« 特製「もみ灰」で作った徳利とぐい呑み | トップページ | 懐かしのピアノコンサート »

2008年4月15日 (火)

鯛めし by ダッチオーブン

目の下30センチの鯛をまるごとドーンと乗せて、豪快に作るダッチオーブンの「鯛めし」。贅沢な男の料理やでー。

っていうイメージで「明日鯛めし作るから・・」と言うと、めめさんから、冷蔵庫に「アラ」があるからこれでええよ!との即答リターンず。

商店街に御頭付きを買いに行って、という考えは一瞬にして消滅し、確かに二人やからこれで十分と、早くも納得。

「アラ」というのは「御頭だけ」やけど、商店街の寿司屋さんで売ってるのは「身」が多いんだそうな^^さっすがプロやでー、と改めて感心してみたりして。。。

20080415174536 「鯛めし」の作り方はいたってシンプル。お米を入れて、塩焼きした鯛を乗せ、ダシと昆布を入れ、フタして強火で一気に炊きます。

2合だし、あっという間に沸騰し、少しして焦げくさい臭い。おーーーっとアブナイアブナイ、火を止める。以前、土鍋でご飯炊いて、炭になっていたことあり、ちゃーんと反省が生きてます。

次が知恵を絞りました。実は、ダッチオーブンのいいところは、「上火」を使えること。西部劇のカウボーイみたいに、フタの上に真っ赤な炭火を乗せて、上から熱すると、これでホントの「オーブン」になるわけでござるよ。

しかし、台所で炭火を扱うことは厄介このうえない。ハタと気がついた。それはアウトドアで使う「トーチバーナー」で上から熱を加える方法。昨日天王寺ミオの「モンベル」で購入しました。

こんな使い方、誰からも教えてもらってないけど、大丈夫かな。バーナー温度は最高1800度っていうから逆にこわいけど、まぁいけるやろ。。。とこんな具合で数分間、加熱してみました。

出来上がった「鯛めし」、ちょっと焦げて固めのご飯やったけど、香ばしくて食欲をそそる絶品になりました。

ダッチオーブン、万歳!これから「上火」を使う料理にも挑戦するぞーーーーーっ^^20080415181315

|

« 特製「もみ灰」で作った徳利とぐい呑み | トップページ | 懐かしのピアノコンサート »

手作り・料理」カテゴリの記事

コメント

香ばしいにおいが漂ってくるわ~
明日はおこぼれがいただけるのかしら??

投稿: yumiko | 2008年4月15日 (火) 20時39分

>yumikoさん
サイコーでした。一杯だけ残っています^^

投稿: おだまき | 2008年4月15日 (火) 21時00分

さすがぁ、だんだん高度な技を駆使して、さらなる美味しいモンに挑戦とは・・・。
上火をバーナーでねぇ・・・。すごいわぁ。

ところで、ほんにおすし屋さんの「鯛のあら」は美味しいんですよ。ベテラン主婦の知恵ですね。ほほほ・・・。

投稿: みほりん | 2008年4月15日 (火) 21時30分

>みほりんさん
きれいな絵葉書ありがとうございます。
パラグライダーの勇姿、マイクさんも素晴らしい。
すし屋さんの鯛アラはうまいですねぇ。みなさんプロ主婦ですわ^^
ダッチオーブン、持てなくなるまでは頑張りまーす^^

投稿: おだまき | 2008年4月16日 (水) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139342/40889118

この記事へのトラックバック一覧です: 鯛めし by ダッチオーブン:

« 特製「もみ灰」で作った徳利とぐい呑み | トップページ | 懐かしのピアノコンサート »