« 春の新作 | トップページ | 「住吉の長屋」そして「やろく」のランチ »

2008年3月30日 (日)

昭和30年代の風景@大阪駅前交差点

002 先日陶芸教室で、Y先生も昔写真少年だったっていう話で盛り上がっていたなかで、先生から「ポジフィルムはデジタル化できるかなー?」っていう問いがあり、ネガフィルムができるのは知っていたけど、ポジフィルム(スライド用のマウントしたもの)はどうやろか。。。

家に帰りさっそくプリンターのマニュアルを見たら・・・嬉しいことにできるみたいなので、引き出しに眠っていた昔のカラースライドを探しだし、数点スキャナーしてみました。

この写真は、昭和30年代の国鉄大阪駅と阪急百貨店の間の交差点。松下幸之助さんが寄付した大歩道橋ができる前はこんな感じだったんですね。それにしても車が少ない、のどかな時代でした。

僕が撮った記憶はなく、たぶん父が阪神百貨店の屋上から撮影したんだとと思います。そういえば2月末に亡くなった父も写真が好きやった。

当時のカラー技術は未熟、ほとんど退色してしまっているので、デジタル修正して赤や緑のカラーも少しは蘇りました。

スキャナーを駆使できるようになったし、こんなふうに、ときどきタイムスリップしますので、、、よろしくね^^

|

« 春の新作 | トップページ | 「住吉の長屋」そして「やろく」のランチ »

大阪市内」カテゴリの記事

コメント

やぁ〜〜、懐かしい風景。
と、言いたい所ですが、昭和30年代と言うと、私が31年に生まれたんで、この風景は見てないでしょうね。
此花区に生まれ、4歳の時には広島へ移転していましたから・・・。

けど、とてもええ感じの写真ですねぇ。時代が伺えます。(⌒_⌒) おだまきさんが言われるようにのどかな感じがええですね。


投稿: おかだ♂ | 2008年3月30日 (日) 18時47分

>おかださん
大歩道橋は35年(1964年)寄贈だそうで、この風景はそれ以前ですから、31年生まれでしたらちょっとムリかな。
ぼくは小学生くらいでしたが、実際には覚えてないですぅ。
けっこうええ雰囲気の写真やと思います。今の大阪駅前を思うとえらい違いですが、当時これでも交通事故が多発したんで、歩道橋を作ったそうですよ。

投稿: おだまき | 2008年3月30日 (日) 19時22分

はじめまして。ゴリモンさんのブログから来ました。
大歩道橋のない阪急の足下写真、超新鮮です。
新鮮であると同時に、でも、何か変わらない空気感のようなものも感じられて、そこが何とも嬉しかったりします。
貴重なモノを拝見させていただき、ありがとうございました。

投稿: m-louis | 2009年9月15日 (火) 12時17分

>m-louisさん
さっそくゴリサンちから来ていただきありがとうございます。
新鮮と言っていただき光栄です。
確かにここの空気感って変わらない気がしますね。
眠っている写真、もっともっと発掘してみたら面白いのが見つかるかも、とちょっぴりそんな気になっております。
また時々のぞいて下さいませ^^
そうそうlouisさんのHP拝見しました。とても素晴らしく、魅入ってしまいました。
いいものを見せていただき感謝しています。
ではまた・・・

投稿: おだまき | 2009年9月15日 (火) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139342/40687127

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和30年代の風景@大阪駅前交差点:

« 春の新作 | トップページ | 「住吉の長屋」そして「やろく」のランチ »