« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

道頓堀・魚料理「銀平」安うまランチ!

友人家族から時間があったら行きませんかと前日に電話があり、ちょうどみんなOKサイン。話には聞いていたのですが、友人一家がお気に入りの「銀平」に集合しました。場所的には、どちらかというと夜向きの店の多い、御堂筋を西に渡ったすぐのところ。そうそうここなら昔むかし飲んだりしたときには前をうろうろしていたところですわ(笑)。

地下に降りると、いわゆる和風居酒屋さんですが、和歌山直送の生きの良い魚をこちらが選んで調理してもらえるのです。鯛、ぶり、かんぱちだったかな、さしみ、ぶりかま、塩焼き、てんぷらなどにして、あと味噌汁、漬物、ごはんがついて、1000円ランチ。大きな器に大きな魚がデンと乗っています。おいしくてお腹いっぱいになってゆっくりできて、最高!うなりました。

ほかにも支店があるそうですが、また魚が食べたくなったら行きたいもんです。あまりに感激しながら食べたので写真とるの忘れました・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

岡山の自然食レストラン「ばら色めがね」

だいたいが大阪の地元・近場のグルメ中心なのですが、家で話していて思い出したのでインターネットで検索してみますと「ばら色めがね」はまだまだ健在でした。岡山のブログホームページでも紹介されていますが、今も初めの頃と同じスタンスで経営されています。店の向こう側が大きな池になっているのが主人の高橋さんのお気に入りで、2階のピクチャーウインドウからの景色は、自分だけ眺めを独占しているみたいでちょっぴり感動ものでした。奥様のオーガニックな自然食は、いい食材を集めておられて新鮮ですし安心。その上、味付け、盛り付けに温かみが溢れていて心まで満腹しますよ。ランチ(要予約)と喫茶のみ。場所・行き方はよく確認されるほうがいいでしょう(地図)。岡山県赤磐市桜が丘西7-15-37  電話086-955-3069

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

「キッズプラザ大阪」で遊ぶ!

ちょっと前のことですが、孫たちと公園に出掛けたけどとっても寒くてたまらなくなり、いつかは行こうとキープしておいた「キッズプラザ大阪」に向かいました。地下鉄堺筋線の「扇町」駅そばで、関西テレビのお隣にあります。JR環状線でも、車でも来易い場所にあります。

「こどものための博物館」というのですが、3歳くらいから楽しめるようです。みんな目をキラキラさせて遊んでいました。大人でも面白いですね。大きなシャボン玉を作れたり、こま回しや太鼓演奏ができたり、買い物をしてレジを通すとレシートが出てくるのには感心しました。はうちの子は何度も買い物ごっこしてました。

kodomo 中でも一番楽しかったのは、「こどもの街」(写真)です。オーストリアの芸術家が作った不思議な作品世界が、3階まで吹き抜けで作られていて、縦横無尽に歩き・走り・登ったりできるのです。これは面白かった。家族みんなで体験・体感できてよかったですね。

大人1200円、小中学生600円、幼児(3歳以上)300円は、お値打ちかな。近くの方は、お得な定期券でしょっちゅうきているとか、いいなー^^

| | コメント (1) | トラックバック (0)

住吉大社・洋食「やろく」

先日の中華「栄来軒」斜め向かいの洋食店「やろく」です。大人だけで、改めてこの名店が集まる住吉大社の門前町にやってきました。こんなに大きな店だったかな、改装されて美しく幅広の店構え、立派なサンプル棚、久しぶりですが店の前に来ただけでワクワクします。

200601201136000 やっぱり老舗ですね。きちんとして味わい深い洋食の伝統が受け継がれています。やろく定食1050円。名物玉子コロッケをいただきました。

昭和10年創業で、店全体が清潔感あり落ち着いた品のよさが漂っています。この界隈でずーっと守り続けてほしい財産の一つですね。このレトロな雰囲気を大切にして、チンチン電車でのんびりと天王寺まで帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海遊館に感動!

dc012201   孫たちに水族館のお魚さんを見せてあげようと海遊館に行きました。寒い日の平日でも結構家族連れで賑わっていて、太平洋の湾岸部の海の生き物が北から南まで展開してゆきます。特に大きな水槽を見ながら降りていく間は、いろんな魚に見飽きることがありません。目玉の「ジンベイザメ」はさすが巨大で、ゆったりと泳ぐ姿は気持ちを和らげてくれます。時間を忘れるくらいでしたが、子供より大人のほうが楽しんでいたかも知れません。(注)今回の写真はクリックすると大きくなりますよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

長居・手作りパンの店「パリーネ」

200601151735001 あらためて紹介するまでもない、素晴らしいパン屋さんです。我が家ではいろんなパンを食べるのですが、ここのパンにいつの間にか帰ってきてしまうのです。地下鉄かJR阪和線の長居駅から公園通りを東に百数十メートル。スーパーライフの手前にあります。目の前にはサッカーJリーグのセレッソ大阪の本拠地「長居スタジアム」が見え、毎年1月末には「大阪国際女子マラソン」が開かれるので有名です。

今日もかなり並びました。お目当ては「食パン」5枚切り170円です。軽すぎもせず、重すぎもせず、適度なふくらみ具合に加えて、香りがあって味わい深いのです。「くるみ食パン」もほかのくるみ食パンの追随を許しません。ほかにもデニッシュなど多種多様ですが、なんでもおいしいですよ。是非味わってみて下さいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

益子焼 明窯 パート2

益子には昨年11月に訪問し、このブログでも紹介していますが、「益子焼 明窯」から冬のたよりが届きました。大阪の私たちからすれば、栃木県の益子は、雪がどっさり降っているのでは、と想像してしまいますが、実は案外、雪が降るのは年に2~3回、ほんの数センチ積もって次の日には溶けてしますのだそうです。今は晴天続きだそうで、乾燥しているとのことでした。

そんな中で素敵な作品がどんどん生まれているようで、益子町商工会のホームページの中で「明窯」を見ていただければ、親しみのある数々の品々がお分かりのことと思います。益子に行かれた時は、ぜひ明窯を訪れて、おいしいコーヒーとともに益子焼を味わって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西田辺の讃岐うどん「ゆきの」

200601111155000   大阪の讃岐うどんで「ゆきの」は、有名過ぎるほど名の知られた店でーす。家族は何度も行っていたのに私はようやく訪問することができました。天ぶっかけうどん(温かい)が一番のおすすめ。釜あげうどんといなりずしも写真に収めました。硬くもなく柔らかすぎず、つるっとした舌ざわりは讃岐仕込みの店主の技でしょう。てんぷらもシャキッとしています。今はJR鶴ケ丘駅のほうが近いのですが、5月には移転するとのこと。地下鉄御堂筋線西田辺から南港通りを東に、シャープの前を通り阪和線を越えた先に移るそうです。少し近くなるから、また楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

書道展も いいな!

新春書道展に行ってきました。妻や友人たちが出品していますが、先生をはじめ80人ばかりの皆さんの作品の墨と文字の美しさには、 いつもハッとさせられます。 200601091149000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

家で本場のふぐ料理!

200512281842000 200512281843000 山口県徳山市に長年在住の方からの紹介なので、間違いありません。ふぐといえば下関をよく聞きますが、実は徳山も本場だそうです。「青木ふぐ商店(栄ふく)」 メニューいろいろある中で、フルコースセット(4人前)がおすすめ。それなりの価格ですが、とらふぐ使用で、一人当りの値段を考えれば、かなりお得かなって思います。有田焼青磁皿(30cm)にぐるっと乗ったふぐ刺し(てっさ)はとても分厚く、湯引きもたっぷりあります。土鍋に昆布でダシをとり、野菜や豆腐を用意して、ふぐのあらを入れて煮るふぐちり(てっちり)は、ほっぺたが落ちそうになるほど、おいしかったです。特製タレに薬味もついていますよ。よろしければドーゾ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

「七草がゆ」 ほっとします。

200601061454000 1月7日は「七草がゆ」の日です。春の七草はセットで売っているのを買ってきました。せり、なずな(ペンペン草)、ごぎょう(母子草)、はこべら(はこべ)、ほとけのざ(たびらこ)、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)。すずなもすずしろも、ほんとにミニサイズです。

200601070837000 正月のお碗でいただきました。朱色に七草の緑とかゆの白色が映えますね。 これで元旦のお雑煮もいただきますが、お正月っていう感じしますよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

「キング・コング」見ました!

年末に見ようとしていたのですが所用で年始になりました。キングコング、名前のとおり映画の「キング」ですね、やはり。

ジュラシックパークよりワイルドな肉食恐竜との闘争シーン、強烈です。すごい迫力です。一方コングと美女の愛情には心が揺らぎます。結末は皆さんご存知のエンパイアステートビルでのシーンでした。ほろっとします。

それにしても1930年代のニューヨークの町がこれでもか、というほどうまく描かれていました。あの頃にすでに摩天楼といわれていたのですからね。それを何十億円かかけて再現したといいますから。これも値打ち大有りです。

ところで美女役のナオミ・ワッツですが、どこかで聞いたようなと思い出してみました。そうそう難解といわれた名作「マルホランド・ドライブ」に出ていました。ハリウッドはいろんな映画を生み出しているものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

お正月は京都がいい!

お正月は京都がぴったりですね。町中がお正月ムードになります。ずいぶん昔から日帰りや泊まりで京都の正月を楽しんできました。初詣もたいていの有名神社に行きましたので、今年は都心部で探してみましたら、ちょうどいいところにありました。護王神社といいます。御所の西側、蛤御門の前にあり、こじんまりした温かい感じのする神社でした。

ランチは正月3ケ日はどの店もあまり開いていません。以前なら事前に調べて見つけていたりしましたが、ちょっと今年はサボってしまい、結局「イノダコーヒー」に。三条本店は長蛇の列なので、近くの支店で軽食になりました。ここでも何組か待って円形のカウンターでコーヒーと共にいただきました。

そうそう、ご紹介しておきます。元日からやっているおいしい洋食のお店「みしな」を。今年も行こうかなと話しが出たのですが、前はすぐに入れたものの今回は並ぶことになるかもしれないし、と結局やめました。この店はまた行きたいお店の一つですね。

ところで最近近場ランチの開拓力が不足しているようなので、もう一度足元を見直そうかなと思っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山阪神社のお正月

あけましておめでとうございます。おせち料理と関西風の白みそに丸もちのお雑煮をいただいて、ゆっくりしたお正月を迎えました。あんまりゆっくりしすぎては夕方になってしまうので近くの山阪神社へ初詣でに。ふだんはひっそりしているのが今日は特別、鳥居の手前からずーっと人の列で、どんどん途切れなく増えていきます。去年もこうだったかなーと思いつつその光景を写真に納め、お祈りしてきました。_1__dc010101 どこにでもある初詣風景ですけど・・・・・本年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »