« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

紅白歌合戦・審査員日記

今日の紅白には、私は審査員として参加しました(但し、ケータイ審査員^^)。結構真剣に、新聞の歌手曲名欄を片手に、最初から1曲づつ聞くことに。でもシロウトですから、独断と偏見の審査、つまり好みで選ぶわけですね。聞いてこれはいいなー、心を打つなー、っていうのがもちろん○、ビジュアル加点があり、楽しくお祭り的盛り上がりがあればさらにプラス、ということになります。

はじめのうち、坂本冬美「祝い酒」、平原綾香「誓い」、BoA、BONNIE PINKなどと、北山たけし「男の拳」、スガシカオ「Progress」、布施明、ゴスペラーズなどがそれぞれ良くて、中間集計の時には、紅白トントンくらいから、どちらかといえば紅組がいいかなー、と思い、投票の合図とともに、これまで2回も練習した、携帯のボタンをクリックしました。デジタル審査とケータイ審査で、紅白それぞれ1票づつという結果になりました。

中盤に入って、紅組は中島美嘉「一色」がいいくらいで、白組が、スキマスイッチ「ボクノート」のあと、TOKIO「宙船」で中島みゆきのものすごい嵐のようなハートとパワー、ポルノグラフィティ「ハネウマライダー」の楽しいリズム感、DJ OZMAのお祭り騒ぎに、すれすれのお色気?満点の舞台、ここで圧倒的な得点!

終盤、レコ大受賞の氷川きよし「一剣」、初の徳永英明「壊れかけのRadio」、秋川雅史「千の風になって」、コブクロ「風」と、今年の白組はとても層が厚い。紅組では、初の今井美樹が「PRIDE」で聴かせてくれました、それも布袋寅泰と二人での出演が、胸に響いた◎なー。もちろん倖田來未「夢のうた」もOK。

最終場面、スマップ、やっぱり「ありがとう」、社会につながる世界観が圧倒的に良かったですね。北島三郎の「まつり」、華麗に、賑やかに、締めてくれましたー!

なお、美川憲一と小林幸子の衣装・装置対決は、美川の動きのある華麗さに軍配UP!

そんなこんなで、とうとう時間がきまして、審査することになり、もちろん白組に投票。デジタル審査、会場の審査など総合的にも結局、白組の圧勝で終わりました。

いやいや、お疲れさまでした。紅白歌合戦も低迷が言われて久しいですし、確かになじめない部分もありますが、こんな形で参加でき、結構真剣に、自分なりに採点したりで、新しい人の歌も、聞けばいい歌が沢山あるなー、って思い、楽しめてよかったでーす。

では、みなさん、良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おもちつき!

年末恒例のおもちつきをしました。今回のNさん宅は、今年新築し、庭もきれいになり、ウッドデッキもある素敵なお庭でもちつきをすることに。うちは長女の婿さんと孫二人も参加して、ついたり、丸めたりと大忙し。いい経験をさせていただきました。もちろん、みんなでついたおもちは、おいしいの連発でーす^^200612301509000200612301545000

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

私の備前焼の作品です!

200612281222000 年に1回、私の通う陶芸教室では、備前の土で備前焼を楽しんでいます。11月にろくろで作ったものが、備前の窯で焼きあがり、昨日出来上がってきました。備前焼は土の味だけで、釉薬をかけずに作る独特の陶芸ですが、なかなか人気がある焼き物です。さっそくおいしいコーヒーを、さらにおいしくいただきました^^

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

「ふぞろいのカップ達」ができたー^^

11月中頃のある日、このブログでも1月に紹介の、岡山の自然食レストラン&喫茶の「ばら色めがね」オーナーの高橋さん(大学の先輩)からお電話があり、「ちょうど同窓会があるので関西に行きますが、久しぶりに会いませんか、実は半年ほど前に高知県のご夫婦が店に来られて、その方に『どうしてこの店のことを知ったんですか』と聞いたところ、インターネットでオーサカの人の紹介文を見てやって来ました、とのことで、とても驚いた。高知県の人がどうして来たのか!ついてはいろいろ親戚知人が大阪にいるので、年賀状などを見て、一体誰かなーと考えていたけど、これは多分あなたではないか、と思い電話しました。」

こちらもブログで紹介したことを思い出し、「きっとそう思います、名前がオーサカのカタスミからっていいますから、高知県でも見ることができますし・・・」

さっそく日曜の朝、梅田でお会いして旧交を温め、ランチをはさんで長い時間いろんな話をしていて、「実は最近陶芸を始めまして、もしよろしければ一度お使い下さい。」と、ビアマグのようなコーヒーカップのような拙作をプレゼントいたしまして、お別れいたしました。

その2日後にお電話があり、「実は家族が気に入って、できれば店でもお客さんに出してみたいので、5個ほどお願いできないですか。少し大きめなので、コーヒーカップにちょうどいいんです。」

まだまだど素人の私に、注文が舞い込んできましたのです。びっくりですよ。えらいこっちゃと思いつつ、こんなに嬉しいことはない、ぜひチャレンジさせてもらおう、と「どんなものができるかわかりませんが、お引き受けします。」と手元にはないので、カップの高さと上下の直径をお聞きして電話を切りました。

その翌日から頑張りました。なにしろ土は焼くと2~3割くらい縮むので、ろくろで作るときはサイズを測って大きめに作りますが、出来上がりは想定外のこともあるからです。

_1_dc122301 でもとにかく頑張りました。そして先日、ようやく出来てきました。「ふぞろいのカップ達」!写真のようにのっぽ、ちび、ふとっちょ、やせっぽちなど・・・ぴったり姿形が整うなんてとっても素人にはできるもんではありません。この中にプレゼントしたのとほぼ同じ大きさのカップは、たったひとつ、でした^^

さきほど高橋さんからお電話がありました。「明日店のほうで、さっそく使わせていただきまーす。」ありがとうございます。使っていただけるだけで幸せです。嬉しいし、勉強になりました^^

岡山にお越しの折には、「ばら色めがね」さんへ、 岡山県赤磐市桜が丘西7-15-37 電話086-955-3069 (要予約)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

M1グランプリ「チュートリアル」はめっちゃおもろかった!

今日のM1グランプリ、チュートリアルはめちゃくちゃ面白かったなー^^久々に見たけど、すごい面白パワーやった。「冷蔵庫を買った」と「自転車のチリンチリンを盗られた」で、あれだけ笑わせてくれるものか、と最初から最後まで大笑いしました!

でも、大阪では、この感覚、よーくわかります。学生の頃、周りにこんなやついたよ、こんな感じで楽しんでたような気がする。そんな大阪の普段の会話のようなものにターボエンジンを付けた徳井君の妄想的暴走と福田君のツッコミ、現実から非現実へ、あほみたいな想像力で楽しむ、漫才なのか演劇なのか、時間を忘れ別世界で遊ばせてくれました。審査員全員の票を集めパーフェクトで優勝したのは当然か。またいろんなネタで聞きたいなー^^

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

デジカメが大当たりー^^

こんなこともあるんですねー!びっくりしました。12月のはじめに、車のディーラーからクリスマスフェアの案内状が来ていたので、ちいさな雪だるまがもらえるし、コーヒーでも飲みがてらっていうことで、ちょっと立ち寄りました。

担当のTさんといろいろお話していて、そうそう、抽選会もやってますから、どうぞあちらのテレビ画面のほうへ・・・ということで、私が「行ってきてー」、というと、妻がぶらぶらっと行きました。

抽選って、どうするのかなーっていう感じで。タッチペンを持たされて、触って下さい、と言われ、なんとなく画面を触ったみたいで、すぐに左に大きな枠が現れ、スロットの絵がくるくるっと回りはじめました。すぐ勝手に、左から順に止まっていくと・・・デジカメの絵が3つ揃って、近くにいたお客さんやショールームの人が、「うわー」という大きな驚き声。

えっ、当ったの、デジカメ?担当のTさんが、興奮して「うわー、運がお強いですねー。ライカですよー。二人です、全国でふたり。」   ゲー、ビックリ。

200612220857000  そう「ライカ」のコンパクトデジカメ D-LUX3 が当ったのでした。驚きです。案内状をよく見てみると、そんなことが書いてありました。無欲の勝利ですね、気にしてませんでした。そのほうがかえって当るのかな。昨日待ちに待って届いたカメラの写真です。レンズキャップと革のケース付きがまた嬉しいですね。でも、そーっと飾っておきたくなる感じ、もあります。

実は去年もクリスマスフェアで当ったのを思い出しました。妻が引いた抽選が、全国で5組の東京ディナーへの招待に当ったのでした。それは妻とその母と二人で行くということにしました。今回は私がカメラ好きだし、妻からプレゼントしていただきました。ラッキーです。ありがとう。これから抽選はやってもらいます^^

でも、その日、「当るのはいいけど、事故に気をつけないかんなー」、と逆に身を引き締めたものでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

いつも元気なイタリアン・なんばCITY「サンタ・アンジェロ」

長いこと難波の会社にいたのですが、お昼時になんばCITYに食べに来て、そこはいつも10人くらいは待ち席に並んでいたし、それもたいてい女性ばかりだったので、入ることなく、長い間、一度は来てみたいなー、と思っていたイタリアンの「サンタ・アンジェロ」。その前を、お隣のヤマダ電機に寄ったあと、どこかに食べに行こうと家族で通りかかった時、日曜日の12時過ぎだというのに、誰も並んでいないではあーりませんか。

200612171205000 早速飛び込みました。どんどん奥のほうへ。いやいや、外から見るより中は広く、予想の3倍くらいの大きなお店でした。女性客で結構一杯。それに店の方も元気で、活気に溢れています。店の人同士のやりとりは、イタリア語みたいですよ。そして奥にはピザ窯が見えます。

200612171215000 200612171225000 ペアランチとミートソースを注文しました。一人1260円のペアランチは、スパゲッティとピザをセレクトできます。「オリーブとケイパー、ほうれんそうのトマトソーススパゲッティ」と「マルゲリータとメランツアーネのダブル」にしました。とにかくボリューム満点の上にすごっくおいしいときていて、いわゆるコストパフォーマンスは抜群なのではないでしょうか。3人でパクパクいただいて、満足満足。活気があるし、これだけ広くってかつアットホームなお店なのも良し、食べるイタリアンもうまさ倍増です。

デザートにジェラートとコーヒーがついてます。これは人気があるはずです。外に出たら、10人ほど待ってはりました^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

久しぶりの「ゆきの」 ぶっかけうどんはやっぱり最高!

娘婿がまだ「ゆきの」を経験していないというので、寒空に並ばないでいいよう、今日は朝11時前に店に着きました。それでも前から3番目。ちょっと早めに店内に入り、メニューを改めて拝見。やっぱり「ぶっかけ」、それも「かきあげ」にして、冬ということで「温かいうどん」を頼みました。「かき揚げおろし」と書いてあります。730円なりー。

200612161115000 少し待って、この待っているのがわくわくしていいです、やってきましたー。お見事な作品!ピンと羽を広げたような金色のかき揚げ、これは芸術品ではないでしょうか。味はもちろん折り紙つき。だしは程よく甘め、うどんのつるつるしこしこ感は抜群、かき揚げのパリッとした味わいは言うこと無し、おろしとも相性よし、最高のぶっかけをいただきました^^

うどん「ゆきの」 地下鉄御堂筋線西田辺駅から南港通りを東へ300mくらい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

紅白ケータイ審査員に当選しました!

「第57回NHK紅白歌合戦のケータイ審査員に当選です。 おめでとうございます!」のメールがケータイに届きました。全国で15,000人だそうですが、まさか当るとは思いもよりませんでした。あんまり知られてないからかなー?でも、審査に参加できて嬉しいですねーーーーー^^

実は11月に紅白のNHKホールでの観覧希望はがきを出していたのですが、一昨日「残念ながら・・・」のお返事がきました。36万通の中からそう簡単には選ばれないとは分かっていてもハズレはちょっぴり残念。

そこであらためてインターネットの紅白のHPを見ていたら、ケータイ審査員というのを発見、ちょこちょこと打ち込んで出してみたら・・・今日当選通知がきたのです。

「ケータイ審査員任命証」の特製待受画像もいただきました。この画像はPCには送信できませんでしたので、ここでお見せできないのは残念です。これを待受にして、31日大晦日は、最後まで、眠い目をこすってでも、きちっと紅白審査員としての職務をまっとうしたいと思います^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

堺の「美々卯」は発祥の地だけにサ・ス・ガ!

美々卯」といえば「うどんすき」。「美々卯」といえば本町の本店で・・・。というのが昔からの大阪人の思い込みのようになっていたのですが、堺の「美々卯」に行ってみて目からウロコというのがこれでしょうか、素晴らしかったですね。

もともと「美々卯」は堺に二百年続いた料亭だそうで、大正13年麺類を天職と定め、「耳卯楼」から今の「美々卯」と改め、現在に至るとのことです。歴史と伝統は堺から、だったのです。

外から見ると、そんなに大きくない様子ですが、中に入ると結構広く、それにとっても綺麗で現代的なお店でした。

200612061225000 200612061226000 テーブルについて注文しました。うどんすき?ではなく、「あぶり鴨そば」「花ゆばうどん」など、ちょっと凝ったメニューをお願いしました。鴨はおおぶりの分厚いのが食欲をそそります。ゆばのほうは、釜揚げでダシにつけて食べるのですが、なかなか洗練された味ですね。やはりどのメニューもおいしく提供していただけます。来た値打ち、大あり!そうそう「おにぎり」は別にとりました。これでちょうどみんなお腹いっぱいです^^

200612061222000 湯のみ、箸袋、つまようじ入れに、かわいい「うさぎ」ちゃんがいました。

あぶり鴨 1300円、花ゆば 1000円 ほかにもいろいろあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

みそ作りに初めて挑戦だー!

手作り豆腐用に買い置きしていた大豆。久しぶりにそろそろ作ろうかなーと準備していた矢先、妻が漬物用の「麹」を使えば「味噌」ができるそうよ、味噌なら子供達もみんな結構喜ぶのでは?とのアドバイスをくれました。

確かにおもしろそう。今回は手作りみそにチャレンジしてみよう、と早速インターネットで作り方を探しましたところ、ありました、「家庭でできる味噌作り」。

200612041013000  大豆1、麹1、塩0.5の割合というのは覚えやすい。大豆を家捜しすると、知人からいただいたのを含め1Kgあったし、麹は神戸のコープで見つけて800g追加、あと綺麗なバケツ、大きなビニール袋も家にあったのを使うことに。

朝から12時間ほど水に漬けておいた大豆を、大きな鍋で煮る。沸騰したら弱火に。途中水を足したり、アク取りが必要なので、時々鍋をチェック。

大豆を煮ている間に、麹と塩を混ぜ合わせる。これを塩切り麹というそうな。

茹で上がった大豆が指でつぶれるくらいに柔らかくなったら、熱いうちに細かくつぶす作業へ。前述のHPではスリコギでゴリゴリやることになっていますが、フードプロセッサでもいいとほかのところに記載があったので、久しぶりにFPの登場。何回かに分けて細かくしました。

200612042220000 1Kgの大豆も2倍くらいに大きくなっていたので砕くとさらに大量になり、いろんなボウルや炊飯器のなべも総動員したけれど、さきほどの「塩切り麹」と大豆を混ぜれるほどの大きな器がない!!!そこで、ビニール袋を開いて敷き、そこで少しづつ混ぜ、水を加えて練り合わせました。これは想定外のグッドアイデアとなりました^^

あらかじめビニール袋を入れておいたバケツの中に、味噌玉を隙間なくいれて、上からギュッと押し、最後にビニールを折りたたみ、重しを乗せてハイ、できあがり!

慣れないことゆえ、激闘数時間、かなり夜もふけました。みそはできるまで、半年くらいかかるそうで、今から来年の夏を楽しみにしているところです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

「切干大根の甘酢漬け」作りました!

妻は最近漬物がマイブームみたいです。今回は「切干大根の甘酢漬け」。薄切りにした大根(二分の一本、下のほう)を2日間天日干しし、柚としょうがの千切りを包んで、糸に通してまた1日吊るし干しし、甘酢(酢が大さじ5、砂糖大さじ2、赤とうがらし1本、塩少々、柚の絞り汁1個分)に漬けて出来上がり。200612020920001

200612020757000

食べますと、まず大根がバリッボリッ、少しあとから甘酢の味に柚としょうがの味が口の中で混ざりあって、えも言われないおいしさでした^^

次は「べったら漬け」にトライします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

大阪で死海を体験・北加賀屋のスーパー銭湯「湯楽」

冬になると温泉が恋しくなります。久しぶりにスーパー銭湯に行きました。といっても、妻が子供たちとこれまでに2度ほど行ったことがあるらしい、住之江区北加賀屋の湧出天然温泉くつろぎの湯「湯楽」です。

200612011534000 大阪はもちろん、関東地方(埼玉、千葉)でも、みんなでよく出掛けて来たスーパー銭湯ですが、ここ「湯楽」は、スパ・スペースが結構広く露天風呂もいくつもあって、おすすめスポットだと思いますね。

特にびっくりしたのは、死海の湯「浮湯」です。これは初めての体験です。塩分15%、1トンの塩を混ぜているそうな。かるーく軽く体が浮きました。中東・ヨルダン渓谷の死海は、塩分25%ですからさらに浮く、すごいですね。ゆらゆらするのって面白いですよ。

でも係の人が言うには、塩分が入ってるとお金がかかるんで大変なんです、とのこと、温泉の装置の傷みが激しいらしい。

この死海の浮湯は「岩の湯」のほうにあって、男性が奇数日、女性は偶数日になります。もうひとつは「木の湯」で、奇数偶数が逆バージョン、こちらは木に囲まれてそれはゆったりできるそうです。

近場の極楽、また楽しみまーす^^

場所は北加賀屋の交差点からすぐ、地下鉄の駅からも近いですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »