« おひなさまいろいろ | トップページ | 亀岡の「へき亭」で満腹満腹! »

2006年3月17日 (金)

満足の出来のご飯茶碗です。

dc031701  これは良い出来映え、と自賛しています。相変わらず手びねりですが、今回は作る過程のどこの部分でも「気」が入っていたように思います。釉薬は天目。きちんと良い色に焼き上がってきました。

やわらかい土を練りあげて、また削っていって、形を作っているのだけど、最後は高温の炎の中、いろんな偶然のおかげで、いいものは出来てくる、とつくづく思います。

ふくよかで柔らかな曲線が、お箸の動きを滑らかにし、ごはんをさらにおいしくしてくれました。でも、何個かにひとつです、いいと思えるものが出来るのは・・・まだまだ修業中でーす。申し訳ないですが、また見て下さいね^^

|

« おひなさまいろいろ | トップページ | 亀岡の「へき亭」で満腹満腹! »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

ほほぅ~
なんとなく落ちついてきた感じがするね!
茶色の中に見えるきらきらしたものは釉薬の特徴??

投稿: りんりん | 2006年3月17日 (金) 22時42分

素焼きに釉薬をかけた段階で良いと思っても出来たら良くなかったり、逆に今回みたいに良かったり、そんなことが面白いのかもね。きらきらしたものはこの釉薬の特徴かな。全体にどっしりして落ち着いた雰囲気です。

投稿: odakaki | 2006年3月18日 (土) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139342/9136157

この記事へのトラックバック一覧です: 満足の出来のご飯茶碗です。:

« おひなさまいろいろ | トップページ | 亀岡の「へき亭」で満腹満腹! »