« 西田辺の讃岐うどん「ゆきの」 | トップページ | 長居・手作りパンの店「パリーネ」 »

2006年1月11日 (水)

益子焼 明窯 パート2

益子には昨年11月に訪問し、このブログでも紹介していますが、「益子焼 明窯」から冬のたよりが届きました。大阪の私たちからすれば、栃木県の益子は、雪がどっさり降っているのでは、と想像してしまいますが、実は案外、雪が降るのは年に2~3回、ほんの数センチ積もって次の日には溶けてしますのだそうです。今は晴天続きだそうで、乾燥しているとのことでした。

そんな中で素敵な作品がどんどん生まれているようで、益子町商工会のホームページの中で「明窯」を見ていただければ、親しみのある数々の品々がお分かりのことと思います。益子に行かれた時は、ぜひ明窯を訪れて、おいしいコーヒーとともに益子焼を味わって下さい。

|

« 西田辺の讃岐うどん「ゆきの」 | トップページ | 長居・手作りパンの店「パリーネ」 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139342/8114075

この記事へのトラックバック一覧です: 益子焼 明窯 パート2:

« 西田辺の讃岐うどん「ゆきの」 | トップページ | 長居・手作りパンの店「パリーネ」 »