« 神戸・JR住吉駅前「ふじた」 | トップページ | 山菜、たけのこ、道の駅「かなん」 »

2006年4月13日 (木)

鳴門市の「ドイツ館」に行く!

Dc041203 私達夫婦とそれぞれの母と、4人で淡路島に1泊旅行しました。母親は87歳と80歳、なにぶん年も年ですが、車でなら大丈夫みたいなので、近場に行くことになりました。でも、前日まで体調を整えるのにあれこれあって結構気をもみましたけど・・・初日はかなりの雨模様でしたが、とにかくホテルに着くことができて一安心。翌日はちょっとは観光もしないと、ということで鳴門大橋から渦潮を眺め、昔一度行ったことのある「ドイツ館」に向かいました。

「ドイツ館」は、昔は小さな木造の館だったけど今は立派な建物になり、中の展示も現代技術を駆使した楽しめるものになっていて、ゆっくり見て回りました。特に有名なのは「日本で最初に第九を演奏した」というもので、それに至るお話しと演奏が聞きモノでした。

中でも驚いたというと変ですが、ここの「板東俘虜収容所」の話が、今度映画になるということ。それも6月17日から全国ロードショー公開というのです。当時収容所の模範になったここの様子を感動的な内容で映像化したそうで、是非観たいものですね。映画の題名は「バルトの楽園(がくえん)」 主演は松平 健です。皆様もぜひどうぞご覧になって下さい。

|

« 神戸・JR住吉駅前「ふじた」 | トップページ | 山菜、たけのこ、道の駅「かなん」 »

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139342/9577204

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴門市の「ドイツ館」に行く!:

« 神戸・JR住吉駅前「ふじた」 | トップページ | 山菜、たけのこ、道の駅「かなん」 »