« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

ホントにおいしい「ちらし寿司」!御影の「やまもと」です。

200703301211000 神戸のおばあちゃん愛用のちらし寿司。お店は創業昭和二年の本家「やまもと」と言います。お弁当しかやっていないので、店頭で買うしかありませんが、昔はすし屋さんだった風情が漂っていて、良い感じです。とにかくこのちらし寿司、写真のように具がぎっしり詰まっていて、味付けも最高。700円だったかな。おばあちゃんがおいしいというのもうなづけます。売り切れごめんなので、電話で聞いておくほうがいいかも。場所はちょっと辺鄙だけど、これからのお花見シーズンにはうってつけのお弁当です^^

本家「やまもと」 神戸市東灘区御影上大手筋  電話078-851-4862

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

おだまきの「盆栽スタイル」?おうちでお花見!

おうちでお花見してみたら面白いだろうな、と桜の苗を手に入れました。

先日、神戸のインテリアショップにあったミニ盆栽のコーナーで見たのが頭のどこかにインプットされたのと、去年NHK教育テレビの趣味の番組で一度、最近のミニ盆栽について見た記憶とで、本屋さんで「山田香織の盆栽スタイル」という本を買ってから、無性に「桜」なら楽しいと思うようになりました。ちょうどこれから桜のシーズンということもありますしね。昔ながらの松や梅ではピンときませんけど・・・

200703261120000 そんな気持ちが伝わったのか、たまたま大阪城公園そばを車で曲がるとき、植木市をやっていたので即停車し、森之宮入り口に一番近いお店にちょうど手ごろな「富士桜」の苗があったので即購入。お店の方に枝の剪定など簡単なアドバイスをいただいてウキウキしながら帰ってきました。

ちょうどつぼみがついていて、もう少ししたら咲くみたい。満開の桜を目の前に置いてビールをプシューッ。いい感じです^^ソメイヨシノとは違うけど、なかなか可憐な桜だそうです。ある程度したらちゃんとした鉢に植え替えることにします。自前の陶芸でも専用の鉢を作る楽しみも増えました。

10年育てたら、かなりの巨木?になるかも。一部の家族からは「続くかなー。。。」との声。確かにベランダ園芸が続いたことないもんねー、、、ま、やってみよ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

最新!陶芸作品でーす!

Dc031801_1 Dc031802_1 Dc031803_1 久しぶりに陶芸の拙作をアップします。1年半ほど通った教室から新たなところに移って、きのうやっと焼き上がりました。新しい教室は、土の種類や釉薬がいろいろあって、特に粉引きがバラエティ豊か。それに先生が親切かつはっきりと教えてもらえるのも気に入っています。

写真を見ていただくとわかるように、釉掛けにむらがあったりしたのですが、ざらっとした土の感触とあいまって、それも「味わい」で、自分なりに満足のいく出来になりました。ビール、お茶、最近ハマっている抹茶、自作でいただくと、なぜかすべてがおいしいような気がします^^(自画自賛、ご容赦下さい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

やってきました、DSで脳トレ!

200703151044000 我が家にもニンテンドーDSがやってきました。大阪でいくら探しても見つからないので、もうあきらめていたところ、友人のTさんの娘さんが、神戸で見つけてくれて、入手できたのです。以前から神戸では売っていると聞いていたので、ラッキーでした。

さっそくソフトを購入。いわゆる脳トレですね。もう歴史的な存在かもしれませんが、いちど経験したかったのでトライしてみました。お試しに、ジャンケンを音声で応えるテストがあり、わけのわからないまま進みましたが、声を出してグーとかパーとか言うのに戸惑ってしまい、結果判定年齢60歳!で涙。。。慣れてきたところでもう一度やってみると、40歳と、グーンと若返り、ニンマリしました。でも、ほかのテストで、漢字を書くのもなかなか手が動かず・・・いろいろ反応が鈍っていると実感しましたね。

まあ、これから少しづつ脳トレやほかのゲームなどもやっていこうかな、と、DSで新しい世界が広がったように思います。Tさん、ありがとうございました^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

関西TVのスタジオ見学で大笑いしました^^

先日友人のTさんから、「怪傑えみちゃんねる」のスタジオ見学に一緒に行きませんかー、とのお誘いに一つ返事でOKを出した私達。今日午後にJR天満の関西TVへ繰り出しました。会場前はすでに結構な人数が並んでいます。スタジオに入るとトイレはできませんので今のうちにどうぞ、と言われしっかり準備。少しづつ前に進むと又アナウンスがあり、妊婦の方は申し出て下さい、一番前の席に座っていただきます、とのことで、うちのグループには2名いたので、5名全員がゾロゾロと優先席に行けることになりました。階段状の席なので上に上るのはちょっと危ないからなのです。

30人乗りの大型エレベーターでスタジオへ。手前には大道具が番組毎にまとめられ、裏側ってこういう感じですよね、資材置き場ですね。いよいよスタジオに入ると、そこはあのテレビで見たセットに、煌々と照明が光っていて、見るだけの私達もちょっぴり興奮し緊張してしまう雰囲気です。前説の漫才コンビがみんなの発声や拍手の練習、驚きの練習などをリードして、最後に上沼恵美子の入場の拍手練習の2回目から自然なかたちで本番に突入。うまいもんだなー、放映が4月9日なので、そのへんをえみちゃんが挨拶して、太平サブロー、辻本茂雄がサポートしたあと、ゲスト陣が入場。どんどん前に進んで行きます。

ゲストは8人で、みんな話し上手で飽きさせません。昔の話、暴露話、暗い話、とっぴょうしもない話、下ネタ、楽しい明るい話などなど、えみちゃんの引き出し方がうまいし、ゲストの反応がとにかく素早く面白いので、1時間半、笑いっぱなし。その一番は新沼謙二でした。天然ボケの好かれるキャラクターで大うけ。腹を抱えて笑いました^^田中美佐子のご主人の深沢邦之、坂上忍なども楽しかったし、ほかのどの人も素敵でしたね。

200703081843000 最後は、新沼謙二の話にワーッと大笑いしている中で、えみちゃんが突然終了の合図をして、お開き。終わり方も上手でした。・・・スタジオを出るとき、見学者にお土産を渡されました。紙袋にお菓子などが入っていますが、ずっしり重い。重いですねーというと、お米が入っていますので、とのこと。天神橋商店街の喫茶店で「戦利品」をチェック。飴や味つきパン粉、おまんじゅうなども入っていました。お米は1.5キロです。Tさんが見学を選ぶときに「お土産付き」っていう情報を仕入れていたのだそう。これまでに「探偵ナイトスクープ」や「ドリフターズ」などにも行ったけど、こんなにお土産は初めてでした。Tさん、いろいろありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

友人の息子さんが本を出しました・・・「CGM-消費者発信型メディア」っていう書名です。

200703041728000 東京の友人の息子さんが本を発売したとのことで、早速アマゾンで購入しました。著者は伊藤 史(いとう ふみと)君といいます。書名は「CGM-消費者発信型メディア Web2.0時代のマーケティング戦略」。難しそうな題名ですが、ブログやmixiのことを、マーケティングの観点から理論的に裏付けた本で、時代の流れに沿った、スゴイ傑作だと思います。

「CGMを単なるネット上のクチコミなどの表層的現象とだけ捉えず、むしろ変化している消費者やその行動に注目し・・・、それらの背後に存在する消費者のパワーと価値を、いかに企業活動に取り込んで競争力を高めるかを中心的なテーマにしています。」と記されています。

私たちのこのブログなどは、ローカルな雑談みたいなものですが、それでもCGM体験ともいえることが昨年ありました。以前紹介した岡山県の自然食レストランのことを、高知県の方が見て訪れたっていうことで、岡山のオーナーさんからお電話をいただいて、お互いに大いに驚いたことがありました。ほかにも近所のレストランなどのオーナーさんから、「ご紹介いただいてありがとう」とのコメントをいくつかいただいたことがあります。

ま、ささやかですが、ブログの面白さ、楽しさってそこにありますよね。ふみと君、ありがとう、勉強させてもらいました。これからのますますの成長とご成功を祈っています。

これをご覧になった皆さん、この本、一度ご購読下さい。よろしくー^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

「グランママ」駒川店のお弁当は最高です!

200703011225000 最近ハマッているのが、手づくり惣菜の店「グランママ」駒川店の昼の弁当です。500円で味もボリュームも抜群!メインのおかずを、魚、コロッケ、揚げ物など多種類の中から好みに合わせてチョイス。比較的あっさりしているのでどれもが口にぴったりです。写真は鳥のから揚げ。ごはんもおいしかったー^^沢山必要な時は電話予約しておくと、サッと受け取れます。場所は、南港通り沿いで、田辺キネマから少し西に歩いたところ、昔の東田辺郵便局のあとです。電話番号 06-6609-1231 なお、日曜祝日はお休み。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »