« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

昭和30年頃の地図@長居公園周辺

S27_001_3 長居植物園の「てっぽう池」からの連想でしょうか、不思議なものです、小さい頃の地元はどうだったんやろかいな、と知りたくなってしまい、陶芸教室の近くにある「ぶよう堂」という地図専門店に行ってきてしまいました。大阪で古地図ならもうここしかないというお店で、最近2階に移転して1階は喫茶店になっております。

自力で探してみたけど、知りたい昭和30年頃のがみつからないので、店の人に聞いてみると「そういえば30年代のは見ませんねー」といいつつ、「国土地理院のなら昔のでも大丈夫、取り寄せもできますので・・・」と探してもらって、ありましたーーーーッ!長居公園がちゃんと載ってるの!

オオーッ、競馬場も競輪場も載ってる、コレコレ、これですわー、と購入しました。当時45円のが、今650円也。国土地理院の証明印も押してあります。

見にくいけど、下が長居公園で、北に向かって鶴ヶ丘、南田辺方面です。長池は一部埋め立てられ、桃ケ池は今と同じようです。(地図をクリックして、拡大するとよーーーく見えますよ^^)

「てっぽう池」は皿池と記されています。結構大きいですね。もう一つお隣に細長い池もあって、上ノ池と言ったみたい。

さてこれをアップしたものの、とても気になるのが東田辺から針中野方面を記載した地図。さっそくそれを求めて「ぶよう堂」に行きました。運良く入手できたので、貼り合わせて差し替えました。店主に話を聞くと、この地図は昭和31年発行ですが調査は27年とのこと。

ところでこの地図の右側ですが、今川という川の東側は、「平野」まですべて田んぼと畑でした。とにかく時代の変化を感じる面白さがありますね。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

ご近所の古き懐かしいものたち No.8 てっぽう池@長居植物園

010_2 長居植物園に入ると、正面に大きな池が見えます。「大池」で、噴水、ハス、鯉や亀、カモなどで多くの人たちから親しまれています。実はこの池は人工池で、中学生の頃、筏を組んで漕いで遊んだ記憶があります。

一方、「小池」と言われる小さなのがあります。当時、地元で「てっぽう池」と呼んでいた池です。ピストルの形をしていたので、そんな名前がついてました。

小学生の時分、植物園の高い柵ができる前まで、みんなで、ふな、モロコ、タイワンドジョウなどの魚釣り、夏には泳いだりして・・・開発途上の長居公園は、結構自然に恵まれていました。

この池はこれまで、長居植物園のカタスミにひっそり残されていて、暗いしザンネンな思いでいたんですが、最近アジサイがきれいというのでみんなで行ったとき、こんな生まれ変わった姿を発見しました。まわりの木々は、メタセコイア。生きた化石です。

きれいです、きれいにしていただいて、感謝。「てっぽう池」が息を吹き返しました。

ここで少年時代を過ごしたんやなー。みんなでむじゃきに遊んでたんや。魚釣りして面白かったなー、なんて。。。しばし佇み、思いにふけっとりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

ししとうの実ができてきました

20080621091313 めめさんが知人にいただいた「ししとう」の苗がすくすく育ち、白い小さな花のあとから実が成ってきました。

どんどんできるので、ある程度の大きさになったら収穫して、「いただきまーす」。

定番料理は、油炒めしてかつお節をのせたの。ビールのつまみに、ベリグー。

一本の苗から順次30個くらいは採れるので、長く楽しめますね。

向こうに見える細かい葉っぱはニンジンです。三寸人参という短めの品種で、間引きしながら1~2本づつ食することができます。後日アップ予定^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

針中野のイタリアン「Tsumuraya」さん

20080612183707 うちの界隈では評判上々のイタリアンで、去年12月に行って以来。お世話になってるご家族と一緒にディナータイムです。

メニューにはないけどコースを注文できます。前菜、魚、肉、パスタ、デザート。オーナーシェフが一人で料理、すみずみまで気持ちが行き届いた味付けです。奥様の丁寧な応対でおいしさ倍増。

料理はすべて撮影したけど、ザンネンながらブレてピンボケ、ビールだけがばっちり写りました。前回もホットワインだけを載せたっけ。ちょっと暗めのお店では高感度にするかシーンセレクトするしかないか。

イタリアのビールで「ドレーア」。本国では人気があるそうで、とてもライトな飲みごごち。ワインの国でも結構ビールは飲まれているらしい。

Original Dinning 「Tsumuraya」 東住吉区鷹合2-17-30  06-6608-6168  17時45分~1時

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

Bose Wave Music System

ものぐさ太郎で、家にいるときはテレビばっかり見てる僕ですが、最近音楽づいてきたおかげでしょうか、自分の部屋にミニコンポがあれば素敵なミュージックライフを楽しめるかも、という気分になってきまして、最近の音響製品をあれこれチェック。

結局Bose社の「Wave Music System」にしました。部屋がとてもせまいので、小さくてかつ音のいいものでそれなりに評価された製品といえばこれかな。娘も去年購入して、ときどき聞いたことがあったので親しみもありました。20080615173652

ちょっと値が張るのが難点でしたが、娘二人から、父の日と誕生日を一緒にして、一部を補助する形のプレゼントというありがたい申し出があり、踏み切ることに。

この商品は、ネットか直営店のみでの販売で、大阪は心斎橋そごうで手に入れました。

翌日に到着。今はキャンペーンで分厚いガラス板の置き台付きです。

主にFM放送とCDを聞いていますが、さすが本格的ないい音を出します。かなりボリュームをあげても高音域も低音域もバランスがいいし、眠りに入る前の小さな音でもバランスは崩れませんね。

昔むかしは大層音楽好きでした。ラジオとレコードの時代でしたが、歌謡曲、アメリカンポップス、ビートルズ、クラシック、現代音楽、ジャズなど、なんでも聞いたもんです。

一度でっかいスピーカーを自作しました。高さ1m 幅70cm 奥行き50cmくらいのを2個、材木屋さんで板を買ってきて切って組み立てました。

それもバックロードホーンていうやつで、25cmくらいのフルレンジスピーカーを2個づつ装着し、後ろに抜ける低音部の音道をクネクネさせて、ボックスの下部で前方に低音を押し出す仕組みなんです。

古い日本家屋の2階の畳の部屋で、それでドーーーーンと音を出して喜んでいました。ものすごいエネルギーの音響でしたネ。。。あのころ親はどう思っていたんでしょう。何年かして友人が欲しいというので譲って今はありません。

ちょうどこのBose製品が、小さいのに低音部の音道がクネクネと後ろに出すバックロードの仕組みを採用していて、それで昔の自作スピーカーを思い出したんです。

そうそう、ネットでBoseを検索していて発見したのでさっそく実行したことがあります。買ったままだと、低音がちょっと固まってボンボンとこもるように鳴る感じでしたが、ある方が、その解消法ということで、クイックルワイパーを消音材にして、音道の出口に畳み入れるというやり方を紹介されてました。

本来ネジを外したりすると取り返しがつかないことになる場合があって、メーカー保証が無くなるので、冒険でしたが、思い切ってやって正解でした。

すごく低音がクリアになったように思います。音楽全体の広がりも大きくなり、大西ノリフミさんのCDなんか、とても素晴らしく聴くことができています。でも、ドライバーでスピーカー本体を傷つけそうになってヒヤっとしましたけどね・・・

このミニコンポのおかげで、部屋が学生下宿みたいになったと、めめさんにヒヤかされてますけど、楽しみが増えてよかったでーす^^

ひとつ忘れてました。このリモコンも決め手です。「∞プチプチ」のようにプチプチを楽しみながら、寝ながら・・・リモコンのデザインも大切ですね^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

世界に一つ おもしろ皿 完成

以前、おやじバンドやってるビートルズ、ロックが好きな友人に、特製のワンプレートを作ったことがあるんですが、もうひとつ、とのご要望にお応えしてみました。

それを見ていた友人二人から、うちもぜひよろしく、とのことで、一気に3個作ったんです。

それぞれ個性のある奴なもんで、イメージを言葉と絵にして、どう表現するかがこのお皿の決め手。紙に書いては何度もあたためたのを、赤い弁柄の絵付け技法で描いてみました。

緑の釉薬は、有名な織部です。18cm四方の、おもしろいお皿が出来上がりました。3人が揃う日に、披露してプレゼントしようと、今から楽しみにしています。20080612132104

そうそう、一人は呉服屋で、仲間一の元気印、いつも絶好調!元気でっせー、が口癖、それに昔陸上の100mの選手で最高記録11秒3、今もマスターズ陸上の常連さんです。

もう一人は、音楽好き、繊維関係で産地のイタリア・コモ湖によく行くし、太陽のイメージは本人のリクエストです。合いあい傘の中学生じみたサインは、数年前にめでたくゴールインした証しとして、書いてみましたが、ご夫婦にはヒ・ミ・ツ。どんな顔するか、へへへ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

手作りいちごジャム

20080522093243 めめさん手作りのいちごジャムです。

最近友人からもらったのに触発され、昔を思い出しながら作ったそうです。平なべに1Kgのいちごと砂糖を入れて2時間くらい煮込みます。

最後が肝心で、煮詰まる前に火をとめないと、固くなりすぎますね。一度目はそうでした。2度3度目は慣れて上出来です。

ぼくの焼豚作りも6回目くらいになりました。家族にほめられると嬉しくなってつい作ってしまいます。

自家製はいいもんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

本日の「くいだおれ太郎」@道頓堀

20080610150520 くいだおれ太郎。最近インディジョーンズの試写会行ったり、記念切手を発行、さらに文楽人形が作られるなど、ニュースになることが多く、ますます社会的存在、大阪文化の顔感を強くしています。

こうなると、あの女将さんの元から離れるわけにはいかないんじゃないの?なんて思っていたら、新聞に「太郎は手元に残す」という記事が掲載され、理由が、そばに家族がいないと「人格が変わるかも知れない」とのこと。そのとおりやー、なんて納得したりしております。

前よりも太郎のそばで記念写真を撮る人が増えている感じ。やっぱりここにあるのがいいな^^

ところで先月が結婚記念日だったので、今日のランチ、淀屋橋の「新太呂」で天ぷらをいただきました。新聞で紹介されていたのがキッカケ。

才巻きエビ、はも、キス、ヤングコーン、しいたけ、うずら、れんこん、きぬさや。目の前で揚げてくれて、しっかり油を切って、塩だけで食べるんです。さっぱりしたいいお味。ごはんはおかわりOKで、それがまた美味いんですよ(2625円)^^20080610114904

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新作マグカップです

003 最近はマグカップ作りにはげんでいます。釉薬は「もみ灰」で、この冬にお手伝いして焼いたもみを使用してます。

自然灰の釉薬なので、出方がいろいろ。チャポンと浸けて少しの時間で上げると斑模様になり、時間をかけると白くなる。好みの、白と斑の中間くらいに仕上げることができる確率は半分くらいかな。

まあいい感じのを3つ、写真に収めました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

出来たてホヤホヤのワンピでーす。

003 めめさん、久しぶりにヨーサイやってました。

アレレ、3人分もうできたの?夏に涼しいサッカー生地で、スイスのだそうです。

昔も娘のん作ってました。今は、孫・・・ちっちゃいのはかわいいネ。

手作り一家の伝統でしょうか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

陶板「ピース」

004 家でごそごそ整理していたら、昔一時ハマッた木版画の原板がでてきました。たばこが好きなので、デザイン的に最も優れている「ピース」を彫ったんですね。これを思いつきで陶芸教室に持って行き、先生と相談して、たたら板で作ってみました。

素焼きしたものに青や赤や黄色の下絵付けして・・・楽しみにいていたら、渋く枯れた土っぽい自然さでうまく出来上がってOKです。

花に囲まれると、自然との親近感が増していいもんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

和楽「せき根」 平野・流町

20080602131950 母・姉と一緒にランチに行くことになり、めめさんが最近教えてもらった平野の和食店「せき根」に行きました。

正統派の懐石をベースに、ネタは新鮮、心がこもった料理で調理は創意工夫が見られて、自然にお箸が進みます。器はオーナーが全国の陶磁器を見て回って選んできたものだそうで、オリジナリティにあふれたものが多いですね。

予約していったからOKですが、ほとんど女性で、ほぼ満席。京都から来た姉にもおいしいと喜んでもらえました。

懐石ランチはフルコースで、2940円です。そのお値打ち、あると思います^^

平野区流町3丁目19-6 06-6799-5541

急須がかわいく面白いので載せてみました。20080602135751

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »