« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月21日 (火)

亀岡の「へき亭」で満腹満腹!

かれこれ十年くらいになります。亀岡には出雲大神宮があって、御神水がミネラル豊富でご利益があるというので毎月1回くらいは水汲み行っていた時期があります。20リットルタンクに2杯、満タンにしては、ごはんやコーヒーに使って、おいしくいただいていました。水のマイブームも終息して足が遠退きましたが、この「へき亭」には家族や友人たちとよくご一緒してきました。今回は1年以上ぶりになります。

dc031902 三百年の武家屋敷、古い調度品、苔むした庭、季節で変る風景に囲まれて春夏秋冬、折々の味わいを、昔から伝わる器に盛って提供していただきます。地元の京野菜を使った料理は素朴で最高です。おかみさんの真心を感じます。満腹してしまうこと請け合いですね。

大阪から車で1時間半くらい、亀岡の町を抜けた山すそにあります。時代劇のロケ地によくなっていますし、時々コンサートも開催されているとのこと。また出雲大神宮からへき亭に至る道は趣きがあり、この雰囲気も好きですね。ちょっと遠いですが、一度どうぞ。なお予約して行って下さいますよう。(注)ハニーバターパンは別メニューですが抜群です。

dc031915 今回は近くの温泉に行くことになり、おかみさんに聞くと、湯の花温泉もあるけど30分走ったところの「スプリング日吉」がおすすめ、というので国道9号線を飛ばしていくと、山の中に見えてきました、立派な建物と広大なダム。その中に温泉があり、タオルを借りて入浴。3月も末に近いのに雪がちらつく日でしたが、露天風呂でもゆっくりできてホッカホカで帰路につきました。

追伸;池田から山越えで亀岡に入ると、正面にガラス張りの大きな建物が目に飛び込んできますが、「ガレリア亀岡」といいます。市民のための各種施設のほかに旅行者には一番左奥の「特産品売場」が嬉しい存在です。休憩場所にもなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

満足の出来のご飯茶碗です。

dc031701  これは良い出来映え、と自賛しています。相変わらず手びねりですが、今回は作る過程のどこの部分でも「気」が入っていたように思います。釉薬は天目。きちんと良い色に焼き上がってきました。

やわらかい土を練りあげて、また削っていって、形を作っているのだけど、最後は高温の炎の中、いろんな偶然のおかげで、いいものは出来てくる、とつくづく思います。

ふくよかで柔らかな曲線が、お箸の動きを滑らかにし、ごはんをさらにおいしくしてくれました。でも、何個かにひとつです、いいと思えるものが出来るのは・・・まだまだ修業中でーす。申し訳ないですが、また見て下さいね^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

おひなさまいろいろ

女の子の孫なのでひな祭りを楽しんでいます。

dc030703 手作りのおひなさまです。子供たちが集まる地域のサークルで親と一緒に教えてもらって作ったかわいい作品です。私たちも小さい頃にはよく似た人形を作っていたのかも知れませんが、遠い昔のことになりました。                                                                          

dc030704

知人の作品です。小さなものですが、ひとつひとつ丁寧に作られています。眺めていてつい微笑んでしまう逸品です。端午の節句の飾りも、これと同じようにガラスケースに入って作られています。それはそれでなかなかの作品だったですよ。                                                                                                   

dc030701 昨年2月に阪急百貨店でもとめたもの。漆額がご主人の山本 修さん、染絵は奥さんの三千代さんの作品です。 愛知県瑞浪市在住の作家で、ほんとに感じのいいご夫婦でした。ネットで検索しましたが、見つからなかったです。きっと今も素敵な作品をお作りと思います。 壁掛けタイプなのでいろんな場所に使えますよ。                                                              

dc030702

最初に買った奈良の一刀彫です。 奈良市まで出掛けたことを思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

房総半島の春「鴨川シーワールド」

久しぶりに千葉に行きました。ちょうど「鴨川シーワールド」のシャチの赤ちゃんが誕生したばかりというので、孫たち共々6人、車でレッツゴーしました。

dc030708 3月4日は暖かい日になり、鴨川の町が近づくにつれ、明るい陽光がキラキラ輝きを増します。シーワールドに入ると、まず目に飛び込んできたのは、太平洋の波と水平線です。海の青って素晴らしいですね!!!

dc030713 シャチのパフォーマンスは出産のためずーっと休止だったそうで、ラッキーなことにちょうどその日から再開したとのこと、会場はお客さんで満員でした。前のほうの座席を空けてあるのはナゼか、と思ってましたら、シャチがジャンプして飛び込む時の水しぶきが客席にかかるからで、何度かみんなで身構えましたがこちらには来ませんでした。でも水がかかった様子を見ましたが、相当量のしぶきを浴びていたと思います。

dc030722 ほかにもラッコやアシカなどなど、いろいろな海の動物のパフォーマンスを見せていただきましたが、中でも「ペリカンの行進」は、園内の通路で、みんなの目の前を歩いて行くので、興奮ものでしたね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

鶴ヶ丘・讃岐手打ちうどん「釜ひろ」

2003年10月10日オープンで早2年半になりますが、「釜ひろ」もこの地に定着してきた感があります。初めのころは、ぶっかけうどん等の讃岐うどんのメインが目立ちましたが、最近は浪花っ子にぴったりのいろいろなバリエーションが増えてきました。若主人、なかなかやりますねえ^^

200603021304000 知恵をだしてますね。今日は季節限定の「具だくさん鍋焼きうどん」にしました。「具だくさん」のネーミングにひかれました。実際に具が豊富で、すごかったです。えびの天ぷら、たけのこ、ねぎ、わかめ、おもち、玉子、とり肉などが、うどんと共にアツアツで出てきました。味はもちろん保証付き。これで880円は値打ちありますよ。

「釜ひろ」 JR鶴ヶ丘駅前東側出てすぐ。火曜日定休。06-6697-6543

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »