« 商店街めぐり(1)=空堀商店街 | トップページ | ほんとに「日本一の屋台達」@高津神社とんど祭り »

2008年1月13日 (日)

かぶら蒸し

冬のこの季節にピッタリの料理にチャレンジしました。「かぶら蒸し」です。冷蔵庫にマグネットで何年も前から貼ってあった新聞の料理連載「モンスーンの食卓」、そのうちで精進料理教室の藤井宗哲さんの担当の記事で、黄ばんでしまうくらい放ってあったのに、そろそろ作るけど何がええかいな、という問いかけに、そのレシピがついに登場したわけでありまする。

日本料理は結構手間がかかります。駒川商店街で、かぶ、にんじん、シメジ、ぎんなん、レンコンなどを入手し、下ごしらえに小1時間、時間をかける間に出来上がりのワクワク感を味わえるので、凝った料理もいいもんです。助手のめめさんに、おろしたレンコンやかぶの水の切り具合を実技指導してもらい、蓮餅の作り方、煮汁の水溶き片栗粉のやり方も学んで、なんとか蒸し器の中で完成することになりました。

200801131817000写真ではおろしたカブと水溶き片栗粉、しょうがくらいしか見えませんが、その中身はといえば、労力、時間、食材、お百姓さん、八百屋さん、卸問屋、ガス、水道、陶芸の器、土、火、太陽などいろんなみなさんの結晶がそこに潜んでいるんです。それをスプーンですくって口に含んだときのオイシサ、形容しようのないくらい絶妙のうまさでございました。

|

« 商店街めぐり(1)=空堀商店街 | トップページ | ほんとに「日本一の屋台達」@高津神社とんど祭り »

手作り・料理」カテゴリの記事

コメント

ずいぶんおいしそうにできたねぇ^^食べたかったなぁ。何よりゆっくり楽しんで作っている様子がうらやましいわ・・。

投稿: yumiko | 2008年1月13日 (日) 22時21分

蓮根饅頭の中の凝縮したさまざまなものを想像すると、思わず笑ってしまいました。ふふふ~。ほんに、われわれは生かされているなって感じますものね。それにしても、おいしそうぉ~。湯気がこちらまで届いております・・・

投稿: みほりん | 2008年1月13日 (日) 22時41分

>みほりんさん
見えないもの、凝縮されているもの、そんな存在感、日本料理ならではの感覚かもしれません。ちょっと気がついてしまいましたもんで・・・^^

>りんりんさん
時間があるからできたね。おいしかったよー^^またねー。

投稿: おだまき | 2008年1月14日 (月) 09時02分

本当に、美味しそうですね!
強力な助手までいて、羨ましいです☆彡
そういえば、手のかかる日本料理…
しばらくしていない気がします…

投稿: かなりあん | 2008年1月15日 (火) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139342/17682327

この記事へのトラックバック一覧です: かぶら蒸し:

« 商店街めぐり(1)=空堀商店街 | トップページ | ほんとに「日本一の屋台達」@高津神社とんど祭り »