« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

住吉っさん

20080229123846 住吉大社の近くに所用があって、帰り道にちょっと寄り道。「住吉っさん」って地元では親しまれています。

太鼓橋がやっぱりシンボルやね。朱色が鮮やかな欄干のギボシを切り取ってパチリ。サイバーショットケイタイで。。。

川端康成の小説「反橋」の中に「太鼓橋は下りがこわい・・・」というくだりがあるようで、橋のたもとに石碑がありました。確かに下りは恐いですね。

先日の大雪のときは、翌日も通行禁止だったそうです。雨でも滑るよ、きっと。

20080229121840 神社入り口のそばにある大きな石燈籠。

住吉っさんが海上の無事を祈る航海の神様だったので、境内のいたるところに、運送や関係業者の海上守護の祈願をこめた寄進の燈籠があります。

写真のは入口の左近くにそびえる大燈籠。大阪「うつぼ」の干鰯(ほしか)仲間の寄進です。北前船が無事到着するのを祈っていたんですね。

昔、「ざこば」が生魚、「うつぼ」が塩干ものを扱う市場でした。昭和6年に中央卸売市場ができて吸収されるまで310年の間、隆盛を誇りました。

「うつぼ」の場所はその後、市街化して戦災で焼け、一時期、米軍飛行場になり、靱公園として今に至るそうです。

この仲間の一人にご先祖様が・・・「うつぼ」の塩干ものの梱包業を一手に引き受けてたんですって^^

大昔の話でした。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

ベランダにて 大根一本よく育ちにけり

20080223094503 12月初めの頃だったかに蒔いた種から、じっくり育ててきた大根、それも一本だけだけど、大きくなってきたじょ。

作り方;コーナンなどの園芸ショップで販売している土袋を、底のほうに穴をあけてボコッと立ててみますと、それなりの「小さくて深い畑」ができるんですね。天王寺の赤松種苗店で買ってきた種を5粒播いて、元気そうなヤツだけがここまで大きく育ってくれましたっす。

先日オチビちゃんが見つけて抜こうとしたけど、ちょっと早いのでストップをかけています。

数日前にママに言っていたそうです、「じいじとこのダイコン、こんど抜くんだーー」って。

食べごろが近づいてきたけど、もう少し待って、オチビちゃんに「我が家の農業体験」をさせてあげることにしよう。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

おもしろいのができました

20080223133903 友人からの注文のお皿。大き目のはメインの料理用に以前プレゼントしたんですが、ちょっとしたおかずや漬物に、小さめのを頼まれ、ようやくできあがりました。

いわゆる「織部」っていうやつで、緑があざやか。白地のところに、そのときのアイデアで、おやじバンドやってるビートルズ、ロック好きの友人のイメージを描いてみました。

その日に渡してみたら、いたく感激してくれ、家宝にする、なんてねっ。。。これを見た友人からも依頼が舞い込んで、どうしようかとイメージをふくらませて楽しんでいます。

20080223133801 もうひとつは、不思議な器です。薄めで、ちょっと変わった模様を呉須とベンガラで上絵付けしてみました。内側には、LOVE だなんて。

抹茶をたてたらおいしいかも。

いろいろおもしろ作品ができて満足しています^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

サイバーショットケータイ

002 待ちに待ったケータイです。予約販売に申し込んで1週間、ようやく手にしました。商品カタログ、何度も読み返して・・・

スライドだし、カメラカバーを開けるだけで撮影できるし、510万画素だし。。。これからのブログ生活の楽しみが倍増しそう。バチバチ撮るぞー。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

焼き大根どす

001 フライパンに油大さじ半分を温め、大根の輪切り(厚さ1.5cmくらい)を入れて焼きます。焼き色がついたら裏返してフタをし、弱火で15分くらい、やや歯ごたえが残る程度に焼きます。器に盛って醤油をかけ、削り節をふります。。。(20分)

「焼き」はなんでもうまいぞ!カンタンだしー^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

ギャオー 恐竜だーぁ っ

200802171114000 先日長居公園の中にある自然史博物館に行ってきました。英語で、Museum of Natural History カッコエエがな。

昔一度来たことがあって、久し振りの助。恐竜が特に有名で、初めてきたときはビックリしたもんですわー。肉食恐竜もいるんですが、鋭い歯ばかりの、コワーイ絵になるんで、草食のやさしいヤツにしておきました。

200802171116001 おチビちゃんの守を兼ねているんで、恐竜の足跡の中にも入ってみたりして・・・やっぱりデカーイ、ね。

大阪の自然の歴史も、これほど古代までさかのぼると、別の場所の出来事みたいな気がして、なんか頭がクラクラしてきます。

うちらへんにも恐竜がいたんかいな^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

スースーします、タイの面白商品

200802201817000 タイから一時帰国のTさんが多忙な中を我が家へ。いろんなお話に花が咲いて、いつも明るく楽しいTさんです。

お土産をいただいた中に、これはこれは珍しいモノが。これナニって思う?

そう聞かれたけど、タイのリップスティックかなー、せやけどヘンやなー。

(答)使い方→鼻に近づけて吸い込みます。メンソールのおかげで、鼻がスースーするんです。

年中暑いタイでは、必需品だそうで、しょっちゅ鼻につけたり、すごい人は「突っ込んだまま」楽しんでいるんですって。突っ込んでいる姿、想像しただけで・・・(ギョェー)

ホント、スースーします。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

びっくりの「惑星ショコラ」

002 宇宙の惑星バレンタインからやってきたチョコでーす。

実は友人の娘さん、Cちゃんから・・・すごいでしょう、素晴らしい、芸術作品みたい。

真ん中が地球、一番人気で入手困難だそう。その昔「地球は青かった」、最近は日の出ならぬ月からの「地球の出」の映像が眼に焼き付いていますね。

赤いのもいいなー。太陽が燃えている感じですが、これは木星とか。

右のは水星で、もちろんそれぞれお味が違います。順に、ライチ、フランボワーズ、マンゴーです。。。

中之島のリーガロイヤルホテルに昨年5月に登場した、チョコレート専門店「レクラ」のオリジナルチョコで、ものすごい人気ですって。

家の中に出現した小宇宙、ちょっとの間、飾っておいて、眺めて楽しんでから、ゆっくりいただくことにしようっと^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

チンチン電車にゆられて

200801301406000 チリンチリン、ゴットン・・ゴットン・・・ゴトゴト・・・・・うれしいですねえ、チンチン電車。

最近、姫松から天王寺に出るのにときどき乗ります。のんびりできますよ。昭和30年代を十分味わえます。車窓の風景もけっこう昭和っぽいと思ってしまうのはサッカクかな。

動くレトロって、もう大阪にはあんまり無いですもんね。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

バレンタイン・チョコ^^

003 いただきました、チョコレート。ひとつは娘から、もうひとつ、めめさんからも。

娘はケーキ学校に通ったことがあって、スイーツには目がない。今回のはウワサのイワクつきのチョコで、東京・丸の内店からネットでお取り寄せ、関西にはない、昔パリ店に行った、という話もしていた。そうそう、これ、三段も入ってるんですよ。

半分は持ち帰った。こちらも食べ切れないのでそれでいい。自分チョコですね。それにしても、ホワイトデーがコワイがな(ギョェ)

面白い話。去年の8月に生まれた孫に、おばあちゃんがチョコをプレゼントしたって^^

それで思い出したけど、そのおばあちゃんから孫の名前宛ての特別な年賀状が来たってこと・・・なかなかユーモラスで、愛情たっぷりで、楽しいエピソードです。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

ご近所の古き懐かしいもの達 No.4

200712081339000 音楽記号みたいですね。玄関先にある角棒のてっぺんにあるんです。これなんやろ、と娘に聞いてみると、ピアノとバイオリン教えたはるんとちがう?って。。。そうかー、そう言えば、そんな気がします。わかるひとだけの目印、機知に富んだ小さな看板に乾杯♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

おうちで陶芸してます

通っている陶芸教室「陶塾」では、販売している陶土に限り、家に持ち帰って作品を作ることができます。とてもありがたい仕組なんで、年末年始に初めて自宅でやってみました。手ろくろなどは以前買っていたので、これまでに8個ほど作ったかな、乾燥までは家でやり、教室に持っていって素焼き、釉掛け、そして本焼き完成させます。

004 今日も時間ができたし、ちょこっと粘土で遊びました。大物や複雑なの、道具がいるのん等はしないで、飯碗や湯のみをせっせと作っています。もらっていただけることが多いしね。手びねりも慣れてきたので、1個30分くらいです。それもできるだけ削り土がでないよう、薄くうす~く、乾いてからもあまり削らなくていいくらいに仕上げます。おかげでコタツやテーブルの上も汚れはほとんどありましぇん^^手にも土はちょっとしか付かないんです。

一番の問題、それは何と思われますか?

実は、乾燥しただけのものは、すごーーーっくモロイんです。1回目に飯椀を3個、プチプチにくるんで、ひとつは重ねてカバンにいれて持っていきました。ほかの用事もあるので、バスや電車で移動もして、ようやくたどりついた教室で開けてみますと、1個はバラバラに・・・

2回目は、プチプチを増やして、紙袋で、そーーーっと持って行ったので大成功。

3回目は、教室の近くまではバッチリ、ゆるゆると運びました。そして、先日ブログにも載せたチョコレートショップで事件は起こったのです。写真を撮らせてね、とパシャ、その携帯を左手にもった状態で、商品の包装ができて、おつりと共に受け取る段階になり、受け取ろうとした右手の袋にかかっていた指(サイフもつかんでいた)が、なぜか開いてしまったのです。店にいるだけでアガッていて、さらにマイマイしてしまったみたい。

時すでに遅し、わずかな高さでしたが、バシャっという音が。。。あまりプチプチを敷いていなくて、新聞でくるんでいたせいもあります。自分が悪いので、内心はエライこっちゃと思う心をヒタ隠し、「大丈夫ですか」と声をかけられたけど、にっこり?笑顔で、あの階段を駆け上り、教室に。

そして開けてみたら、、、2個とも割れてしまっていて(トホホ)

とにかくガックリくるし、モッタイナイんで、これから何があってもゼッタイ割れないよう、きっちりくるんで持って行くようにしなくては、と強く思っています。もちろん落とさないで・・・それさえクリアできたら、おうちで作るのって楽しいもんですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

キャベツの丸ごと煮@ダッチオーブン

先日のもみ灰焼きのときに、おみやげにいただいた野菜の中に大きなキャベツがあるのを見たときから「丸ごと煮」が男の料理のターゲットになっていて、今日本屋さんでダッチオーブン料理の本をパラッとめくると、ばっちり見つけたのでチェック。ニンジン、じゃがいも、ベーコン、にんにく、ローリエ、タイム、スープの素などは家にあったので、さっそく我が家のカタスミに眠るダッチオーブン(コンボクッカーという家庭用タイプ)を発掘。化石みたいやけど、ちゃんとオイルでメンテしていたので即使用可能。久しぶりに見たねーってめめさん(うふェ)。

200802101832000 キャベツの半分に切り込みを入れ、ベーコンを挟む。ニンジン、じゃがいもはチョッチョッと切って周りに置き、ほかの材料も全部入れて水をひたひたまで注ぎます。沸騰したら弱火で30分くらいグツグツ煮ます。ダッチオーブンは圧力なべと同じ原理なので、すきまからすごい蒸気が噴出。パワフルゥ。台所がアウトドアに変身して、元・山好きの血が騒ぐぎます!

赤ワインとトマトソースも入れて味わいを深くします。出来上がりは、竹串をキャベツに刺して、すうーっと通ればOK。暖めたお皿に取り分けて、ひとくち・・・うわー、サイコーや!めちゃくちゃウマイ!よかった、キャベツもニンジンもじゃがいもも全部うまい、ゆうことなし。体の芯まで温まる。冬は煮込み料理がええワー。コンボクッカーちゃん、ありがとう。またね。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

手作り味噌。。。

200802091516000 そろそろ作ろう、と携帯スケジュールに「味噌」って書いていたけど延び延びになっていました。一日中雪やこんこん、なのでこたつで丸くなろうかと思ったら、めめさんから味噌は?との問いかけあり、昨日から大豆を水に漬けて準備していたのでした。さっそく大鍋で大豆を煮立て、指でつまんで柔らかくなった頃に次の潰しの工程へ。昨冬、2回経験したので、要領はいい。今回は2kgのダンベルにタオルを巻き、ビニール袋を二重にした道具に体重を掛けて押しつぶしました。大きく広げたビニールに、細かくなった大豆を全部を積み上げ、塩と麹を一緒に混ぜます。混ぜたら、団子を作り、容器の底から並べて落とし蓋にさきほどのダンベルの重しを乗せて、できあがりでーす。1時間半くらいで完了。まだ外は雪。暑い夏になれば、おいしい味噌が出来上がるはずです^^

| | コメント (1) | トラックバック (0)

11年ぶりの雪です***

200802091209000 天気予報どおり雪になりました。どんどん降り積もっています。家でゆっくりしてようっと。。。

あとで聞くと、大阪市内積雪5センチで11年ぶりだったそうです。ほんとこんなに積もったの久しぶりだよなー***

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

急須作りはオモロイわ♪

200802041653000 最近ハマッている急須作り、その日のインスピレーションでデザインするので、気分がうまくかみあって、面白いものができると嬉しくなります。

西洋ナシみたいな形になりました。ぷっくりしたフタは即興演奏のジャズみたいな感覚で、あれよあれよという感じでできました。文字は、おいしいお茶のひととき^^

200802041653001 写真は、まだ土が柔らかいうちに口と取っ手をボディにくっつけたときのんです。そうそう、空気抜きの穴は二つにしました。見えますかー。

これから乾燥、素焼きを経て本焼きし、完成が楽しみ。途中経過なんですが、何度見ても面白いから我ながら不思議です^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

JR南田辺駅前「スタンドアサヒ」で晩ごはん

200802071833000 いつも満席なので、直前に予約して行きました。紺地ののれんをくぐり、ガラッと引き戸を開けると、Oさん、いらっしゃい、って。あの元気姉さんに覚えてもらって光栄です。なじみのお店のひとつになってきたみたい、ウヒョッ^^

何度もこのブログに登場しているんだけど、また案内したくなる、不思議な店。去年たまたま手にした、ちくま文庫の「大阪下町酒場列伝」でも、強烈な印象を放っていた。

200802071808000 近くの友達とは、ビールからはじまる。そのときの定番のつき出しの小鉢は、いつも同じ表情で迎えてくれる。今日は車だし、アルコール抜き。でも定番の小鉢はいただきました。

ごはんもはじめから注文しました。そんな奴おらんやろ、の店内だけど、今日はこれでOK。お造り盛り合わせ、きずし、カキフライ、うまきなどで、もう十分。ごちそうさんでした。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

釉薬「もみ灰」のもみ殻を焼きに行ってきました

200802061038000 先日陶芸教室で、「もみ灰」が無くなる、という話を小耳にはさんでしまいました。この釉薬は結構お気に入りのなので、これは大変と先生につっこんで聞いてみますと、3年くらい前に入手したんだけど、自然なもみを焼いたのがなかなか手に入らないし・・・というお話。そこでハタと頭が回転して、知り合いに農業をやっているのがいるんで聞いてみます、ということでさっそく手配してみましたら、沢山あるよー、とKさんからの返事。とんとん拍子に話がすすみ、本日もみ灰を焼きに奈良まで車を飛ばして行ってきたのであります。

200802061103000 到着しますとKさん、準備万端で、もみの袋4個、レンガ、土管、シャベル、ジョウロ、水の入ったポリバケツなどなど用意いただいています。ちょいと走ったところの、野焼きするには手ごろな場所に着きました。Kさんの奥さんも、あそこならちょうどいい、と考えてくれた最適の場所らしくて、さっそくKさんのお父さんやお隣のおじさんまでが伝授してくれたという昔からの焼き方でやることに。レンガを三方に置いて、真ん中に土管エントツを立てます。まわりに藁を燃やし、いよいよもみを撒きます。

200802061307000 もみはなかなか燃えません。じわじわと黒くこげながら少しづつ広がっていきます。1日かかりますよ、って先生がおっしゃっていたくらいですから、じっくり腰を落ち着けて見守ります。でも、エントツでやる焼き方がことのほか早く焦がしてくれました。もうひとつエントツを持ってきてくれて、さらにスピードアップです。

焼けてきたら上から新しいもみ殻を撒きます。すこしづつ上に乗せては、ときどき混ぜたりして焼け方をチェック。いい感じにできてきています。先生も驚きのスピードです。始めてから約5時間、ようやく全体が黒くなって、もみ殻焼きを終えました。このままほっておくと、ますます燃えてしまい、白くなっては元も子もありませんし、飛び火しても困るので水をかけて消火します。

この灰を後日教室に持ち帰り、先生が何度か不純物をろ過し長石などを配合して釉薬が完成します。原料から作り上げた釉薬で作品ができたら、より楽しみ喜びもひとしおのことでしょう。とにかく、今日一日雨も降らなかったのは幸いでした。恵みある一日でした。Kさんはじめ多くの方にも感謝感謝。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

駒川商店街「花まる」のお好み焼き

200802031740001 お好み焼きをムショーに食べたいときがあります。そのとき、ごはんも一緒に食べたくなります。「お好み焼き定食」、炭水化物に炭水化物の組み合わせで、大阪以外の方には「驚きの食べ方」とかいうのですが、これがホンマにウマイんです。名物は「豚玉」。この豚がすごいでしょ。分厚く、トローっとした最高の豚です。ヒャーうまい!

200802031740000 ここ「花まる」は、駒川商店街の真ん中あたりにあり、近くのお肉屋さん直営のお好み焼き屋さん。テレビにもよく登場していて、サイン色紙も壁にところ狭しと貼ってあります。いつ行ってもお客さんが入っていて活気があるのもうれしいですね。やっぱりここは「花◎」です^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

節分・あびこ観音・巻き寿司

014_2 節分といえばこの界隈では昔から「あびこ観音」が有名。おチビちゃんたちがきたことだし行ってきました。厄除けでも知られていて、厄年の時に来てから久しぶり。それに実は節分では初めてなので、混み具合には驚きました。屋台も細長い参道にずーーーっと並んでいて、行きかう人でゆっくりしか進めません。迂回路に誘導され、門から入ると中はまたごった返しています。お札をもらって厄除けと家内安全の祈願をしているひとひと人で一杯です。一角にある祈祷所では、護摩を焚いて修験道者達が一心に祈っていますが、こんな光景に出会うとはビックリでした。この「あびこ観音」、聞くところでは鎌倉時代から続いている、とても由緒ある観音様だそうです。

015 お帰り道を屋台を見ながら帰る途中、懐かしいスマートボールにおチビちゃんたちが挑戦。上の子は5歳なのでけっこう上手で、もう少しで「ビンゴ!」になるところでした。もらった景品を見て、下の子もチャレンジしたけど、ひとつしか入らず、でも同じ景品をもらってご満悦でしたよ。

018 家に帰って、巻き寿司作りです。変り巻き寿司で、小さいのを何個か作って、それを大きいので巻いて、断面が模様になるように作ります。下の子が教えてもらって小さい巻き寿司を巻いているところです。

020 みんな参加して、巻いて、切って、出来上がりました。赤いのはタラのそぼろですが、ちょっと薄い赤でしたね。模様は「梅の花」です。レシピにはほかにハート模様とか、いろいろあるようですが、これが一番カンタンでした。自分たちでつくったもの、おチビちゃんも食べるのがうれしかったみたいです^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »