« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月28日 (水)

ご近所の古き懐かしいもの達 No.1

最近ある建物が取り壊されました。昔通っていた幼稚園(今は教会だけ)の、それでもなお残っていた木造の建物で、思い出の場所でした。鶴ヶ丘駅も高架になりました。回りの家もどんどん新しくなっていきます。そんな中、ところどころに古い懐かしいもの達が残っています。でもそれもいつか消えゆくことでしょう。それで、通りすがりにパチリとケータイカメラで撮影して、少しづつこのブログに残しておくことにします。

200802101540000 いちばん近くのお家の壁に、旧町名の表示板が残っていました。仁丹将軍というらしく、大阪で3つしか残っていないそうです。このあたりは戦前から開発された、サラリーマン向けの住宅地だったようで、風情ある長屋がまだ残っています。田辺の地名は、最近「田辺大根」でちょっぴり有名になったのですが、その昔は一面大根畑だったということですね。

200711281628000_2 ずーっと以前からあって、気になっていた看板です。かなり大きくて、力強い文字なので、目立ちます。みんなウンチさせることはないでしょうね^^

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

小カブちゃん、収穫の日~みそ仕立料理

200711251413000 子供一家がやってくることになった日曜日、ちょうど小カブちゃんも収穫の日を迎えました。孫たちに抜かせてあげるのも、小さな農業体験といえるでしょう。ムギュっと葉っぱをつかんで、ぼそっと抜きます、嬉しいようなそうでもないような、なんとも言えない表情をしていました。大きいので直径5cmくらい、ちいさいのは2cmちょっと。今日は数がいるので、小さいのも必要と結局6個収穫しました。有機栽培のとれとれの新鮮野菜です。

200711251655000 料理は「カブのみそ煮」かな。新聞に載っていたカブの酒かす煮を作ろうとしていましたが、孫に酒かすは合わないので、みそ煮にしました。ニンジン、レンコン、ゴボウ、エリンギを食べやすい大きさに切り、ゴマ油で炒め、だし、酒、みりんを加えて中火で煮ます。カブは串が通るまで下ゆでしておき、それを具の中に入れ、厚揚げとしょうゆを加えて3分ほど煮ます。白みそを溶いて、味見して、はい出来上がりでーす。小カブちゃん、ほっこりして、とってもおいしかったです。ベランダ菜園でも、十分みんなに喜んでもらえました。よかったでーす。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

孫が絵付けしたご飯茶椀でーす!

200711231618000 10月中頃にできていたのに、すぐに梱包して渡してしまったので、アップし忘れていた陶芸作品です。私が半磁土という土でご飯茶椀の形を作り、乾燥・素焼したものを、陶芸教室に陶芸用クレパスというのがあるのでお借りして、おうちで気が向いたときに、好きなデザインで自由にお絵かきしてね、と孫に渡しておきました。出来上がったのを受け取って、教室で焼いてもらい、出来上がった二人の作品でーす。

200711231619000 クレパスは初めてなので、どんな出来なのか心配でしたが、自由絵がそれなりの味のある茶碗に仕上がりました。上の子は5歳なので、ちょっとしたアイデアなんでしょうか、茶椀の中に茶椀の絵を描いているんですよ。「それ、あたしが作ったのー」って言ってくれて嬉しかったですね。下の子はまだ3歳なので、これはなになのかなー・・・?オトナでは描けないセンスがオモシロイですね^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

懐かしい、お手玉を作る。

200711211422000_3 うちはとにかく手作りが好きみたいで、リクエストは「お手玉」、それも昔ながらの作り方で「ざぶとん型」というタイプらしい。中には「あずき」を入れるようにとの注釈着き。孫も昔のままの雰囲気が好きなのか、いやきっと親が好きなんでしょうな。それで、めめさんが生地を選んで手縫いでコツコツ作りました。細かい作業なので「肩がこるー」と言いながら数日間頑張って、かわいらしいのができました^^あずきも天日乾燥させ、お手玉一つにつき40g測って入れていました。孫たちもお手玉遊び、楽しんでくれるかなー。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

和風料理「根菜の煮物」に挑戦!

200711201825000 最近の主夫の料理は、新聞の「料理メモ」欄からのが増えてきました。季節の食材で作るので、寒いいまどきの時分にはこの「根菜の煮物」はピッタリです。

4人前で、干しシイタケ3枚、コンニャク1枚、ゴボウ小1本、ニンジン1本、里芋4個(230g)、出し汁4カップを用意。作り方は、干しシイタケを前日から水で戻し、軸を除いて四つに切ります。コンニャクは2センチ角に切って熱湯で1~2分茹でます。ゴボウは皮をこそげて2センチ角くらいの乱切りにし、これも熱湯で茹でます。里芋、ニンジンは皮をむき、ゴボウと同じ大きさに切ります。鍋に出し汁、酒大さじ1と、材料全部を入れて中火にかけ、沸騰したら弱火にし、20分煮ます。しょうゆ大さじ2、砂糖大さじ1を加え、さらに10分煮ます。出し汁が足りないようでしたら、水を注ぎ足して煮ます。串で材料を突き刺してみて通ればOK。おいしいおいしい。それに根菜類は体が芯から温まります^^

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

実は本を出版します???

本を出版する???ま・さ・かー!でもホントなんです。題名は「オーサカのカタスミから」っていいます。なーんだ、このブログじゃん。そうなんです。最近思い出しました、このブログを始めるときになぜココログを選んだか、それは将来本にできることがおおきな要素だったんです。

このブログの右下のほうに「ココログ出版」の入口があります。もしよければ一度のぞいて下さい。それでどうするかっていいますと、3冊作ることにしました。うちと子供の分です。写真はカラーで、表紙デザインは現在のグリーンストライプ模様。費用は?それなりにかかりますけど、過去の陶芸作品、忘れてしまういろんなことや思い出を本で残せば、アルバム代わりになっていいのかなーって・・・子供や孫たちの記録にもなるし、おばあちゃんたちも載っていますから、きっと喜んでくれることでしょう^^

この2年間のブログで260ページくらいになります。一回目の見積もりでは310ページだったので、過去のブログを見直して、写真や記事をかなりカット。ちょうどいいくらいなので、発注しました。3~4週間くらいで手元にとどくので、とても楽しみでーす。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

陶芸・秋の新作です

200711111356000 最近やみつきの急須作り。それもなんとなくというか、まさにというか、土っぽい味わいがプンプン匂う(臭う?)のがお気に入り。さらに、自分でもプッと吹き出してしまうのが、蓋の合わせが実はガタガタしていて、全然ぴったりしていない。取っ手もヘンテコリン。これがぼくには面白くって・・・ちっちゃなのも作ってみた。これは「しょうゆ差し」。でも煎茶に使えるのでは、と先生からアドバイスあり。世界でひとつだけ、みたいな、シロウト陶芸の楽しさを実感中でーす^^

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

牛乳パックで自家製オットマン完成!

200711121019000 2年前の今頃、友人のTさんに教わって子供椅子を手作りしたことがあります。今回はそれの応用で、椅子の前に置く足乗せ台「オットマン」をつくりました。高齢のおばあちゃんが家にきたときに足をゆっくり伸ばせる台があれば、ということで、リサイクル用に置いてある牛乳パックをさっそく引っぱりだしてきました。

牛乳パック64個使用して、2段重ねしています。ひとつづつ三角柱にしてガムテープで止め、どんどんつないでいって、大きな六角形を作ります。完成まえの状態は、ガムテープだらけで・・・上部には綿を乗せてクッションにしています。左下のは、三角柱のサンプルです。

200711121014000先日 リクライニングできる椅子を見つけてきたので、ちょうど半分寝そべる感じで使用します。高さもピッタリでした。モデルのオッサン、恥ずかしそうにしていますので、あまり見つめないでね^^これでテレ寝したら、気持ちいいだろうなー^^おばあちゃん、座ってみて、とっても喜んでいました。よかったよかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小カブちゃん スクスク成長中

200711120939000 10月に種をまいて、すこしづづ育ってきた小カブちゃん、スクスク成長してきました。今で直径2.5cmくらいです。幼葉のころは虫食いで少しレース状になりましたが、さすが我が家の「生ゴミで作った堆肥」の力で緑の葉っぱも勢いがいい!この葉っぱがビタミンとミネラル豊富なのだとか。5cmになれば収穫します。たのしみでーす^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

奈良豆比古神社の巨木に驚く!

たまに行く古都・奈良には、そのつど驚かされるというか、何かしらいにしえの息吹き、「気」のようなもの、そんなグッとくるものを感じてしまう。年に何度かのマナー向上活動のひとつで、今日は奈良の北西部にあたる歴史の道を歩いた。メインの観光コースでないからか、歩いている人は少なく、ましてや観光バスや車も来ない。

その途中で立ち寄ったのが、奈良豆比古神社という。「ならづひこ」と読んで、「まめひこ」ではない。万葉歌人としても有名な、志貴皇子という方を祀っているそう。ということは、すごく歴史のある神社ということになる。それに二十年毎に造り替えしているので、建物も塗りもきれいなのである。真赤なのでびっくりする。でも千年以上の歴史があって、なおかつきれいというのは、それだけ大切にされてきたということで、感激してしまう。

200711101114000 それに加えて、境内の奥にすごい巨木があった。うっそうとした谷間に、クスの木がそびえている。根元の幹回りが12.8mあるんで驚きだ。ずーっと街道筋の住宅の間を歩いて、たどり着いた小さな神社の裏手に回れば、どこか山奥のような景色と雰囲気の中に、こんな古木があるんだから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

野菜スープとホタテとしいたけのバター炒めを作りましたよ!

新聞の料理欄で目にとまったレシピを2つ、材料は買ってきてもらったので大助かり。まず、野菜スープは、今の時期にぴったりです。タマネギ半個、ニンジン半本、白菜2枚、小松菜100g、固形スープ1個。これで4人前です。ニンジンはイチョウ切り、ほかの野菜は1センチ切りで、水4カップ、固形スープを加えて煮立て、あと弱火で20分煮て、小松菜を加え、2~3分煮て、塩・こしょうで調味します。200711071902000

「ホタテとしいたけのバター炒め」は2人前。ゆでホタテを4個、生しいたけ4個、ねぎ半本、バター大さじ1。ホタテは4つに切って、酒小さじ1をまぶす。しいたけは石づきを切り、軸はたてに薄切り、かさは4つに切ります。ねぎは斜め切りします。フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、ホタテをさっと炒めます。バターを加えて、しいたけとねぎを入れて炒め、しょうゆ小さじ1、コショウ少々をふりかけてひと炒めして出来上がります。200711071859000

とってもおいしそう、でしょ^^

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

淡路島で遊ぶ~アート山ミュージアム

200711041405000 今回の旅行の本命、「アート山 大石可久也美術館」まで、坂道を10分ばかり上ると、途中に可愛い看板があったりして・・・

200711041410001 最後の角を回ると、とってもこじんまりした美術館が現れました。実は、もっと地味でよくありそうなのを想像していたので、これは気に入りましたね^^

200711041427000

Kおじさんの知人である大石画伯は82歳の高齢ですが、家族や仲間たちとこんな楽しい山の中の美術館を作っていて、まだまだ開拓している途中とか。まるで「おとぎのくに」のおうちが現れました。

200711041444000_2 「金毘羅丸」が山の上に、これもアートとして?・・・不思議の国ですよ!

200711041506000 大石画伯(中央)と談笑のひととき。小柄ですが、とてもエネルギッシュで楽しい芸術家です。「ホントの楽しさをここでみなさんに味わってもらえたらいいです」って。ほんとに楽しいひとときを過ごさせていただきました。近場にも、こんな面白いところがあるんですねえ^^

もちろん大石画伯の絵は2階にありますよ。パワフルな大作が多いです。ぜひ一度、ここ「アート山」へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

淡路島で遊ぶ~花舞台にて

この四月に富田林の寺内町に連れていってもらったKおじさんと、秋になったら行こうと約束していた日がきました。絶好の行楽日和、快適に高速を飛ばして、ウエスティンホテル淡路に到着し、ぞろぞろと「花舞台」という名前のおおきな花壇を散策しました。以前、国際花と緑の博覧会というのがあって、その会場の一部になっていたところですが、その時は暑い夏だったし、ここまでは上ってこれなかったなー。安藤忠雄の設計だそうで、主に斜面と階段で構成されていて、運動量多し!でも眺めは最高!200711041126000

200711041130000

Kおじさんの会社は木材関係なので、ここのウッドデッキを手掛けたとのことで、参加者で記念撮影しました。200711041144000

イタリアンレストランのテラスで食事。緑の芝生がまばゆく、孫たちが走り回って楽しんでいます。200711041332000

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

イチゴと小カブのベランダ菜園!

200711020850000 最近、生ごみで堆肥作りをはじめてから、家庭菜園に目覚めてしまいました。家族からの希望もあるし、孫を楽しませてあげようっていうこともあります。天王寺の「赤松種苗」でイチゴの苗を購入して3株ですが植えてみました。友人によればイチゴは案外むつかしいそうな。向こう側は小カブですが、種を蒔いて、間引きしながら一つにし、結構育ってきているところです。ちょっぴりレースの葉っぱですが、あまり気にしないことにしています。うまく収穫できたら、また報告しますね^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »