« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

液晶絵画展@中之島・国立国際美術館

「液晶絵画」という聞きなれないけど新しいジャンルの芸術展、面白そうだしさっそく見に行ってきました。

時代を先取りしてというのか、世界には最新の表現ツールを駆使する作家がいるもんですね。基本はビデオ作品ですが、絵画的な作りで新しい世界を見せてくれます。

20080430162504 どれもが時間経過とともに変化していく作品なので、普通の絵のようにチョイ見で次の作品に移るようなものでなく、何分間かは見てないと意味がわからない。それで、ほとんど腰掛けて見ることができるようになっているのが嬉しいですね。

特に気に入った作品は、イヴ・サスマンという作家の「浮上するフェルガス」。係りの人に、この絵はじっとしているんですか?と聞いてしまいました。「いえ、すこしづつ動いているんです」とのお答に、じっくり見てみると、男性の膝が微妙に動いているではありませんか。この20分の超スローモーション作品は実に見ごたえありました。

もうひとつ、ドミニク・レイマンの「Yo Lo Vi」という作品。さらしものになっている罪人の後姿の写真なんですが、われわれが作品の前に立ち止まると、作品の中に観客が写りこむんです。それも罪人の前にいるがごとく。。。

虚像なのに現実になってしまう、不思議な感覚でしたね。

ほかにも「やなぎみわ」が独特の世界を表現していました。昔このひとの作品に触れたときは衝撃的でした。2004年8月、家族て讃岐うどんツアーに行き、1日に5店回ったことがありましたが、最後に着いた丸亀の「猪熊弦一郎美術館」で個展をしていたのが、やなぎみわさんでした。

タイトル「少女地獄極楽老女」といい、めっちゃくちゃ元気なおばあちゃんが猛スピードでスポーツカーを運転している写真だったり、「ありえない世界」を面白く表現していたのがとても印象に残っています。

芸術は面白いなー^^

Cちゃんチケットありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

芸術家?の不思議な庭@西田辺

20080425130130 地下鉄の駅から居酒屋の前を少し西に入った現代的なお家の前庭です。道端なので普通に誰でも眼に触れることができるんです。

大きな流木や枯木が横たわり、母と子の鉄のアート作品、そして春の草花など、芸術的な雰囲気に気持ちがやすらぎますよ。

季節ごとにどう変化するのか楽しみ。

ここははきっと芸術家のアトリエでしょう(そう思っておきます)。素敵です。ありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

里山の春@南天苑

20080425070049 勤めていた会社のOB有志で一泊旅行、といっても大阪府下の南の端っこ、峠を越えたら和歌山県・橋本市の南海高野線・天見駅のそばにある「南天苑」という旅館です。

昨日はみんなでゴルフ、それも昼から止むと天気予報は言っていたのに、結局一日中レインウエアで身もこころも(スコアも)ぐっしょりでした。

近いので何度も来てるし、翌朝は仕事に出勤できるのが便利。朝ごはんまでの早朝ひととき、晴れた里山ののどかな風景と満開の八重桜に心を癒されました^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

たこ飯 by ダッチオーブン

20080423182028 鯛めしに続き本日は「たこ飯」。

たこの足を300g、ぶつ切りにして、ごはんと一緒にダッチオーブンで炊くだけ。お酒と塩、そして梅干しを3つ加えてみました。

土鍋ごはんと同じ要領で、強火で炊いて沸騰したら弱火で10分、あとは蒸らし10分で出来上がりです。

4合炊いたので、この鍋にはちょうどの量でした。梅干しを入れた分、塩を控え目にしたらよかったかにゃ?

ぶつ切りのたこも柔らかくって、すんごくおいしい「たこ飯」でした^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

高いところから見た長居公園

20080422123453 ようやく上から長居公園を見ることができました。

上といっても地上7階からですけど、前から聞いていて一度眺めてみたかったんです。

展望食堂の窓から北西方向に・・・長居スタジアムと2つのノッポのマンションが見えます。

木々の梢が高く伸びていて、うねるような緑でいっぱいです。

いい景色です^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

「くいだおれ」と人形の行方


「くいだおれ」閉店のニュースにはびっくりしましたわー。

一階の食堂に子供の頃、父が連れて行ってくれ、その後はかなりご無沙汰やったけど、ある時から会社の飲み会で上のほうの宴会場にちょいちょい来たもんです。

あの女将さん、気さくで楽しい方で、いつも座を和ませてもらってました。ありがとさん、そしてお疲れさまでした。

人形は何かあるたびに話題になって、今回も注目は人形の行方。

一番ええのは、経営者が変わっても「くいだおれ」と人形は、あの場所であのままが一番ええように思います…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

陶芸家 田中和人さん@三田

陶塾の先生が若いころからよく遊びにいっていた三田の陶芸家の田中和人さんちに久し振りに行かれるというのでご一緒させていただきました。

木器窯(こうづきがま)といいます。のどかな自然に囲まれた丘の上に、登り窯の斜め屋根が見えて、ちょっと回り込むと、薪が積まれたいかにも陶芸家の工房に到着しました。

そこはもう隅から隅まで、陶芸ワールドです。民芸調の作風で親しみやすい器が多く、毎年阪急デパートで個展を開いている人気作家さんなんですよ。

20080420104630 作品と同様、とっても親しみやすい気さくな方で、先生方の昔懐かしいお話に花が咲いています。

写ってませんが、左の壁には暖炉があって、薪が赤々と燃えていました。

ちょっぴり肌寒かったので、ちょうどいい感じ。

暖炉はなんとなくぜいたくな気分になれるのが嬉しいですね。

20080420111427 娘さんのオーストラリアの友達がステイしていて、記念にロクロで作っているところです。

娘さんが英語で作り方を教えてはりました。

なかなかおもしろい作品ができていましたよ!

20080420122154 先生のオリジナル陶土の飯碗です。天日で自然乾燥中。

この土、削った高台あたりがカイラギという独特のひび割れになって、いい味わいになるんだそうです。

向こうのほうに談笑中のメンバー。見えますか。

20080420115100 咲きかけの八重桜の枝に飯碗をのせて撮ってみました。

下のほうにカイラギが白くザラザラとなっています。

結局これ、記念に買い求めました。先生の作品番号の1番はいつも飯碗だそうで、思い入れのあるのって嬉しいですね。

20080420132115 先生の削り作業風景です。手順、リズムが決まっていて、どんどん次々に進んでいきます。

はじめはビックリしました。えーーーっ、もう終わりですかーーー!?って。

そんなこんなで、いろいろ刺激になることが多かったなー^^

いい空気、素敵な陶芸作家さん、隅から隅まで陶芸づくしの工房、言い尽くせないいい時間を過ごさせていただきましてありがとうございました^^

このあと阪急宝塚線の山本駅近くに寄って、陶芸ギャラリー「RERUN(リラン)」でまたキョーレツな刺激を受け、お隣に塾生のSさんのお寺があるのでちょっとおじゃまして、おいしいコーヒーをご馳走になって、楽しい陶芸づくしの旅を終えました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

懐かしのピアノコンサート

先日、初めてポジフィルム(カラースライド)をスキャンしたんですが、こんどはカラーネガフィルムをやってみました。

銀塩写真の時代、普通にプリントしていたアレです。あの裏返しで何が写っているのか分かりにくい、細長くて茶色いフィルム。デジカメ全盛の今、もはや過去のものになってしまったみたいですが、捨てないでいたのが引き出しのカタスミにあったんですよ。

適当に、最初に見つけたフィルムを入れて、試しにスキャンしてみたら、結果、こんな懐かしい映像でした。もう10年くらい前でしょうかねぇ、こんな時代もありましたわい。001

またいつか本にするので、こういう懐かしの映像があると楽しいし、もう一つアップしておきます。

ネガからスキャンして、修整なしでこんな感じなんで、結構いけますね^^

003

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

鯛めし by ダッチオーブン

目の下30センチの鯛をまるごとドーンと乗せて、豪快に作るダッチオーブンの「鯛めし」。贅沢な男の料理やでー。

っていうイメージで「明日鯛めし作るから・・」と言うと、めめさんから、冷蔵庫に「アラ」があるからこれでええよ!との即答リターンず。

商店街に御頭付きを買いに行って、という考えは一瞬にして消滅し、確かに二人やからこれで十分と、早くも納得。

「アラ」というのは「御頭だけ」やけど、商店街の寿司屋さんで売ってるのは「身」が多いんだそうな^^さっすがプロやでー、と改めて感心してみたりして。。。

20080415174536 「鯛めし」の作り方はいたってシンプル。お米を入れて、塩焼きした鯛を乗せ、ダシと昆布を入れ、フタして強火で一気に炊きます。

2合だし、あっという間に沸騰し、少しして焦げくさい臭い。おーーーっとアブナイアブナイ、火を止める。以前、土鍋でご飯炊いて、炭になっていたことあり、ちゃーんと反省が生きてます。

次が知恵を絞りました。実は、ダッチオーブンのいいところは、「上火」を使えること。西部劇のカウボーイみたいに、フタの上に真っ赤な炭火を乗せて、上から熱すると、これでホントの「オーブン」になるわけでござるよ。

しかし、台所で炭火を扱うことは厄介このうえない。ハタと気がついた。それはアウトドアで使う「トーチバーナー」で上から熱を加える方法。昨日天王寺ミオの「モンベル」で購入しました。

こんな使い方、誰からも教えてもらってないけど、大丈夫かな。バーナー温度は最高1800度っていうから逆にこわいけど、まぁいけるやろ。。。とこんな具合で数分間、加熱してみました。

出来上がった「鯛めし」、ちょっと焦げて固めのご飯やったけど、香ばしくて食欲をそそる絶品になりました。

ダッチオーブン、万歳!これから「上火」を使う料理にも挑戦するぞーーーーーっ^^20080415181315

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

特製「もみ灰」で作った徳利とぐい呑み

20080414141410 今年の2月初めころ、陶芸教室の釉薬「もみ灰」の原材料の「もみ」を焼きに行ってきたってブログに書いたんですが、その後先生が時間をかけて釉薬に仕上げてくださり、それをぼくが使用した作品がとうとうできました。

「もみ」を提供してくれた友達がお酒好きなので、徳利とぐい呑みにしたんですが、釉薬の出来がとても良いと聞いていたとおり、いい感じになりましたでーす。

ちょっと指の跡を「景色」として残してあります。(この写真は下から撮影したので指跡が大きめに写ってますが、実物はちょこっとだけですよ。)

これからビアマグなんかを作って、もみ灰を掛け、件の「もみ友」の共通の友達にプレゼントすると、さらに話題性があって、素晴らしい陶芸コミュニケーションになるかなー、って思うと楽しみも倍増します^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

ご近所の古き懐かしいものたち No.6

20080413160602 この看板、どうですかー、表現が昔っぽくておもしろいでしょ。昭和の匂いがフンプンとします。

このあたり、実は寛文三年(1663年)に松原新田(しんでん=新しい田畑)として開墾されて、昭和4年(1929年)までその地名が残っていたっていうことで、260年あまり続いた歴史があるんですよ。

その名を冠した風格ある住宅地も時代とともに変化していますが、まだまだ味わいある場所ですね。

こんなふうに、町のカタスミにひっそりと「ご当地歴史遺産」があって、たまに発見してしまう楽しみを味わっておりまするぅー^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

カンテ@なんばCity

20080409123059_2
携帯からブログに投稿できるようなので初めて使って見ました。

「カンテグランデ」はもうメジャーなお店、珍しいころは中津本店に行ったもので、ウルフルズのメンバーがバイトしていたり、絵の天才少年を生んだりした話題もあったっけ。

これチキンカレーランチです。サフランライス、チャパティ、ホット・チャイ。アルマイトのシュガーポットとスプーン、素焼きの灰皿。

以前は月イチくらい、最近はときどきになったけど、いつ来てもインド気分を味わえるのが嬉しいですね。

(携帯からの投稿は実は苦労しました。家に帰り、マニュアルを読んでもわからず、ココログの「モブログの使い方」を見てようやく送信できましたトサ^^さて、出来はまずまずですね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

満開の桜@道明寺

やっぱり今は桜。土曜日に近鉄南大阪線の藤井寺から道明寺まで約6Km、歩いてきました。

道にポイ捨てされた吸いがらやいろんなゴミを拾うマナーキャンペーン、プラス名所を歩いて楽しむ企画です。

藤井寺から野中寺、応仁天皇陵、石川河川敷そして道明寺に至るコース。

道明寺に着くと、門前町がなにやらにぎやかで、下見のときは冬だったからか静かやったのにと思いつつ進むと、いざ満開、まんかいまんかい、マンカイでっせー、と言わんばかりに咲き誇っている桜・桜・さくら・サクラがあるじゃあーりませんか。

20080405140306 みんなびっくりで、境内に入るとさらに驚きました。本堂までずーーーーーっと桜並木で、その下ではお弁当を広げて楽しんでいる人で一杯です。

サプライズってこういうことを言うんでしょうかいなー^^事前予告なしやったんで、楽しさ倍増でしたわ。

情報過多の昨今、こんな出会いもええもんです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

うーーーん、鶴ヶ丘「こがねや」のウマウマ日替り弁当

20080406131100 ランチの日替り弁当700円。

今日は、エビフライ、一口カツ、スパゲッティ、サラダ、若ごぼう、わけぎぬた、みそ汁とごはんです。

うまいっすヨ。平日のランチタイムはいつも満席ですよ。

この洋食の「こがねや」さんは、JR鶴ヶ丘駅を降りて東側すぐのところ。

一人でも大テーブルがあるから嬉しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

加山雄三 KOKI コンサート

加山雄三が古希になった記念のコンサート。

去年から全国展開しているらしいけど、秋頃に所用で行けなかったのを1月に取り直して今日になりました。神戸こくさいホールっていう2000人規模のホールで、満員の盛況でした。

座席は抽選方式。値段は同じで、どこが当たるかチケットが届くまでわかりませんが、実際の席は今日ホールに行って座席図を見て→なななななななんと、一番前のいわゆるカブリツキってとこですよ!それもど真中で大びっくり。

えーーーーっ、こんな前、ぼくらにええんかいなー、なんか恐縮するなー、とか思いながらも内心ニンマリ状態。

お隣に来たグループも、ええーっ、こんな前でええのー、なんてウレシソウ。

20080405211841_2 開演して幕が開いたら、目の前に加山雄三が・・・ほんの3メートルくらい前で歌っています。これまでのコンサートではここで双眼鏡を取り出すとこですが・・・普通にバッチリ見えます。

「君といつまでも」ではじまり、歌はほとんど知ってるのばかり。「旅人よ」と「サライ」はみんなで合唱しました。

昔の若大将シリーズの映画とコラボで歌ったり、南こうせつや森山良子などと映像ライブ風にやりとりしたり、「母よ」ではピアノ演奏、エレキギターなんか目の前で指の動きまでバッチリわかるので、もう嬉しいこと嬉しいこと。

なんか自分たちのためのコンサートみたいな気になって、最後は「ありがとう」ってこちらから口にしてしまうくらい感激しました。

70歳で、2時間と少し、休みなして歌う加山雄三、すごかったし素晴らしいコンサートでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

洋裁好きもつくし採りもDNAにインプット?

20080404100018 おチビちゃん、洋裁好きがインプットされているのか、ペアスカートを作るってことでミシンのそばにベッタリ。ばあばがやることを手伝うってゆうんで大変です。

ミシンにいろいろボタンがあるからすぐに手が伸びてアブナイあぶない。ヒヤヒヤしながらなんとか形になってきました。

001 ゴム通しも教えてもらってごそごそ通してゆきます。

少しづつはけるようになってきたかな!うれしいな^^

005

はーい、ペアのスカートができました。なにを見て笑ってるんやろか?

手に持ってるのは、Yおばちゃんが昔むかし作った手作りのコースターです。

なんかやっぱり手作り好きやなー^^

20080404141230 その後ドライブがてらうろうろしていると、ついに見つけました。つくしが土手に生えているところを・・・たまたまです、偶然です。

めめさん、ずーーーーっと探していて、ようやく見つけたので、サイコーの気分。ちょっとトウがたっていたけど、満足マンゾクのつくし採りができました。

よかったよかった。佃煮にして、ちょびっと食べると、うまいうまいまいうー^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

恐竜ラボ@長居自然史博物館

20080403132441 自然史博物館のイベントで、「恐竜ラボ」っていうのを6月末までやっているんで、おチビちゃんと行ってきました。

常設の博物館とは違って、お隣の2階で展示してるんですが、恐竜研究者の視点で、実際に日本の研究者がモンゴルで発掘した数々の恐竜を、結構リアルにそして子供も楽しめるように展示しています。

春休みなので家族連れでいっぱい。みんなイヤホンで解説を聞きながら熱心に見入っています。

お嬢さんガイドが、おチビちゃんに恐竜の骨を持たせてわかりやすく解説してくれました。

骨といってももちろんレプリカですけどね・・・

映画みたいに、実物に近い、ぎょっとするリアル恐竜もいました。肉食系なのでちょっとコワーイ。

ジュラシックパークじゃないけど、ホンマに出てくるのはご勘弁ご勘弁^^

ちょっとボンヤリ気味の写真にして低インパクト状態にしときます。。。

(注)私は肉食恐竜ディノニクスでーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

「住吉の長屋」そして「やろく」のランチ

003 住吉といえば、「住吉の長屋」。

安藤忠雄の出世作として有名な住宅。

トイレにいくのに傘がいる、そんな自然と共生する家というコンセプトは今でも新鮮です。

昨日思い出したし、ちょうど用があるし、昔から見てみたかったし、ネット検索してだいたい分かったし、住吉大社の近くを探してみました。

一本曲がり角、違ったけど、だいたい当たりです!晴れの日でもあり、燦然と光り輝いていました。

十何年か、思っていましたから・・・でも、今頃になったのは、あんがい熱心でなかったのかも。。。

いいですねぇ、いいです。よく似たコンクリート打ちっぱなしの住宅はあちこちで見ますけど、安藤オリジナルはやっぱりいいですね。

誘われるように壁をさすってしまいました。肌ざわりがすっごくいいんです。つるっとしていて。。。個人のおうちなのに・・・すみません。

表はこれだけですが、中はさぞ楽しいことでしょうね。想像するだけでも愉快になります。

021 用事を済ませて、住吉大社にお参りすると、今日は一日、朔日という言い方で「ついたち」と読むそうですが、行事の日なのか、お神酒をふるまっているではありませんか。

これは嬉しいこと、紅白衣装の巫女さんからありがたくお酒を頂戴していい感じになり、ちょうどお昼になったので、洋食の「やろく」に向かいました。先日は水曜でお休みだったのでリベンジです。

いやいや活気がありますね。清潔だし、あいそがいいし、熱気が溢れています。やろくランチ(1050円)を注文。一人でもカウンターがちゃんとあるのがありがたい。

大阪の名店です。都心から離れていても、これだけのオーラがある店はやっぱりスゴイ店だと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »