« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月24日 (日)

有馬で「ホタル」と遊ぶ!

かえるのミドリちゃんを自然に帰す旅にでかけました。といっても六甲山を越えたところですからすぐ近くです。シーズンには行楽客で一杯のいちごの産地、二郎いちごで有名な有野町二郎まで車で。なんとかたどりついて、じゃあ少し歩いて、生まれ育った辺りに帰そうか、とドアを開けたのですが・・・孫がなぜか気乗りしない様子。途中からお腹の具合が悪い様子で、おかしいなー、とママが言っていたのですが、よくよく聞くと、ミドリちゃんと別れるのがツライことが判明、なーーーんだ、そうか、そうだろうなー^^っていうことで、滞在数分にして来た道を戻り、有馬温泉へ向かいました。

でも、かえるってすごい食欲ですね。ばあばが突然見つけたちいさなコガネムシみたいな虫を部屋に持ち帰り、ミドリちゃんにあげようと箱に入れたら、すぐにパクッと、一口でたいらげてしまった。。。みんなビックリです。こりゃあ家で食事の世話が大変っていうことがよくわかりますね^^

Dc062404 そうそう今日の本題はホタルです。夕闇がせまってきた頃、みんなでホタルがいるという川にぞろぞろと歩いて行きました。もう最盛期は過ぎたので、あんまり飛んでいないですよ、と言われていたので、期待しないでやってきましたが、橋のたもとから川に降りるあたりから、ホタル見物の人人人、人で一杯です。帰ってくる親子連れに、いましたか、と聞くと、少し見れました、とのこと。イターっ、暗闇に目をこらすと、1匹、2匹とヒューと光っては消え、光っては消えして飛んでいます。見えた、と喜んでいたら、川岸の石垣の草むらでも光っていて、パパがうまく捕まえ、手乗りホタル状態に。ほかの家族にも見せてあげて、みんなでとっても楽しいホタル狩りのひとときを過ごすことができました^^

このときにばあばが作っていった孫のワンピースです。さっそく着てくれました。Dc062403^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

かえるのミドリちゃん

200706101659000 最近孫の家で飼ってみんなで楽しんでいるのが小さなかえるちゃん。みどり色なのでミドリちゃんと呼んでいます。どこかの水辺で捕まえたみたいで、カゴに土と木と水を入れて飼うことになりました。いわゆるアマガエルだと思います。

見ているだけでなく、部屋の中で「手乗りかえる」をときどきすると、ピョンピョン飛び回り、孫たちが歓声をあげて楽しんでいます。上の子の頭に乗ったときは、絵本にあるのと同じ光景だったので、みんな大喜びしました。

なかでも心配なのは、食事。そこで娘が家の中やベランダで、虫を見つけては網で捕らえてミドリちゃんにあげています。先日も一匹あげたら、ペロリと食べたそうです^^でもいつもいつも虫は見つかるわけもないので、今日はあげていない、という日もあるみたい。

だいたいいつも木の枝上にいるので、緑色から薄茶色に色変りしてきている最近のミドリちゃんです。でもそろそろ自然に帰してあげることになり、明日六甲山麓に放すことになっています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

新作陶芸です!

200706190903000 いろいろトライするのも楽しい。最近電動ロクロから手びねりに戻ったりしていますが、先生の作陶ぶりを拝見していて新たな発見をすることがあったからです。自分が作りたい器を作りやすいのと、土いじりしている感覚が手びねりではけっこう実感できます。そうして作った右から二つ目の大きなカップは、古信楽(白土)と赤ちゃわん土・粉引赤土の3種類の土を使っていて、3種類の色合いを出しています。釉薬はかすみ透明です。あれこれ作って経験を重ねていくと、少しづつ自分の好みが分かってくるようですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

冷たいトマトのスパゲッティ

いよいよ夏!完熟トマトが旬!ということで、今日は「冷たいトマトのスパゲッティ」を作りました。ある本のレシピではホールトマトを使う方法でしたが、家族から「生のトマトで」という注文でレシピを変更。1994年4月発行の「関西名店 味ぬすみⅡ」という食べ歩きガイドの本に、各お店の名物メニューと作り方が載っているのを見つけ、これ!っということになりました。

200706161857000 冷製スパゲッティは初めて作ったし、食べたのも初めて。ソースの作り方も、フライパンで炒めたりせず、混ぜたり和えるだけ。もちろんスパゲッティは茹でますが・・・。どうなるものか、ちょっぴり心配でしたが、ノープロブレム^^というより、こんなにおいしいのはありませんでした。サラダ感覚というのか、めっちゃおいしい!暑い夏にはぴったりです。

このレシピは、当時アメリカ村のビッグステップ7階にあった「ラ・テラッツア」というイタリア料理店の青木隆伸シェフが紹介しています。なかなか評判のお店だったそうで、家族は行ったことがあるらしい(残念ながら今はありません)。

シンプルなので、レシピ紹介しておきます。材料は4人分。

スパゲッティ 0.9mm 360g   完熟トマト 500g   にんにく 30g   生バジルの葉 4~5枚  オリーブオイル 120cc  バルサミコ酢 40cc  塩・こしょう 適量

1、トマトを皮ごと1cm角に切り、塩・こしょうして10~20分おいて水分を出す。にんにくとバジルはみじん切りにする。

2、スパゲッティをやわらかめに茹で、氷水にとって冷やし、ザルに上げて手で押さえて水気を切る。

3、ボウルに、バルサミコ酢、オリーブオイル、バジル(大さじ4)とにんにくのみじん切りを混ぜ、1のトマトと合わせる。スパゲッティを和えて器へ。バジルの葉を乗せる。塩・こしょうが足りない人は加えて下さい。

ぜひ皆さん、一度お試し下さーーーい^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

活気溢れる鶴ヶ丘の「こがねや」

200706101910000 時々近場で洋食を食べたくなったら「こがねや」に行きます。鶴ヶ丘駅の目の前なのですぐわかりますよね。今日は「コロコロステーキセット」にしました。妻はお腹の具合と相談してオムライス。ほぼ満席で活気があるし、お店の人も親切でサービス満点。もちろん味もいうことなし。メニューはビールなどのつまみになるのもあるので、飲む人たちも結構集まるようです。とにかく洋食は「こがねや」です^^

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

料理で活躍、できたてホヤホヤのお皿です^^

できてきました、いろいろと。大皿2、小鉢2、急須、湯のみ沢山・・・。ちょうどその夜、バンコックに赴任するTさんご夫婦を囲む食事会で大活躍しました。間に合ってよかった。

Dc060301 丸い大皿は、たたら作りで粉引き。刷毛目の丸を描いて、地模様も見えるようにしました。料理は「はも寿司」で、阪神打出駅前の「はもりや」というすし屋さんの名物。我が家のお気に入りです。お皿のみの写真だけでなく、料理を盛った姿も写真にしてみました。料理が映えるお皿っていうのが良い、とおほめの言葉あり!

Dc060304 惣菜を盛り付けた小鉢です。深いほうのは、粉引きのあっさりした色合いが食材の緑を引き立てます。平たいのは、もみ灰という釉薬で、薄いグレーとホワイトなどが混ざり合った微妙で味わいのあるうわぐすりです。好みの色合いですね。

Dc060305 初めて作った急須です。先生のご指導のおかげでとても満足の出来上がり。家族もびっくりの作品になりました。電動ろくろで、胴の部分のふくらみをうまく出すまでが大変で、まるーくできたときは心の中で「バンザーイ」しました^^あと、ふた、口、取っ手のパーツを作り、少し乾いたところで漉し穴を開け、各部を取り付けて、釉薬を塗って・・・出来上がったのがこれです。茶葉を入れ湯を注いで、湯のみには、、、うまくお茶が注げました。いい急須です。これは成功でした。また作りまーす。

Dc060309 あと、湯のみのと角形の大皿です。38cm×23cmのお皿は、なんでも似合いそう。これからもまた、ゆっくりいろんな作品を作っていきたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »