんでいるところです。

そうそう、このあと、窯焚きでお疲れのところを、克典さんにお会いでき、ホッとしました。

なお今回の窯出し作品は、24日から心斎橋大丸の美術画で開催の「澤清嗣作陶展」に出品されるそうですので、是非一度足をお運びくださいませ。

(追伸)ここに来る前に丸十製陶さんのでかい工房を見学させていただいて勉強させていただきました。ありがとうございました。

それに奥さんにご紹介いただいた近江牛のレストラン「牛石」さん、焼肉とハンバーグのランチ、抜群のお味でやっぱり最高でした。お世話になりました。感謝感謝!

|

« 田辺大根成長中@おだまきファーム | トップページ | BLTサンド@カフェ・フロインドリーブ »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139342/43439803

この記事へのトラックバック一覧です: 信楽を満喫:

« 田辺大根成長中@おだまきファーム | トップページ | BLTサンド@カフェ・フロインドリーブ »