« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

結婚記念日は「なだ万」で!

ゴールデンウイークが始まり、結婚記念日も近いので、この際クレジットカードのポイントでゲットした「なだ万」のリーガロイヤル大阪店に行くことに。たまにはいいよね^^こんな贅沢も!といってもランチですから大丈夫です。

お料理も、もてなしも、味はもちろん、言うことなし。満足いたしました。

Dc042901

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

「焼きそらまめ」 うまい!

Dc042501 去年の今頃、テレビの料理番組で「焼きそらまめ」を知ってすぐに買いに走った。早速網の上で裏表ひっくり返しながら焼いて食べた「焼きそらまめ」のそれはそれはおいしかったこと。今年もやりました。やっぱりうまい。これが今の時期のささやかな楽しみです。そうそう「焼きたけのこ」もいいですよね^^

お皿の上の「焼きそらまめ」。先に切り目を入れてあるので簡単に豆が顔を出します。中はちょうど蒸し焼きにされた状態になっています。私の場合はただ焼いただけですが、塩水に漬けるなどのレシピもあるみたいです。ちなみにお皿は私の近作で、使いやすいと家族に好評です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

あべちか「古潭」のラーメン!

_1_dc041901 天王寺・阿倍野界隈でラーメンといえば、それぞれにココというお店があるのかもしれませんが、駅近で入りやすいし、味が気に入っているので、私は「古潭(コタン)」によく行きます。昼時にはいつも5~6人は並んでいますが、回転が早いのでそんなに待たなくても大丈夫ですね。どのメニューもおいしいですよ。聞けば昭和43年創業ですが、今は13店舗になったチェーンの1号店がこのあべちか店だったそうで、とても嬉しいことです。アイヌ語のコタンは寄り合う、街、村といった意味があるとか、千客万来のメッセージでもあるのですね。いつも熱いぞ、コタンは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

神戸花鳥園に遊ぶ!

一度テレビで見たことのある、静岡県掛川市の加茂さんが始めた花鳥園がこの3月に神戸市ポートアイランドにやってきて、今すごい人気だというので、孫たちと一緒に行ってきました。

華やかな花に囲まれ鳥たちを身近にさわったりできて、これまでにない動植物園というのでしょうか、家族みんなで身の丈サイズで親しめるようにできています。

Dc041640 最初にフクロウやミミズクに出会います、こんなに沢山の種類がいるのーって思うくらい一杯のフクロウ達です。決して「はくせい」ではありませんよ。じーーーっと何かを考えごとをしているような様子ですね。

Dc041626 次にペンギンさんの池で泳いでいるペンギン達に出会います、えさをあげることもできます。泳いでいる姿を水槽の横から見ることは水族館であったのですが、こんな近くで水鳥のように動く様子はこれまた楽しいものです。

Dc041630 温室に入ると天井からぶらさがった沢山のお花達が迎えてくれます。赤、黄、ピンク、オレンジなどすごーくカラフルで、心がうきうきする空間です。球根ベゴニアの大きな花にはびっくりですよ。休憩用のテーブルや椅子も沢山置いてあります。

Dc041631 白鳥たちの池とその周りの歩道にいる鳥達とは、ほんとに間近で遊ぶことができます。こんな経験はこれまでに余り記憶がありませんね。カラフルな熱帯の鳥達、小さくて細くてくちばしが針みたいで、時に片足で休憩しているかのごとき鳥(多分クロエリセイタカシギ)など、珍しいのでついエサをあげてしまいました。でもインコ・オウム類やオニオオハシ、エボシドリのコーナーに行きそびれてしまい、ちょっぴり残念。それでも楽しい鳥さん達でした。

ハス池に咲く花もカラフルで美しい。エンジェルストランペットという大きな花も見ものです。是非一度お出掛け下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

山菜、たけのこ、道の駅「かなん」

大阪市内から約25Km、南の方に向かって国道309号線を車で走ると、金剛山の麓に着きます。このあたりは昔からみかん畑で有名ですが、いろんな農作物も採れるので、近場で田舎暮らしをしているような気分を味わえます。中でも最近「道の駅かなん」が身近な存在になってきました。

200604151229000 今日はゴルフの帰りに立ち寄ったのですが、ちょっと小腹が空いていたので、「山菜ごはん」280円をベンチでいただきました。わらび、たけのこ、佃煮などが入っていてとってもおいしいものでした。売場では地元の野菜や果物、花や植木が安く販売されています。ちょうど採れたての小さなたけのこと、ちょっと早いけどみかん、それと木の芽の苗木を買いました。たけのこは「木の芽焼き」にしていただくことにいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

鳴門市の「ドイツ館」に行く!

Dc041203 私達夫婦とそれぞれの母と、4人で淡路島に1泊旅行しました。母親は87歳と80歳、なにぶん年も年ですが、車でなら大丈夫みたいなので、近場に行くことになりました。でも、前日まで体調を整えるのにあれこれあって結構気をもみましたけど・・・初日はかなりの雨模様でしたが、とにかくホテルに着くことができて一安心。翌日はちょっとは観光もしないと、ということで鳴門大橋から渦潮を眺め、昔一度行ったことのある「ドイツ館」に向かいました。

「ドイツ館」は、昔は小さな木造の館だったけど今は立派な建物になり、中の展示も現代技術を駆使した楽しめるものになっていて、ゆっくり見て回りました。特に有名なのは「日本で最初に第九を演奏した」というもので、それに至るお話しと演奏が聞きモノでした。

中でも驚いたというと変ですが、ここの「板東俘虜収容所」の話が、今度映画になるということ。それも6月17日から全国ロードショー公開というのです。当時収容所の模範になったここの様子を感動的な内容で映像化したそうで、是非観たいものですね。映画の題名は「バルトの楽園(がくえん)」 主演は松平 健です。皆様もぜひどうぞご覧になって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

神戸・JR住吉駅前「ふじた」

ちょっとご無沙汰していました。娘夫婦が千葉から神戸に転勤、引っ越し手伝いしてました。ちょうど晩ご飯時になったので、おいしいところはないかと、家族がこれまでに何度も行ったという民芸居酒屋お食事処「ふじた」へ。私ははじめて!夕食だし、好きなものを単品で注文。さしみ3品盛り、煎り銀杏、葉わさびのおひたし、鯛のお頭あら煮、揚げだし豆腐、めばるの煮付け、などなど。新鮮、味付け最高、言うことなし。お値段もリーズナブル。素晴らしい。また来たいと思わせるお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »