2017年4月24日 (月)

カレー祭り、無事終えることができました!



鶴ヶ丘のカフェボヌールキッチンさんでカレー祭りを23日 日曜日に開催いたしました。

多くの皆様にお越しいただいてありがとうございました!

カレーをはじめカレーパン、クッキー、マフィンなども完売いたしました。

感謝です!

また開催の折は、どうぞよろしくお願いいたしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

もうすぐ春のカレー祭り

20170419205325_p372


もうすぐ春のカレー祭りでーす。

去年の夏に始まって今回で4回目。鶴ヶ丘のボヌールキッチンさんのイベントとして定着してきました。

私おだまきは新作のラム肉カレーです。他のメンバーも力作揃い、楽しみにしていて下さいね。

23日 日曜日、11時30分から。お待ちしています。

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

セレッソ対ガンバ観戦!

20170417123202_p371_1024x768


久しぶりの大阪ダービー「セレッソ対ガンバ」の試合を長居スタジアムで観戦してきました。

いやー楽しかったなぁ。結果は惜しくも2対2の引き分けでしたが、盛り上がりました!



20170417123200_p370_1024x768


客席が一体になって応援するのって素晴らしいですね。

チケットは友人のSさんから…偶然道で会ってよもやま話をしていたら、別れ際に余分があるからどーぞと言っていただき頂戴しました。ありがとうございました!家族も喜んでました。

その日の朝にセレッソのホーム「桜スタジアム」建設募金に少しだけ協力したあとだったので、善行をすれば良い事があるもんと実感いたしました笑。

ちなみにパンフレットはこれです。20170417123200_p369




キンチョースタジアムが素敵な競技場になりますよう応援したいですね。。

| | コメント (2)

2017年4月14日 (金)

ひかり展に参加してました


先日とある写真展に参加したのですが、アップするヒマもないうちに終わっていました。4月5日から9日まででした。

心斎橋から長堀橋に近いビルの2階の人気の写真ギャラリーアビィさん独自企画で「ひかり展」と言います。



ひかりを表現した写真ならなんでもOKなのがありがたいですね。ちょうど昨年の天神祭の花火をくるりんフォトの方法で撮った一枚が家に眠っていたもので、初めてのお目見えになりました。

終わってアビィさんから感想シートをいただきました。

「見事にヒガンバナですね。まるでこういう配置になるようおだまきさんが指示したかのようですね。(まつイさん)」

「三途の川のヒガンバナ祭り…!あっち側からの撮影ですね…!(大田中さん)」

「ヒガンバナに見えますね…!私もまたこんなステキにとるべく花火を見に行かねばと思わせられました。今回はご一緒させて頂きありがとうございました。(りょうさん)」

「抽象画のようなイメージにヒガンバナの妖艶な感じがマッチしてるように思えました。(anmtさん)」

「燃えるヒガンバナ‼︎風に吹かれて激しく揺れてるようにも見えます。(テクマクさん)」

皆さんありがとうございます。三途の川、あっち側からの撮影…面白いですね!

こんなふうにステキな感想を書いていただくと撮り甲斐があるなあと思う次第です。

おチビちゃんも見に行ってくれて写真を送ってくれました。



多くの皆さんに見ていただいて感謝いたします。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

心斎橋wadさん 素晴らしい茶会でした

心斎橋の陶芸ギャラリーwadさんの8周年企画「いま想ふ、一期一会の茶会」に行ってきました。027_1024x663




オーナーの小林さんがあたためていた企画で、若き陶芸家 明主航(みょうしゆわたる)さんの茶碗に、空間デザイナー 田中陽子さんの茶室とお点前をいただくお茶会。



でも、それで終わらないのがwadさんですね。

インドのチャイは、素焼きの器で飲むんですが、カップは使い捨てで割って役目を終えるそうです。



そこに着想を得て日本の「使い捨て」や「割る」文化にも想いを馳せて構築されたとのこと。



まず創造があり、そして一期一会があり、そして新しい未来に向かってゆく瞬間を、茶室で体験するなんて、あまりにも素晴らしいことではありませんか!

出会いがあれば別れもやって来る。割るという決意の時、あなたが人生の主人公、そんなことを改めて教えてくれた気がしました。

その茶碗のかけら…



今回の記憶として大切にしたいと思います。

14日まで開催しています。



ぜひ体験してもらいたいですね。

| | コメント (0)

«南田辺のfudanさん