« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

今年のおおみそかは・・・

今年のおおみそかは、ようやくゆっくりできるかと思いきや・・・僕はきのうのもちつきで疲れていたのかゆっくり起きてしまい、早朝にO一家は舞子に帰ったみたい、よいお年をーっていう声は玄関から聞こえていました。予約してあったおせちを引き取りに行くので、がらがらでスイスイーの阪神高速を神戸方面に車を飛ばしまして、魚崎出口を出てJR住吉駅前の八百屋さんで予備の野菜を購入し、山口豆腐店がおおみそかは満員と聞いていたのに結構空いているのでちょっとびっくりムードのまま御影「やまもと」(宝石箱のちらし寿司で紹介)でおせち料理を受け取り、おばあちゃん家に寄っておせちを分けて、昼ごはんどうしようか?といいつつ芦屋方面に車を走らせながらアチコチの店を思い出しても今日はやってないんじゃないかなーって、そうこうしてるうちに阪急岡本のほうに行ってみようと山のほうに上る。阪急岡本とJR摂津本山の間はすごく近いので、その間の商店街は賑やかだしセンスのいいお店が沢山あるので来るたんびにいいなーって思うんですが、ぶらぶら歩いていると、パンの名店「フロイン堂」の前を通りかかったので、ちょっと入ってみて「ありますかー」って聞くと、ご店主のおじいさんが「予約注文のを取りに来られないのがありますが、それでよかったら、」「ありがとうございます、」って食パン1本購入いたしました、めったに入手できないから嬉しいなー。。。ということで、写真はその食パンでーす。

200712311718000 ランチは昔から時々立ち寄る「ドンク」でいただき、神戸をあとに一路大阪へ(たいそうでんな)。阪神高速はまたまたガラガラ、最速で駒川出口を出て家の駐車場でめめさんとおせちを下ろし、私の大事な用事である年末のガソリン補給ならびに洗車に向かう。洗車はきのうまで雨模様だったので沢山並んでいて6台待ち、これはいかん2時間くらいは待つことになるぞ、とその間近くの停留所からバスで父の病院に行き、車椅子を押したりいろいろお話したりして2時間後にまたバスで舞い戻ってきて、きれいに磨きあがった車を受け取り、ようやく家に帰ってきました。その間にK一家が来ていておせちを分けて帰ったとのこと。晩ご飯は、きのうおとといで作ったお煮しめと年越しそばでゆっくりいただきました、そうそう岡本の感じいい店で買ったワインのミニボトルを作りたてのマイおちょこでクイッと、うまーい。そして今「紅白歌合戦」を見ながらブログを書いています、今年の紅白は最初からちょっとおちゃらけっぽくて結構楽しいですね。どちらが勝つという感覚がないのがいいかも。カメラワークも演出もエンタメです^^そうそう「やまもと」のおせちは元旦にアップいたします。では、皆様今年も大変お世話になりましてありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。よいお年をお迎え下さいませ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

恒例のもちつき

200712301427000 高校時代からの友人N君ちの恒例のもちつき、12月30日には欠かさず続けてきた伝統行事で、昔から家族ともども参加させていただいています。N君ご一家のご家族がどんどん結婚や出産で増えてきて、家の中や庭が25人くらいになり満杯です。以前は、年寄りばかりでフーフー言いながら何臼もついていた頃もありましたので、若手男子が増えて団塊組には嬉しい今日この頃になりました。

200712301415000 寒波襲来で荒れるという天気予報でしたが、これまでいつもそうだったように、今日も晴れ^^気温は10度くらい、お隣に大きなマンションが建ったおかげでビル風がときおりびゅーっと吹き、夕方ころには寒くなってきました。冬ですから当たり前ですよね。若手男子だけに搗いてもらうのもナニですし、団塊組の僕たちも何度か杵を持って、ガンバリます。でも、搗くより横でこねる受け手のほうが大事な役割なんです。ある程度ベテランでないとできません。N君の息子のKちゃんなんか、やっぱり後継者ですね、受けがとても上手になりました。女子は搗きたてのアツアツのもちをちぎって丸める役割です。孫たちも混じって、みんなと楽しそうに丸めています。女の子って小さいときからやるもんやなー、と感心されていました。それにしても沢山うったので、丸めるのも大変だったと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

クラシック・ミニカー・コレクションにみんなビックリしました

幼稚園や中学時代からの旧友と恒例の忘年会。普段の飲み会は、かの「スタンドアサヒ」ですが、年末はS邸のダイニングルームで、それもてっちりです。ご夫妻の愛情溢れるお料理と、とっておきのワインや焼酎で今昔のお話に花が咲きます。たっぷり雑炊もいただいて、コーヒータイムになって、昔のレアもののレコードがすごい価格で売られているっていうことから車の話になったときかな、思い出したようにS君が、ミニカーがあってね、孫がブーブーと遊んでいたけどっていう話・・・えーーーっ、何でできているの、金属?、いやブリキかなー。そしてみんなで拝見させていただきました。この世界、まったく詳しくもない僕たちだけど、レトロなミニカーのオンパレードに目をキラキラさせて魅入ってしまいました。

200712222051000_2 大きいのが3台。いすずのベレル、ヒルマン、エルフ(トラック)です。お父上がいすずにお勤めだったそうで、裏には車名とMADE IN JAPANの刻印があります。小さいモデルは11台。いすずヒルマンはもちろん、トヨタクラウン、ニッサンブルーバードなどの名車のミニカーで、全て「アサヒトイ」製と刻印されています。左から3番目のトラック(濃いグリーン色)ですが、これ、ランドクルーザーなんですよ。。。

もう一台見せていただきました。とっても小さいんですが、真っ赤なアルファロメオのスポーツカーです。白いウエアのレーサーも乗っています。ちっちゃいのに重たい。裏にはMADE IN ENGLAND の文字が・・・。なんか値打ちありそう。

とにかく全ての写真を撮らせてもらって、本人の了解を得てこのブログに登場することになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

25万人の第九♪♪♪

191223_002 12月といえば第九って昔から言われていたもんですが、最近はどうなんでしょうか?たまたまTVを点けたら、25万人の第九というタイトルの番組だったのでびっくり!よく見ると「1万人の第九」が25年目だから、25万人ということ。了解です。ということは、ぼくもそのうちの一人だー^^と喜んでしまい、すぐに机の引き出しをごそごそ探す始末。つまり昔の「一万人の第九」の楽譜やパンフレットを大事に置いていたはず、ということでしたが、無い無い無い。。。見つかったのは一枚の新聞切り抜きでした。よく見てみますと、えーーーーっ、第4回に参加していたんだー、○○年前かー、若かったなー、まだ若いほうのメンバーだったなー。

確かその年の夏頃に申し込んだはず。一応抽選があり、無事当選しました。秋になると12回くらいのレッスン日に必ず行って自分のパート(バス)を徹底的に覚え歌いこまないといけないんです。仕事が終わってから、北新地にあった毎日放送会館の大会議室みたいなところで、かなりの人数が集まっていたなー、ちょっとづつちょとづつ練習してゆきます。ドイツ語の歌詞を丸暗記。楽譜にカタカナでふりがなを書き込みます。それに今ならCD、当時はカセットテープでしたが、第九のカラオケを家でとことん聞き覚えました。それでもシロウトですから、忘れます。。。タイミングも合いません。一人違うところで声を出してしまい、ハズカシー。ほかの人もときどきやります。ほっとしますね。

本番前日は、大阪城ホールで合同練習。そのときには指揮者の山本直純がきていたかなー。大阪、神戸、奈良、京都などで何ヶ所かでそれそれが先生について練習してきたのを、ここで声も気持ちもオーケストラもすべてひとつにまとめてゆくんです。このあたり、すごいっ、一万人が歌う感動、心がふるえます。そして本番の日。5時間くらい前にホール入り。1時間前くらいから山本直純さん、司会の紺野美佐子さんも舞台に上がり、プロのオペラ歌手が揃って、どんどんテンションがあがってきます。音合わせします。自分も周りの仲間も、みんななんとも言えない緊張感に包まれていきます(当時のことを思い出してきました)。

そしてほんとうに「一万人の第九」の幕が開きました。もう頭はボーッとなって、最初の歌い出しさえ間違えなければなんとかなる・・・音楽が始まれば、あとは怒涛のごとく第一楽章から、最後の歓喜の歌まで、一気に駆け上って、歌い終わると、もうなんか涙が押し寄せてきて、感動感動感激で胸が一杯。家族みんなも観客席で一緒に歌ってくれていましたし、素晴らしいひとときを第九を通じて共有できたと思います。よかったなー。○○年前を思い出しました。

25万人の第九、一万人の第九に今日あらためて感謝しました。ありがとうー^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

にぎやかな忘年会@陶塾

200712212014000 いつも陶芸でお世話になっている教室の忘年会。今年の2月に入塾してはじめての飲み会です。持ち寄りとお聞きしていたのでドリンク類や自家製の漬物などを持参しました。先生方がいろいろセッティングしていただいていて、いつもはろくろで製作している大きなテーブルに皆さんの持ち寄り料理やおつまみがどんどん出てきます。お酒も、いろんな種類が用意されていて、そこらのバーや居酒屋よりも希望をかなえてもらえる素晴らしい環境に驚き桃の木山椒の木(古っ)。

続々と勤め帰りの方や、ご近所の生徒さんやら、なかにはOBのご家族や子供さんも、やってこられます。面白いですねー。長年会社勤めしていて、忘年会や飲み会いろいろあれど、こんなに楽しいのは久しぶりか初めてかな。趣味で集まったお仲間っていいもんですねー^^

そうそう、この日初めて会う方が半分くらいいたんですよ。夜の6時以降の生徒さんとは、なかなかお会いすることがないんです。その中でも、ブログ友達のOさんとRさんは、コメントなどでお知り合い。ようやく初顔合わせが実現しました。でもなんか初対面という感じでなく、旧知の友というか久しぶりー、っていう出会いで、結構これもいいもんですね^^

ところで今回の写真、ケータイなもんでちょっとピンボケ、皆さんすみませーん(ペコリ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

X`mas 陶製ツリー 出来上がりっ^^

001_2  陶器で作るクリスマスツリー。インテリアとしてお店などでよく見かけますよねー。今回めめさんからリクエストがあり、家にあったら子供たちも結構楽しめるかも、と頑張りました。先生のご指導で、円錐形を扇型に切った「たたら」で作りました。たたら作りというのは、土を、うどんやそばを作るときみたいに平たく延ばして作る製法のことです。そこまではおかげさまでスムースにできましたけど、そのあとが大変!いろんな穴を開けていくんですが、これって根気がいるんです。コツコツと、○や☆印、トランプのハートやダイヤ、ミッキーマウスなどなどを型抜きします。数が少ないと照明の光が出てこなくって、暗ーいもんですから、とにかく意地になって開けました。その後素焼し、その周りに下絵の具でいろんな色をつけて華やかな感じにします。全体の色はホワイトですので、カラフルで鮮やかな発色が得られました。そして今日、車で持ち帰って点灯式を執り行いました。ジャンジャカジャーン。。。なかなか素晴らしい、部屋の中で燦然と輝くマイクリスマスツリーでありましたよ^^なお、中に入れた照明器具は、電気屋さんでセットで購入し、別に入手した木の板に取り付けています。電気関係にうといので先生にお聞きしてようやく完成いたしました。パチパチパチ^^

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

ご近所の古き懐かしいもの達 No.2

200711301125000 あちらこちらでクリスマスの飾付けやイルミネーションが目立つ季節です。前回、この企画のきっかけになった建物があります。昔通っていた幼稚園の古い木造の建物、それが壊され、更地になって、何か自分の気持ちにちょっと空洞ができたように思いました。今回は、同じ敷地にある教会です。その頃から、特徴のある青い瓦屋根は印象的でした。冬の青空、ステンドグラス、白い壁、ちょこんと下げられたクリスマスリース。落ち着いた良い雰囲気が漂っています。

200711281422000 この界隈のもうひとつの教会に古い木造の建物があります。例の解体されたのも同じような感じで、懐かしく、そばを通りながらいつもこっそり見守っているんです。結構大切に維持管理されている様子なので安心していますが・・・。この木造の1階部分って、なんかいい感じですよねー^^それに土壁の2階がマッチしてるんですね。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

みんなで楽しいクッキー作り!

200712151428000 お孫ちゃんたちがやってきたので、何か家でイベントをしようということになり、じいじが得意?のパンとかウドンとか、聞いてみると「クッキー」がいいという。となれば、Ymちゃんがいるので心強い。で、さっそく小麦粉やらバターやら、十数年前にYkちゃんが一度使用して、それ以来初めてという型抜きの道具も出してきて準備万端。しかし・・・お絵かきと同じで、子供は好き勝手に楽しむもんですねー^^小麦粉で粉だらけになりながら、遊んでいます。

200712151539000 とにかくグチャグチャ。Ymちゃんも諦め顔で、それでもかわいい姪っ子なので、いろいろ教えながら、楽しんでる様子です。動きが激しいもんで、写真もブレてしまいますね。久しぶりに日の目をみたハート型の型抜きやらが大活躍しています。固めた生地を抜いて、何をつくるんかな。干しブドウも使うみたいだけど、いつの間にやら食べてしもて、減ってきていますよ。

200712151623000

オーブンで焼いて、出来上がりました。これなーに?ははーん、干しブドウが目やら口になっていて、ねずみちゃんやら象さん、それに星などですね。ほかにも沢山作ったけど、みんなでオヤツにしてお茶して、いただきました。おいしかったよ。ごちそうさんでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

ビーズ手芸の厄除けストラップです

001 親戚のおばさんがビーズ手芸に凝っていて作り方を教えてもらったようで、めめさん朝からテーブルでコツコツ作っていました。ビーズがほんと小さいもんで、四苦八苦。テグスに通すのも、ころころ転がり、見ていても肩がこります。それでも昼までに仕上げてランチ友達にプレゼントするとか。厄年には七色のものを持つと良いと言われているので、結構この「厄除けぞうり」のストラップは人気があるようです。ちょうど三人とも娘さんが前厄なので、とても喜んでくれたとのことでした。ところで、ビーズもいろいろ種類があり、これはスワロフスキーといって特に輝きがすばらしいものだそうです。写真もマブシイくらいになりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

晩ごはん、マーボー春雨豆腐にしました!

200712111850000 今日の新聞に載っていたレシピです。中華料理ははじめてかな。絹こし豆腐と豚ひき肉でマーボー豆腐ですが、、そこに春雨を入れてボリュームと食感アップ。中華料理っぽくなります。みじん切りにしたネギ、にんにく、しょうがを、ごま油で炒め、豚ひき肉も炒め、ここでトウバンジャンを加えます。合わせ調味料(みそ、しょうゆ小さじ2、さとう小さじ1、コショウ少々、水1カップを混ぜておく)と、1cmに切った豆腐、春雨を加え、煮立てて弱火で5分。最後に、片栗粉小さじ1を水大さじ1で溶いて加え、とろみをつけます。そうそう、片栗粉をフライパンに入れるときは、火を消してから。理由は熱いとダマになる(あちこちで固まる)から。入れたら再び点火し、十分火が通るようにするのがコツみたいです。ピリカラでもあるし、しょうがやにんにくの味、豆腐のやわらかさ、春雨やひき肉の食感など、けっこう複雑でとてもオイシイでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ひょっとして天才かいな(・・)

200712011247000 孫たちがうちにくると、ベビーギャングさながら。最近お絵かきがお気に入りらしく、水彩絵の具で画用紙に描きたいというようになってきた。ただ、おとなしく書いているのならいいが・・・床にハイキングで使うビニールシートを敷いて、絵の具、筆数本、水、画用紙を与えておく。チューブから絵具を出すのが楽しいらしく、ブチューと、なんにも気にせずに出してしまう。それですぐに描くのかというとほかの色もブチューと出して、混ぜる混ぜる。どんどん同じダークグレーになってしまうのである。そんな経験をしながら、少しづつ単色のカラーを覚えていくのか、クリアな色使いもするようになってきた。

200712011250000 そしてできたのが二つの絵です。上の子はしっかりしているので、テーマがあり、これは「海」だそうです。いろんな魚が泳いでいるさまや、夜の空にお月さまが浮かんでいる様子も描いています。下の子のは、アクションペインティングで、お花のようにも見えるし、形になっているようなそうでないような。そうしているうち、だんだん調子に乗ってきて、いつの間にか自分の体に色を塗って、騒いでいるではありませんか。それに水をビニールシートにぶちまけて、ビチャビチャで楽しんでいる。ま、子どもってこんなふうに自由奔放に遊ぶもんですよね^^記念にアップしておきました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

素敵な木彫りのX`masリース

200712081325000 知り合いのKさんからのクリスマスプレゼントです。上の娘に昔いただいたのと同じのを下の子にもいただきました。かなり長い年数やっておられるので、彫りも彩色も本格的な作品ですね。直径25cmくらいかな。おかげですてきなクリスマスを迎えられる、とすごく喜んでいました。Kさんありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

駒川のイタリアン「Tsumuraya」

おいしいですよ、って友人から聞いたので、さっそく行ってきました。駒川商店街を南に行って、信号を渡るとすぐ左手のお店で、去年の2月オープンというからもうすぐ2年になるとのこと。オーナーシェフと奥さんで切り盛りされています。アラカルトメニューから、かぼちゃのポタージュスープ、ホタテ貝柱のパン粉香草焼き、マルガリータ、あさりとにんにくのパスタを注文して二人で分けました。スープはきめ細やかでなめらか。貝柱の香草焼きは、お皿ごとオーブンで焼いたそうで、お皿はめちゃ熱いのですが、貝柱はふつうの温度で、柔らかい仕上がり、味わい深く、感心しました。マルガリータに乗っているトマトなんか、アツアツに焼いていてまだ自然なやわらかさだったので驚きです。パスタは細麺で好みの食べやすさでした。

久しぶりに今日はワインでも、とリストを拝見したところ、ホットワインというのが珍しいのでお願いしました。ドイツの甘口で、想像以上に高い温度ですが、寒い今頃にはぴったりの飲み方で、おいしくいただきました。ネットで検索してみますと、本場ドイツやフランスでは、クリスマスシーズンはよくこの飲み方をするそうで、60度くらいまで温めて砂糖やグローブなどを入れるのが基本のレシピとか。写真はちょっとピン甘でしたが、湯気が立ち上る赤ワインの雰囲気が出てると思います。なお、料理の写真はありません。携帯の電池切れのため、全ておなかの中に・・・。また行きたいお店のひとつです。

Original Dinning 「Tsumuraya」 東住吉区鷹合2-17-30  06-6608-6168  17時45分~1時

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

御影・本家「やまもと」のちらし寿司!

200712041828000 3月にもちょっぴり紹介したんですけど、久しぶりに本家「やまもと」のちらし寿司、テイクアウトしました。やっぱり味もボリュームも素晴らしいものでした。ところで、どれほどの食材が、この14cm四方の弁当箱の中に詰まっていると思われますか?今回はひとつづつメモしてみました。写真では下に隠れているのもあるので、ご想像下さいね。

では参ります→→→まぐろ、いか、たい、貝柱、かつおのたたき、たらこ、えび、あなご。さつまいも、こいも、れんこん、きぬさや、グリーンピース、しょうが、しいたけ、黒豆、出し巻き玉子、すだち。パセリ、しそ、芽じそ。たいのそぼろ・きんしたまご・のりが乗ったごはん。以上25種類。実に14cm四方の中に凝縮された、ちらし寿司の宝石箱のようでありました。このお店のこの味は、ずーーーっとずっと続いて欲しいと、家族一同で思っております^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

極薄(ごくうす)手びねり茶碗など

200712031454000 急須作りの過程で、薄く土をひくってどういう感じか、が分かったように思って、最近は極薄(ごくうす)で手びねり作陶するのに凝っております。さらに器の口縁部分をあまりキレイに整えないで、土っぽく自然に仕上がるようにするのが面白いですね。そんなこんなで還元焼成のが沢山できてきました。抹茶茶碗として作った白土にかすみ透明釉の作品。高さ7.7cm、直径13cm、重さ230g とても薄くて軽~いんで、家族が驚いています。昔のを出してきて、重さがぜんぜん違う!って。なにせ削りの工程では、ほんの少しだけ高台を削っただけ。自信のマイ名作です。

200712031453000 前の会社の人たちと居酒屋にいるとき、出てきた一合徳利を見て、これとおなじくらいのを作ってーな、と発注あり。さっそく作りました。実に小ぶりの徳利とぐい呑みで、これも極薄作り、特にぐい呑みの口縁が土っぽい仕上がりになっています。一合のつもりでしたが、カップメジャーで水を入れて計ってみると、150ccでした。残念!

200712031457000 このほかご飯茶碗、徳利、マグカップ、花瓶などもできました。花瓶は、知人の娘さんからのリクエスト。普通の焼き締めで、素朴な味わいの品となりました。これも結構薄くひくことができ、てっぺんは、自然な感触になっています。これ、最近のおだまき流!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

ステキな本ができたよー^^

200712021602000 到着しました。はじめてのマイブック。11月中旬に発注したココログ出版の本です。PDF原稿のイメージとおりのできあがりで満足のいくものでした。さっそく子供たちにも1冊づつ・・・。写真も小さいながらしっかりした印刷なもんで感心してくれました。読み返してみると、パソコンの中のブログとはまたひと味ちがう嬉しさ楽しさを感じられて、作ってよかったなー、って思いました。また何年かしてその気になったら注文してみようかな!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »