« 活気溢れる鶴ヶ丘の「こがねや」 | トップページ | 新作陶芸です! »

2007年6月16日 (土)

冷たいトマトのスパゲッティ

いよいよ夏!完熟トマトが旬!ということで、今日は「冷たいトマトのスパゲッティ」を作りました。ある本のレシピではホールトマトを使う方法でしたが、家族から「生のトマトで」という注文でレシピを変更。1994年4月発行の「関西名店 味ぬすみⅡ」という食べ歩きガイドの本に、各お店の名物メニューと作り方が載っているのを見つけ、これ!っということになりました。

200706161857000 冷製スパゲッティは初めて作ったし、食べたのも初めて。ソースの作り方も、フライパンで炒めたりせず、混ぜたり和えるだけ。もちろんスパゲッティは茹でますが・・・。どうなるものか、ちょっぴり心配でしたが、ノープロブレム^^というより、こんなにおいしいのはありませんでした。サラダ感覚というのか、めっちゃおいしい!暑い夏にはぴったりです。

このレシピは、当時アメリカ村のビッグステップ7階にあった「ラ・テラッツア」というイタリア料理店の青木隆伸シェフが紹介しています。なかなか評判のお店だったそうで、家族は行ったことがあるらしい(残念ながら今はありません)。

シンプルなので、レシピ紹介しておきます。材料は4人分。

スパゲッティ 0.9mm 360g   完熟トマト 500g   にんにく 30g   生バジルの葉 4~5枚  オリーブオイル 120cc  バルサミコ酢 40cc  塩・こしょう 適量

1、トマトを皮ごと1cm角に切り、塩・こしょうして10~20分おいて水分を出す。にんにくとバジルはみじん切りにする。

2、スパゲッティをやわらかめに茹で、氷水にとって冷やし、ザルに上げて手で押さえて水気を切る。

3、ボウルに、バルサミコ酢、オリーブオイル、バジル(大さじ4)とにんにくのみじん切りを混ぜ、1のトマトと合わせる。スパゲッティを和えて器へ。バジルの葉を乗せる。塩・こしょうが足りない人は加えて下さい。

ぜひ皆さん、一度お試し下さーーーい^^

|

« 活気溢れる鶴ヶ丘の「こがねや」 | トップページ | 新作陶芸です! »

手作り・料理」カテゴリの記事

コメント

昨日はごちそうさまでした^^
おいしいトマトの季節ならではのパスタで、大満足でした!
簡単そうなのでまた家でも作ってみます。

投稿: りんりん | 2007年6月17日 (日) 22時23分

へえ~
とっても簡単そうなのに、美味しそうでこれは主婦の味方のメニューですね。いただきました。生のトマトの方が断然美味しいでしょうし・・・

投稿: みほりん | 2007年6月20日 (水) 20時10分

>みほりんさん 冷スパは簡単で夏に最適です。ニンニクが生なので好みに応じて量を調整したほうがいいかも。こがねやさんは愛用してます。おいしいし、ご主人も店の人みんな良い人ですね^^陶芸はさらに楽しみたいと思います。いよいよタイ行きですね。向こうでもブログ見てくださいね^^

投稿: おだまき&めめ | 2007年6月21日 (木) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139342/15456981

この記事へのトラックバック一覧です: 冷たいトマトのスパゲッティ:

« 活気溢れる鶴ヶ丘の「こがねや」 | トップページ | 新作陶芸です! »